ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

京都最古の禅寺・建仁寺

1月10日(水) 我がベランダに気温・AM9時3℃ 曇り空
七草粥もいただきお正月気分もすっかり抜けた感がある日々です。



建仁寺法堂の双龍図(法堂の天上画)
双龍図ガラス枠

建仁寺  京都市東山区に位置する京都最古の禅寺。
臨済宗建仁寺派の大本山
開山は栄西禅師(寺ではようさいと呼ぶ)
開基は源の頼家
本尊は釈迦如来
京都五山(天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺)の第三位の格式を誇ります。


 六波羅蜜の平氏一族の館の跡地は鎌倉幕府に接収され、京都支配の役所、六波羅探題がたてられました。
 二代将軍源頼家は建仁二年(1202)に六波羅蜜探題に接する地を栄西に与え、禅の寺・建仁寺をたてさせたのでした。
 朝廷から『建仁』の年号を寺号とすることを許された禅宗最初の年号寺院でもあります。
 栄西は臨済宗の教えを日本に伝えた人物であります。
中国より帰国した栄西は京都に禅寺を造ろうと試みますが比叡山延暦寺の勢力が強く禅寺を開くことはかなわず、
まず博多に聖福寺を建立、次いで鎌倉に寿福寺を建立その後ようやく悲願であった京都に禅寺を開山できたのでした。



勅使門(ちょくしもん) 重要文化財
平清盛の嫡男・重盛の六波羅蜜邸の門を建仁寺に移したとも平教盛の館の門を
応仁の乱後に建仁寺に移したとも言われています。
門戸に戦の際についた矢の跡があるため『矢立門(やたちもん)』とも呼ばれています。

勅使門

三門
八脚門になっております。
江戸時代末期に静岡・安寧寺に建立された門を、1923年に建仁寺に移されたそうです。
御所を望む楼閣という意味で『望闕楼(ぼうけつろう)』とも言われていますよ。

山門



法堂(はっとう)
1765年建立、仏殿兼用の『拈華堂(ねんげどう)』となっており、禅宗様仏殿建築です。
須弥(しゅみ)檀上には室町時代制作の釈迦三尊像が安置されています。
また、天井の見事な双龍図は建仁寺創建800年を記念して2002年(平成14年)
小泉淳作画伯によって描かれたものだそうです。

(3枚のアニメになってますよ)
法堂


風神雷神図屏風
建仁寺に伝来する絵画の筆頭にあげられるのはこの図屏風でしょう。
十七世紀前半の画家・俵屋宗達最晩年の作で最高傑作の一つとされています。
ただし、画中に落款や印章はないそうです。
風神は風、雷神は雷(いかづち)を司る神であり、自然の力を神格化したものだと
いうことです。

(2枚のアニメになってますよ)
風神雷神


方丈(ほうじょう)と大雄苑(だいおうえん)
重要文化財の方丈は安芸(広島県)安国寺から1599年、安国寺恵瓊(えけい)が
移建したものと伝えられています。
方丈庭園「大雄苑」は明治時代につくられた枯山水庭園になります。
恵瓊(えけい)は1600年関ヶ原の戦いで毛利家西軍荷担の罪により斬首され、
その恵瓊の死を悼んで方丈裏には首塚が祀られています。

(4枚のアニメになってますよ)
方丈2

十一面観音菩薩坐像と海北友松(かいほうゆうしょう)の襖絵
方丈に安置されている十一面観音菩薩坐像は江戸幕府2代将軍徳川秀忠の息女で
後水尾天皇中宮となった東副門院(1607~78)の寄進と伝えられています。
方丈の襖絵(重要文化財)は海北友松(1533~1615)によって描かれています。

(3枚のアニメになってますよ)
方丈え2 
 
方丈庭園『潮音庭(ちょうおんてい)』
渡り廊下で結ばれた大方丈と書院の間にあるのが潮音庭。
苔庭の中央に据えられた三尊石は四方何処から見ても正面となるように工夫された
四方正面の庭になっています。
作庭は平成の小堀遠州とも称される現代庭師・北山安夫(1949~)、2005年の作です。
(4枚のアニメになってますよ)

庭

栄西禅師は日本に「茶」をもたらした「茶祖」としても崇められており、
喫茶養生記』、という茶を喫して健康を維持する養生の本を献上されています。

茶

開山堂には栄西禅師の木像が祀られているそうです(非公開)
浴室も重要な修行の場となっています。

開・浴


大鐘楼の鐘楼は「陀羅尼鐘(だらにのかね)」と呼ばれ栄西禅師が鴨川の七条の下流に
ある釜ヶ淵から引き揚げられたと伝えられています。

鐘楼連結

建仁寺は華やかな祇園町・花見小路から一歩入ったところに位置しています。
繁華な街がすぐそこにあるとは信じられないほど境内は静かです。
昨年の12月18日六波羅蜜寺をお参りし、この寺をもお参りしたのでした。
見どころいっぱいの建仁寺、季節を変えて再び訪れたいと思いました。
デジタル技術によって蘇った高精度の図屏風や襖絵、全て撮影OKでした。


花街2












  1. 2018/01/10(水) 15:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:6

踊念仏で知られる京都の『六波羅蜜寺』

 12月20日(水) 風もないよく晴れた朝を迎えました。
我が家のベランダの気温はAM9時 3℃です。


『六波羅蜜寺』(重要文化財)
六波羅蜜寺

 11日、友人と20年ほど前に訪れた「六波羅蜜寺」を再び訪ねてみました。
京阪・清水五条駅から徒歩7~8分でいかれるこじんまりとした寺院です。



 六波羅蜜寺(ろくはらみつじ) 本堂
 京都市東山区に位置しています。
951年、醍醐天皇第二皇子光勝空也上人(くうやしょうにん)により開創されました。
真言宗智山派の古刹で西国三十三所の第17番札所となっています。
 
 本尊は十一面観音立像(秘仏であるため12年に一度辰年のみに開帳)

 室町時代の1363年に建てられた建物。
京都では応仁の乱(1464年~)以前の建物は戦火の影響もあってほとんど
残っていないため大変重要な建物となっています。
1969年(昭和44年)開創千年を祈念して解体修理されました。


(2枚のアニメになってますよ)
本殿




空也上人
空也上人立像(パンフレットより)
 空也上人は疫病が蔓延する京都で自らが刻んだ
十一面観音像を手押し車に乗せ、鉦(かね)を鳴らし
念仏を唱えながら悪疫退散を祈りつつ町を歩き、
病人がいれば茶(梅干し+結昆布)をふるまい多くの
人々を救ったと言われています。
 空也像の口からは6体の阿弥陀仏の小像が吐き
出されています。
6体の阿弥陀仏は『南無阿弥陀仏』の6字を象徴し、
念仏を唱えるさまを視覚的に表現しているのだそう
ですよ。
口称念仏の祖とも言われ、民間における浄土教の
先駆者と評価されています。





















 空也踊躍(ようやく)念仏 (重要無形民俗文化財)
 鎌倉時代、幕府は念仏を唱えることを禁じていました。
そのため空也上人は踊りなが念仏を唱えることを思いつきました。
空也上人のお念仏を守るため薄暮勤行として夕暮れ迫るころに本堂の
内陣において密かに念仏を修し、歴代の住職の口伝えにより現在まで
伝えられてきました。
僧侶たちが鉦(かね)をならし、上体を揺らしながら『モーダナンマイトー
(南無阿弥陀仏の隠語)』と唱え、本堂の内陣の中で周回します。
『踊り念仏』『かくれ念仏』とも言われています。
昭和59年重要無形民俗文化財になったのを機に一般公開されるようになりました。

 日時 平成29年12月13日(水)から12月31日(日)
毎日 午後4時より本堂にて厳修
※但し、12月31日は非公開。  画像はパンフレットより

踊念仏 002


  七福神の紅一点である弁財天、学問・技芸・雄弁などの智慧の神様、神仏習合によって
仏教にとりいれられた後は人々に財を与え、障害となるものを取り除き、別れの悲しみや
嫌なこと辛いことも水に流して清めてくださるとも言われてますよ

