ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

京都御苑の生物たち(7月)

 7月5日(水)雨ベランダの気温はAM9時27℃、蒸し暑い!
昨夜は激しい雨音で目が覚めました。
今朝のニュースで島根県に大雨特別警報が出されていました。
大きな被害が出ませんようにと祈るばかりです。


 
 3日、京都は最高気温35℃を予想される中、半年ぶりに京都御苑を訪れてみました。
地下鉄今出川駅を出ると目の前は御苑です。
まず、アオバズクがいないかと散策~、場所は地域の皆さんがおられ柵が施されていたのですぐに判明。
皆さんのお話を伺ったりしながらの2時間ほどの滞在となりました。


(アオバズク)
アオバズク・ガラス枠

(タシロラン)
タシロランガラス枠



京都御苑京都御苑は京都盆地のほぼ中央部に位置し、盆地東部を南流する鴨川の氾濫を繰り返し受けて生成された沖積地です。
明治になって都が東京に移り、宮家や公家の邸宅が取り除かれ公園として整備され市民に開放された国民公園です。








 その国民公園である京都御苑は65㌶にも及ぶ公園です。
苑内に生育する樹木は約5万本、樹齢100年を越す巨木の森となっています。
広大な緑の空間、立派な巨木を見て歩くだけでも価値があると思いますよ。


(5枚のアニメになってますよ)
古木

  アオバヅクが毎年ここへやってきて営巣し、子育てをしています。
数組いるそうですが高い木の上にいますので探すのはちょっと大変。
今子育ての真っ最中、雛は巣の中にいるそうで親鳥だけ何とか撮影できました。
アオバヅクはとても敏感な鳥さんなので指で指し示したり、大きな声を出さないようにと大切に見守っておられる地域の皆さんに教わりました。
全長30㎝弱でフクロウとしては中型だそうです。
昨今、大木や昆虫類の減少で数を減らしてるようですよ。


(3枚のアニメになってますよ)
アオバヅク

 タシロラン(田代蘭) 準絶滅危惧種の大変貴重なお花に出会え感激!
腐生蘭(菌従栄養植物)で葉緑素をもっていない植物です。
落ち葉が堆積し腐葉に近い状態の日陰の場所からごく稀に生えるということです。
森の妖精といわれる所以も分かるような気がしました。
豊かな自然に恵まれていることの証にもなるそうですよ。
タシロランの名は発見者の田代善太郎氏に因んで牧野富太郎博士により命名されたそうです。
花の命は2週間足らずだそうです。


(2枚のアニメになってますよ)
タシロラン

 御苑のあちらこちらでヤブミョウガが群生し小さな白い花を咲かせていました。
タイサンボクも大きな白い花を多数つけてましたね。
御苑一大きな花になるそうです~。
ギンナンの実も見つけました~。
秋にはギンナン拾いが出来るのかしら?


(4枚のアニメになってますよ)
花と実

 留鳥のシジュウガラ、ヤマガラにも出会えました。
昆虫のコオニヤンマ、ツマグロヒョウモンも見つけました~。


(4枚のアニメになってますよ)
小鳥&昆虫

 周囲4キロの公園をあれこれ見ながら一回り歩くと生物の多様性を強く感じることが出来ますよ。
今までに発見されてる生物は鳥類92種、蝶類52種、草本類約200種、きのこ約400種、トンボ類20種、蝉8種だそうです。
京都御苑がいかに自然豊かであるかは発見された生物の数が物語ってますね。

  1. 2017/07/05(水) 09:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:14

京都府立植物園(6月もお花がいっぱい!)

 6月も最終週の28日、梅雨真っ只中、空はどんよりでシトシト雨、ベランダの気温はAM9時、25℃
当然の事ながら湿度は高く凌ぎにくい一日となりそうです。


 23日、涼しい場所でのウオーキングを兼ねて京都府立植物園へ出かけました。
6月の花たちが迎えてくれました。
何時ものように生態園を中心に2時間ほど園内を見て歩きました。


樹木の花「モクゲンジ」
モクゲンジガラス枠



植物園24㌶の地に約12000種類、12万本もの植物が育つ京都府立植物園は四季折々の花を思うままに楽しみながら学ぶことのできるとっておきの場所です。訪れるたびに出会える花々にワクワク!そこにやってくる野鳥や昆虫たちにもワクワク。





 この時期は樹木の花が意外に多く驚きでした。

 日本固有種のシナノキボダイジュクマノミズキの白い花は初めての出会いです。
一際目を惹いたのが輝くような黄色の花をつけたモクゲンジ(別名センダンバノボダイジュ)でした。
種子を数珠にするため寺院によく植えられてるそうですが初めて見る花でした。


(4枚のアニメになってますよ)
樹木1

ネムノキヒメシャラナツツバキの花が咲き始めていましたよ。
アジサイ科のノリウツギは満開でした~。


(4枚のアニメになってますよ)
樹木2


アジサイの花は180品種、2500本も植えられています。
大勢の方が写真に納めたり、また名札と花を見比べながら愛でておられました。
好みのヤマアジサイを中心に小さなアジサイを少しだけ載せてみました。


(4枚のアニメになってますよ)
アジサイ1

(4枚のアニメになってますよ)
アジサイ2


はす池では白い蓮の花が咲き始めていました。
カワセミがよくやってくる池ですがこの日は出会えませんでした。


(2枚のアニメになってますよ)
はす

花しょうぶ園では200品種、10000本植えられているそうですよ。


(2枚のアニメになってますよ)
花ショウブ

赤い小さな実をびっしりつけているのはヤナギイチゴでした。
葉が柳のように細いからだそうです。
実は甘くて食べられるそうですよ。


(2枚のアニメになってますよ)
ヤナギイチゴ

涼しいクスノキの並木道、木の保護のため二年ほどまえに強剪定されましたがスッカリ元気になりました。
開園当初から植えられた楠並木は200mもあり、樹齢90年にもなります。
川端康成の「古都」にもたびたび登場する並木道、美しいですね!


かすれ枠
  1. 2017/06/28(水) 11:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:16

京都水族館の可愛い生き物

 今日は21日(水)、ベランダの気温はAM10時22℃
昨夜から雨が降り続いています。
やっと空梅雨返上ですが大雨の被害が出ないことを祈ります。


 18日(日)は日本漢字検定の試験日でした。
会場は京都駅近くの専門学校。
6年生の孫ハルちゃん、サヤちゃんは準2級にチャレンジしました。
magamikと変わらない年恰好の女性も3人程おられました。
全国で32万人ほどの方が準2級を毎年受験されています。
小学生は1400人位が受けています。

 試験を終えた後、京都水族館に向かいました。
徒歩で10分ほどで到着です。
梅小路公園の木陰のベンチでおにぎりとおやつで小休止。
公園の周辺をSLスチーム号がゆっくり走る姿が見られます。


(アカクラゲ)
クラゲガラス枠

 京都水族館は2012年3月に開業を始めた内陸型水族館です。
日本初の完全人工海水型水族館でもあります。


水族館 002


梅小路公園
梅小路公園界隈のマップ
梅小路公園は13.7㌶の都市公園。
京都水族館は公園の北東側に位置し、西側には2016年4月、グランドオープンした日本最大級の京都鉄道博物館があります。










館内は日曜日ということもあって賑わっていました~。


(4枚のアニメになってますよ)
館内

京都水族館で飼育されているペンギン、『ケープペンギン(ジャッカスペンギンともいう)』はアフリカ大陸の南部に暮らしているということです。ペンギンは寒いところというイメージがありますが暖かいところに住むペンギンもたくさんいるそうですよ。
体調は70㎝ほど、体重2.5㌔~3.5㌔、
寿命は飼育下では15~20年、野生では10年ほどらしいです。
なんと!70頭余りのペンギン全てに京都にちなんだ名前がつけられているそうですよ。
ガラスにピタッとくっつき観客をじっと見つめるペンギンさん、観に来たはずが観られてる・・・なんだか逆ですね~。


(3枚のアニメになってますよ)
ペンギン

美しい魚、ユニークな魚、蛸も泳いでましたよ。

(5枚のアニメになってますよ)
魚

小さいけれど可愛くて魅力いっぱいの魚たち!
サンゴ礁も美しいですね!


(5枚のアニメになってますよ)
小魚


magamikのお気に入りはクラゲです~!
海では漁師さんたちに嫌われ気味のクラゲですがホワンホワンと無重力の宇宙空間を漂ってるような姿は幻想的で魅了されてしまいます~。


(5枚のアニメになってますよ)
クラゲ1

なんと魅惑的な生き物でしょう!癒し効果抜群のクラゲたち、いつまでも眺めていたくなります~。

(5枚のアニメになってますよ)
クラゲ2

 イルカショウは何時も大人気!
よく見てると、お姉さんやお兄さんをじっと見つめて指示を待ち、それに従い一所懸命な芸を見せてくれます!
開園当初はイルカの芸が今一だと非難の声も聞かれましたが今や立派で見事なイルカショウですね。
会場から遠くに東寺の五重塔が見えているのは京都らしいです~。


(5枚のアニメになってますよ)
イルカ

梅小路公園の緑を借景にして、「京の里山風景」が再現されていますよ。
小さな棚田ですが人と生き物のつながりを体感できるようになっています。
メダカ、イワナ、フナ、カエルなどを観察できます。
水深10㎝ほどの水遊び場では小さなお子さんたちが賑やかな歓声をあげて水遊びに興じていました~。

(4枚のアニメになってますよ)
里山

 京都水族館の規模はそんなに大きくはありませんが京都駅から徒歩で15分ほどの位置にあるのは大きな魅力です。
完全な人工海水が出来るようになったおかげですね。
また淡水魚、特に京都の川や池に住む生き物を多く展示しています。
京の川ゾーンでは京都に住むオオサンショウウオがたくさん見られますよ。

 孫たちもスマホであれもこれもとたくさん写真を撮っておりました。
棚田の見える休憩所でジュース、ソフトクリームをいただき、お土産売り場でささやかなショッピングを楽しみました。














  1. 2017/06/21(水) 11:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:14

見どころいっぱいの大阪枚方・山田池公園

 6月14日(水)、ベランダの気温はAM9時、20℃、湿度も低く梅雨とは思えない爽やかな晴れの朝となっています。


 11日、二年ぶりに大阪府枚方市に位置する府営・山田池公園を訪れて見ました。
我が家から京阪電車で枚方まで行き、そこからバスで15分ほどのところにあります。
延べ時間は自宅から50分ほどでしょうか


山田池公園・菖蒲園
菖蒲ガラス枠




菖蒲

公園の全体図
山田池公園の総面積は約71.9㌶あります。池の広さは約10㌶、そして水生花園、花木園、野鳥の生息する春日山、川原広場などがあります。
園のほぼ中心を市道が北西から南東に走り園を二分しています。
magamikは今回、園の北側、池の周りを散策してきました。












 池の周りは整備された遊歩道が通っており地域の皆さんが散歩やジョギングを楽しんでおられます。
木立の間や水面をぬける心地よいそよ風は暑さを忘れさせてくれます。
池の葭の繁みからはオオヨシキリと思われる鳥の賑やかな鳴き声が聞こえてきました。
近くの木陰に、カメラを構える人たちが10人程待機、葦の繁みから飛び立つオオヨシキリを今か今かと待っている様子でした。
浅瀬ではアオサギやコサギが盛んに餌を漁っていました~。


(5枚のアニメになってますよ)
山田池


 菖蒲園は色とりどりの花が満開でした~。
大勢の方々が観賞されたり、撮影に夢中になっておられました。
有難いことにベンチも設けられていますので一服しながらの観賞もできます。
しょうぶ園には随分力を入れておられるようで栽培面積が増えていました。
今は約140品種10000株が植えられているそうです。


(5枚のアニメになってますよ)
菖蒲

 そして期待のスイレン池、あれっ?スイレンがほんのわずかしかありません!
かつては池一面にスイレンがはびこり、白、黄色、ピンクの花を咲かせていたのに・・・
花の時期になると新聞の地方版で開花状況が伝えられていたことも・・・。
初めてここを訪れたのはその新聞記事がきっかけでした。
どうしたんだろう?ちょっと寂しいです。


(3枚のアニメになってますよ)
スイレン


 アジサイ園も見ごろになってました。約2600株植えられているということです。
黄色で可愛いコウホネの花もたくさん見られました。
大好きなハンゲショウは群生しており、ところどころでハンゲショウらしく葉が白くなってきてました。


(4枚のアニメになってますよ)
アジサイ他

 なかなか良い景色です~。足取りも軽やかになります。
(3枚のアニメになってますよ)
遊歩道

 この池に来ればカイツブリには出会える楽しみがあります。
潜水力に優れたカイツブリはいったん潜るとどこに浮上するのかわかりません。へぼカメラマンのmagamik泣かせです。
カワウとチュウサギがのんびり休息中でした。
カワセミも来るたびに出会えるのですがこの日は出会えなくて残念でした。
秋になると水鳥がたくさんやってきますので湖面は賑やかになります。
とりわけ嬉しいのはオシドリの大群が見られることです。
水鳥だけでなくいろんな渡り鳥がやってくるので冬も楽しみな公園ですね。


(2枚のアニメになってますよ)
鳥

 ちょっと珍しい花にも出会えました
(5枚のアニメになってますよ)
花々


 池の周りはとても良い憩いの場になってます~。
ゆっくりくつろぐ人、釣りを楽しむ人、立派な望遠レンズで猛禽類をねらう人、などなど、広い園内は穏やかに時が流れています。

(4枚のアニメになってますよ)
憩

 二時間弱ほど池の周りの景色や季節の花たちを愛でて帰宅の途につきました。豊かな自然を活かした広大な大阪府立山田池公園、四季折々楽しめるコーナーがたくさんあります。























  1. 2017/06/14(水) 14:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:14

京都府・石清水八幡宮のあれこれ

 今日は7日、シトシト雨の朝を迎えています。
ベランダの気温はAM9時、20℃を超えており、蒸し暑いです。
これで近畿地方は梅雨入りとなるでしょう。


 5日、京都府八幡市に位置する石清水八幡宮に出かけてみました。
我が家から京阪電車を利用し、20分ほどで行くことが出来ます。


石清水八幡宮楼門(国宝)
石清水八幡宮ガラス枠


 石清水八幡宮は日本三大八幡宮の一つ。
他に宇佐神宮(大分県)、筥崎宮(福岡県)があります。

 京都府八幡市の男山(標高143m)の山上に鎮座する京都の裏鬼門(南西)を守護する神社です。
現在の社殿は織田信長、豊臣秀吉、秀頼らの修復再建を経て1634年に徳川家光によって造営されました。


地図


 涼しい木陰の参道を上り、お参りを済まし、境内をゆっくり散策しながら写真を撮っていると通りがかった神社の方が話しかけてこられた。そこで信長塀やここではオガタマノキが御神木になっていることや本殿が見えないことなどを告げると『どうぞ来てください』と案内をしてくださり、丁寧に説明もしてくださった。
 お参りに来ていただけでは気付けなかったことを教えていただくことができ思い出に残る貴重な時間となりました。
今回は教えていただいたあれこれを中心に載せてみました。


(3枚のアニメになってますよ
南総門

 
 南総門から社殿を見ると社殿が少し西側に向いています。これは神前で参拝した後、帰る際に八幡大神に対して真正面に背を向けないように中心を外していると言われています。


楼門2

 平成28年2月9日、建物10棟と建物の修理に棟上げされる棟札3枚が国宝に指定されました。
現存する八幡宮の本殿の中では最古で最大規模を誇ります。
前後二棟(内殿・外殿)からなる八幡造りの社殿建築様式は全国に4棟ほどしかない貴重な建物。
檜皮葺の屋根の軒が接するところには織田信長公寄進の「黄金の雨樋」がかけられています。
また本殿を取り囲むようにめぐらされた瑞籬(みずがき)には極採色の欄間彫刻が150以上も施されており、江戸期名工・左甚五郎一派の作と伝えられています。


(2枚のアニメになってますよ。画像は撮影不可なのでネットよりお借りしました)
本殿


 本殿は非公開のため見ることはできませんが案内の方が外からほんの少しだけど見えるところを教えてくださった。
信長公寄進の「黄金の雨樋」は楼門側の西の角、舞殿の前より、また本殿の屋根は東門の前より撮りました。


雨樋

 楼門の蟇股(かえるまた)部分の向かい合う鳩は神使、阿吽の呼吸で御神前を守っています。
 東に虎、西に龍の彫刻は徳川家光公の干支は辰年、徳川家康公の干支は寅年であるため家光公が家康公の干支よりも上位(上位=東、下位=西)の位置に配することのない様配慮したと伝えられています。


楼門

 
 瑞籬(みずがき)の東門の彫刻は龍だと思っていたのですが「キリン」で西門は「白象」でした。
まだまだ欄間彫刻には面白いものがたくさんありそうなのでまたの機会にゆっくり見せてもらうことにしました。


(2枚のアニメになってますよ)
キリンと白象

 信長塀』と呼ばれている築地塀は織田信長が好んで採用した様式といわれています。
瓦と土を幾重にも重ねることにより、当時の課題であった鉄砲の銃撃や耐火性、耐水性に優れているということです。
そして案内の方が驚いたことに普段閉じられている東総門をわざわざ開けて「信長塀」の厚みを見せてくださった。
それは思っていたより幅がありしっかりしたものであることがよく分かりました。
 また、瓦に刻まれている御神紋は『流れ左三つ巴』が正しいのですが一つだけ『流れ右三つ巴』になっていることを教えてくださり、これは完成させてしまうと後は朽ちるのを待つことになり、あえて間違いの個所をつくることにより、まだその建物が未完成であり益々の発展を遂げるという願いと縁起が込められているということでした。

(3枚のアニメになってますよ)
信長塀

 御神木の『おがたまの木』の実の形が巫女さんの持つ『神楽鈴』のデザインのもとになってるということでした。
また一円硬貨の表面に描かれている木はこの木でした。
実は熟すとピンク色になるそうで、ピンクになった実の写真をスマホで見せてくださった。
秋になると熟して落ちた実をお参りに来られた方が記念に持ち帰られるそうです。


(おがたまの実の画像はネットよりお借りしました)
オガタマ連結

 親切な神社の方にはお礼を述べ、表参道から下り「一の鳥居」の近くの『放生池』にむかいました。
この池の絶滅危惧種の水草『アサザ』がどうなったか確認したかったのです。
嬉しいことに見事に咲き、保護枠からもはみ出して繁殖していました!
睡蓮と仲良く共生している様にほっとしました。
このアサザは2004年八幡市内の河川で自生しているのが発見され、放生池に移植されたのでした。

(4枚のアニメになってますよ)
アサザ

 何度もお参りしている石清水八幡宮で親切な神社の方にいろんなことを教えていただき知識が増えました。
また、気になっていた絶滅危惧種のアサザが繁殖し、綺麗な花を咲かせていました。
とても良い時間を持つことが出来、幸運な日でした。感謝です~。
  1. 2017/06/07(水) 11:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:13
前のページ 次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

伏見の街 (66)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (105)
歴史 (15)
生き物 (19)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR