ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

京都府・石清水八幡宮のあれこれ

 今日は7日、シトシト雨の朝を迎えています。
ベランダの気温はAM9時、20℃を超えており、蒸し暑いです。
これで近畿地方は梅雨入りとなるでしょう。


 5日、京都府八幡市に位置する石清水八幡宮に出かけてみました。
我が家から京阪電車を利用し、20分ほどで行くことが出来ます。


石清水八幡宮楼門(国宝)
石清水八幡宮ガラス枠


 石清水八幡宮は日本三大八幡宮の一つ。
他に宇佐神宮(大分県)、筥崎宮(福岡県)があります。

 京都府八幡市の男山(標高143m)の山上に鎮座する京都の裏鬼門(南西)を守護する神社です。
現在の社殿は織田信長、豊臣秀吉、秀頼らの修復再建を経て1634年に徳川家光によって造営されました。


地図


 涼しい木陰の参道を上り、お参りを済まし、境内をゆっくり散策しながら写真を撮っていると通りがかった神社の方が話しかけてこられた。そこで信長塀やここではオガタマノキが御神木になっていることや本殿が見えないことなどを告げると『どうぞ来てください』と案内をしてくださり、丁寧に説明もしてくださった。
 お参りに来ていただけでは気付けなかったことを教えていただくことができ思い出に残る貴重な時間となりました。
今回は教えていただいたあれこれを中心に載せてみました。


(3枚のアニメになってますよ
南総門

 
 南総門から社殿を見ると社殿が少し西側に向いています。これは神前で参拝した後、帰る際に八幡大神に対して真正面に背を向けないように中心を外していると言われています。


楼門2

 平成28年2月9日、建物10棟と建物の修理に棟上げされる棟札3枚が国宝に指定されました。
現存する八幡宮の本殿の中では最古で最大規模を誇ります。
前後二棟(内殿・外殿)からなる八幡造りの社殿建築様式は全国に4棟ほどしかない貴重な建物。
檜皮葺の屋根の軒が接するところには織田信長公寄進の「黄金の雨樋」がかけられています。
また本殿を取り囲むようにめぐらされた瑞籬(みずがき)には極採色の欄間彫刻が150以上も施されており、江戸期名工・左甚五郎一派の作と伝えられています。


(2枚のアニメになってますよ。画像は撮影不可なのでネットよりお借りしました)
本殿


 本殿は非公開のため見ることはできませんが案内の方が外からほんの少しだけど見えるところを教えてくださった。
信長公寄進の「黄金の雨樋」は楼門側の西の角、舞殿の前より、また本殿の屋根は東門の前より撮りました。


雨樋

 楼門の蟇股(かえるまた)部分の向かい合う鳩は神使、阿吽の呼吸で御神前を守っています。
 東に虎、西に龍の彫刻は徳川家光公の干支は辰年、徳川家康公の干支は寅年であるため家光公が家康公の干支よりも上位(上位=東、下位=西)の位置に配することのない様配慮したと伝えられています。


楼門

 
 瑞籬(みずがき)の東門の彫刻は龍だと思っていたのですが「キリン」で西門は「白象」でした。
まだまだ欄間彫刻には面白いものがたくさんありそうなのでまたの機会にゆっくり見せてもらうことにしました。


(2枚のアニメになってますよ)
キリンと白象

 信長塀』と呼ばれている築地塀は織田信長が好んで採用した様式といわれています。
瓦と土を幾重にも重ねることにより、当時の課題であった鉄砲の銃撃や耐火性、耐水性に優れているということです。
そして案内の方が驚いたことに普段閉じられている東総門をわざわざ開けて「信長塀」の厚みを見せてくださった。
それは思っていたより幅がありしっかりしたものであることがよく分かりました。
 また、瓦に刻まれている御神紋は『流れ左三つ巴』が正しいのですが一つだけ『流れ右三つ巴』になっていることを教えてくださり、これは完成させてしまうと後は朽ちるのを待つことになり、あえて間違いの個所をつくることにより、まだその建物が未完成であり益々の発展を遂げるという願いと縁起が込められているということでした。

(3枚のアニメになってますよ)
信長塀

 御神木の『おがたまの木』の実の形が巫女さんの持つ『神楽鈴』のデザインのもとになってるということでした。
また一円硬貨の表面に描かれている木はこの木でした。
実は熟すとピンク色になるそうで、ピンクになった実の写真をスマホで見せてくださった。
秋になると熟して落ちた実をお参りに来られた方が記念に持ち帰られるそうです。


(おがたまの実の画像はネットよりお借りしました)
オガタマ連結

 親切な神社の方にはお礼を述べ、表参道から下り「一の鳥居」の近くの『放生池』にむかいました。
この池の絶滅危惧種の水草『アサザ』がどうなったか確認したかったのです。
嬉しいことに見事に咲き、保護枠からもはみ出して繁殖していました!
睡蓮と仲良く共生している様にほっとしました。
このアサザは2004年八幡市内の河川で自生しているのが発見され、放生池に移植されたのでした。

(4枚のアニメになってますよ)
アサザ

 何度もお参りしている石清水八幡宮で親切な神社の方にいろんなことを教えていただき知識が増えました。
また、気になっていた絶滅危惧種のアサザが繁殖し、綺麗な花を咲かせていました。
とても良い時間を持つことが出来、幸運な日でした。感謝です~。
  1. 2017/06/07(水) 11:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:13

京都府立植物園・生態園の花たち(5月)

 今日は31日(水)AM9時、ベランダの温度計は25℃を超えています。
5月もいよいよ最終日、湿度も高く蒸し暑い一日となりそうです~。



 前回は京都府立植物園の冷房の効いた部屋で咲く高山植物を主に載せましたが、樹木がいっぱいの生態園も木陰は涼しくて日中の散歩には最適ですよ。
見上げれば木々の花がみられ、足元には愛らしい草花が咲いています。
そんな花たちの中で主だったものを載せてみました。


バイカモ(梅花藻) 
バイカモ

 生態園の片隅の小さな流れにバイカモが咲いているというので真っ先に見に行きました。
清流に咲く可憐な水中花は見事に咲いていました。
バイカモ(梅花藻)はキンポウゲ科の沈水植物で日本固有種だそうです。
綺麗な流れの中で咲く小さな白い花たち、一服の清涼剤となりました~。


(3枚のアニメになってますよ)
バイカモ


 生態園を散策してるときは宝探しをしてるような気分になりますよ。
よく見ないと見逃してしまう花が多々あるからです。
オオバウマノスズクサはツル性の植物で大きな葉のもとに地味な小さな花をつけていますから見逃がす花NO1です。


(4枚のアニメになってますよ)
ウマノスズクサ

 ギンパイソウ(銀盃草)に出会え、懐かしさを覚えました。
高槻市の、山間部に住む友人宅の庭先に毎年たくさん咲いており、なんと愛らしい花なんだろうとしゃがみこんで見とれていたのでした。
名前はサカズキソウと言ってましたね。
ナス科の植物でサカズキソウともいうそうです。


(4枚のアニメになってますよ)
サクラソウ

 この時期はいろんな樹木も花をつけていました。
魅力的な花たちをデジブックにまとめてみましたのでお時間をとらせますが見ていただければ嬉しいです。
「フルウインドウで見る」をクリックし、拡大してご覧くださいね。





 ※スマホでご覧いただくには「ここをクリック」してくださいね。
  1. 2017/05/31(水) 11:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:15

京都府立植物園の観覧温室の花たち

今日は5月24日(水)です。
連日の真夏日にはうんざりです~・・がやっと楽になりそうです。
朝から空はどんより、降水確率70%、最高気温26℃、 ほっと一息つけそうです。


 19日、日中のウオーキングは熱中症が心配になり、京都府立植物園へ出かけ、樹木の茂る生態園や観覧温室を中心に散策して8000歩ほど歩いてきました。

 標高4000mを超える高山に生育するという「天上の妖精 幻の青いケシ」メコノプシス ホリドウラです。
ブータンの国花となってます。


青いケシガラス枠

 真夏日の園内は遠足でやってきた小学生で賑わってました。
マップや資料を手にしながら、「今、どこにおるんや!」「迷子になるなよ!」などと声をかけながら散策してましたよ。
元気いっぱいっていいなぁ~~。

(3枚のアニメになってますよ