 
 十一面観音菩薩像、空也自らが刻んだ十一面観音菩薩像を模して作られた銅像。

  一願石 六波羅蜜と書かれた石柱に回転する石の円盤がつけられており、その円盤に
書かれたいくつかの文字のうち一字だけが金色で書かれています。
その金色の文字を正面にして三回手前に回してお願いすると一つだけ願いが叶うそうです


(2枚のアニメになってますよ)
観音像

 平清盛公乃塚と平清盛坐像
 六波羅の地には平安後期に平忠盛が六波羅蜜寺内の塔頭(たっちゅう)に軍勢をとめて
以来、清盛、重盛、をはじめ権勢をほこった平家一門の屋敷が栄え、その数は5200余り
に及んだそうです。


平の塚


なで牛連結

明治維新の廃仏毀釈を受けて大幅に寺院は縮小されたそうです。

saigoku17a_01z.jpg

 市井の人々にとってとてもありがたいお寺、久しぶりにお参りでき感慨深いものがありました。
京都に住むようになり、我が家から30分ほどで出かけられるのもありがたいことです。






  1. 2017/12/20(水) 11:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:14

京都府立植物園は12月も魅力いっぱい!

 12月6日(水) 我がベランダの気温 AM9時 4℃
雲一つ見られない快晴、頬をさす冷気は痛みを感じます。


スノードロップ』愛らしい雪の雫が戸外で早くも咲きだしていました。

スノードロップ2ガラス枠





少女 12月1日、京都府立植物園に出かけました。
「麦藁帽子と少女」像の前の花壇はお休みでした。
毎月のように訪れ、四季折々の植物たちを観察させてもらい、
感動や喜びをたくさん味わうことが出来た植物園。
ここへ来れば日本中のまたは世界中の植物と出会えます。
おまけ?として野鳥たちにも会える嬉しい場所でもあります。








 観覧温室内では12月1日恒例のポインセチア展が始まりました。
クリスマスには無くてはならないお花となりました。
120品種が展示されているそうですが見分けはなかなか難しいです。
バラエティに富む苞・色などずいぶんに多彩になりました。

(寒い戸外から急に暖かい温室に入ったためカメラのレンズがくもって困りました。)
ポインセチア展




 ポインセチアポインセチアの原種
2011年京都府立植物園の職員がアメリカに出向き、
さし穂を貰い受け育てたとても貴重なものです。
すべての品種がここから始まっているのですね。
(3枚のアニメになってますよ)











 木の実や落ち葉などを利用した素敵なクリスマスのディスプレーも見られましたよ。
クリスマス飾り


 秋から冬にかけて咲く桜
春に比べ花は小さく、花数も少ないですが凛とした美しさや儚さにとっても魅力を感じます。


それぞれの特徴を記しておきます。
① 冬桜(ふゆざくら)木葉桜ともいい、ソメイヨシノとは別のもので10~12月と4月の2回も開花時期があり、
咲いたら1か月ほどは咲き続けます。
② 四季桜(しきざくら)、秋から冬にかけて順次咲き、その時期に咲かなかった小さい花芽が越冬して春に
花を咲かせるため春は花数が少なくなります。
③ 十月桜(じゅうがつざくら)、全体の3分の1が秋に咲き、残り3分の2は春に咲きます。
八重咲きで花弁は5~18枚あります。
④ 子福桜(こぶくさくら)、十月桜の雑種になるため、花弁は八重で20枚以上あります。
普通1つの花からできる実は1つですがこの桜は2つ以上の実をつけることから「子福桜」と
呼ばれます。


(4枚のアニメになってますよ)
桜

 フウの木(マンサク科)
樹齢100年を超すと言われており、高さは25m、木全体が美しく紅葉していました~。


フウの木

 人気者のカワセミにも出会えましたよ

カワセミ

 鮮やかな紅葉も今年は見納めとなりますね。
お気に入り5種類を載せました。


(5枚のアニメになってますよ)
紅葉色々

 職員の方々は次の冬~春の装いの準備の為、忙しく働いておられました。
葉ボタン

 今年の植物園便りはこれが最後です~。
来年も出来れば月に1度位は訪れ、ブログにUPできればよいなと思っております。









  1. 2017/12/06(水) 09:40:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:15

宇治川上流の天ケ瀬ダムへの散策

 11月29日(水) ベランダ気温、AM9時 13℃
暖かな朝を迎えてはいますが空は雨雲が垂れ込み今にも雨が落ちそうな雰囲気です。
27日、二男夫婦に滋賀県竜王のアウトレットの店に連れて行ってもらいました~。
目的はウオーキング用のスニーカーを買い求めることでした。
黒と薄グレーの2足を求めました。これでまた、気持ちよくオーキングに励めます。

(錦の山と天ケ瀬ダム)
天ケ瀬ダムガラス枠


24日気持ちの良い青空、AM9時30分過ぎ自宅を出て、京阪電車宇治線を利用し、
終点宇治駅で降り、3.3キロ先にある天ケ瀬ダムを目指して散策してきました。


宇治地図

上流へ向かって宇治川沿いをどんどん歩きます~。

橋連結
 

 宇治川のほとりに位置する日本曹洞宗最初の寺院「興聖寺」に立ち寄ってみました。
興聖寺石門から山門に至る200mほどの参道は琴坂と呼ばれ紅葉の名所となっています。
日当たりの良いところの紅葉は見事でカメラをかまえる方々がたくさんおられました。
山門から琴坂を見た景色は一幅の絵のようでお気に入りです。


(5枚のアニメになっていますよ)
興聖寺

 興聖寺を過ぎると観光客の姿はほとんど見当たらなくなります。
対岸の紅葉を楽しんだり、晩秋の山々を見ながら進みます。


宇治川連結1

 木漏れ日の中を歩くころには、たまにハイカーの方や地元の散歩の方に出会うくらいです。
観光地からほんのわずかの位置とは思えない静けさです。


木漏れ日

 川の水の色も緑っぽくなり、野鳥がのんびり過ごしています。
川幅も狭くなり上流へ来たことを感じさせてくれました。


宇治川連結2



 11:50ころ、天ケ瀬吊り橋を見つけました。
50mを超える長さの吊り橋は1942年(S17年)に架けられたそうです。
欄干や歩道部はすべて木製、周りの風景に溶け込んだ美しい橋、
渡ってみましたが吊り橋特有のスリル感や怖さはあまりありませんでした。
それ故に橋の中央に立ち止まり、上流や下流の景色をしばし楽しみました。


(3枚のアニメになってますよ)
吊り橋


川連結






 天ケ瀬吊り橋を渡り、12時過ぎほんの少し上流の天ケ瀬ダムに到着しました。
 ダムは1964年に建設され、高さ73m、長さ254mあるということです。
今はダム機能の強化を目的にバイパストンネル建設を中心とするダム再開発工事の
真っ最中でした。
 天ケ瀬ダムは特定多目的ダムと言って、淀川の治水と宇治市への上水道供給、
総出力59万8000キロワットにも及ぶ水力発電を目的とするダムになります。
 三か所ある放水口の一か所から放水される水の勢いは凄まじく、水しぶきを上げて
流れ落ちるさまは大迫力でした~。
初めて見る天ケ瀬ダムと美しく装った山々の美しさをじっくり味わいました。


(4枚のアニメになってますよ)
ダム

 紅葉を愛でながらの天ケ瀬ダムまでの6.6キロの散策を楽しみつつ無事終え、
13時京阪宇治駅から帰宅の途に就いたのでした。


帰宅



  1. 2017/11/29(水) 11:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:10

石清水八幡宮と周辺の散策(京都府八幡市)

 11月22日(水)我が家のベランダ気温、AM9時 7℃ 薄曇り
このところ冷え込みもきつくなってきました。
比較的暖かなマンション暮らしにも暖が必要になってきました。

 13日、京阪本線の最寄駅から15分ほど大阪よりの八幡市駅に降り立ち、
石清水八幡宮をお参りがてらその界隈を散策してみました。


(石清水八幡宮境内と神職)
八幡ガラス枠

 石清水八幡宮(国宝)
都の裏鬼門(西南の方角)を守護する王城鎮護の神として860年行教によって建立。
伊勢神宮に次ぐ国家第二の宗廟と崇められました。
源義家は7歳にして石清水八幡宮において元服『八幡太郎義家』と名乗り源氏一門を
隆昌に導いたのでした。

良いお天気に恵まれたこの日、七五三のお参りをする微笑ましい家族連れが何組も
おられ、普段より境内は華やいでいました。


石清水八幡宮 1

 エジソン碑
アメリカ合衆国の発明王、トーマス・アルバ・エジソン(1847~1931)が八幡の竹を使って
白熱電球の実用化に成功したことを記念して建立されました。
 
 エジソンが白熱電球の点灯時間を延ばすための実験に使った材料は6000種にも及んだそうですよ。
その中で竹が良いことが分かり、日本にやってきた助手ムーアに第二代京都府知事槇村氏は
『竹なら八幡か嵯峨野』と紹介し、八幡の真竹がエジソンの元に送られました。
結果は驚くべく1000時間も明かりをともし続けたのです。
1894年までの100年間、何百万個の馬蹄型フィラメントの白熱電球がつくられ、
全世界に明かりをともし続けたのでした。

京阪電車本線、八幡市駅前にはそのことを記念した『エジソン通り』もありました。


(3枚のアニメになってますよ)
エジソン


 谷崎潤一郎文学碑
男山展望台(山の北側)の見晴らしの良い位置にその碑はたてられています。
自筆原稿から刻んだと言われる文字で作品『蘆刈(あしかり)』の一部分が彫られていました。

 ”私の乗った船が州へ漕ぎ寄せたとき、男山はあたかもその絵にあるやうにまんまるな月を
背中にして全山の木々の繁みがびろうどのやうな津やをふくみ、まだどこやら夕ばえの色が
残ってゐる中空に暗く濃く黒ずみわたっていた。”
 
 全文お読みになりたい方は青空文庫、こちら(マウスをあてると赤色になります)を
クリックしてお読みくださいね。

谷崎潤一郎は関東大震災を契機に関西に移り住み、その風土と伝統文化に魅せられ、純日本的、
古典的なものを主題とする作品を多数発表されました。

谷崎潤一郎碑


 高良(こうら)神社 
石清水八幡宮の麓に鎮座する石清水八幡宮の摂社。
860年、行教によって建立されました。
八幡の町を守護する神様が祀られています。
1868年、戊辰戦争の兵火により焼失、1884年に再建されました。 
境内の樹齢700年のタブの木は「京都の自然二百選」に選ばれています。
(4枚のアニメになってますよ) 

高良神社

 石清水八幡五輪塔(航海記念塔)
高良神社の左裏手側、京阪八幡市駅より徒歩5分ほどに位置しています。
高さ6m、下部の方形の一辺2.4m、全国最大規模の鎌倉時代の五輪石塔、
国の重要文化財に指定されています。
摂津尼崎の商人が中国宋との貿易の帰途、石清水八幡宮に祈って海難を逃れ、
その恩に報いるために建立されたと伝えられています。


五輪の塔

神應寺(じんのうじ)
石清水八幡宮の男山北側山腹(京阪本線八幡市駅より徒歩5分)に位置する曹洞宗の寺院。
860年石清水八幡宮を勧請した行教が建立。
国の重要文化財である行教師坐像を安置してるそうです。
明治の神仏分離以前は石清水八幡宮の神宮寺だったということです。
八幡市では一番の古刹になります。


180段のきつい階段沿いにはたくさんのモミジが植えられていましたが
まだ紅葉は見られませんでした。
階段を上りきるとパッと明るくなり、日当たりの良い本殿前の木々は美しく紅葉し雲一つ
見られない青空に映えていました。

(4枚のアニメになってますよ)
神応寺




リンドウ
手入れの行き届いた境内庭園。
さして広くはありませんがあちらこちらで
可憐なリンドウの花が咲いており、
久しぶりに見る路地のリンドウ、
その色の美しさに心を奪われたのでした。
センリョウの赤と黄色も美しく、紅葉と相まって
初冬の景色を堪能できました。
長い階段を上ってきた甲斐がありました。








2時間弱の散策でしたが石清水八幡宮界隈にはまだまだ見どころがありそうです、
またやってきたいもです。


 








  1. 2017/11/22(水) 10:26:58|
  2. おでかけ
  3. | コメント:10
前のページ 次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリ

伏見の街 (75)
未分類 (50)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (121)
歴史 (15)
生き物 (19)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR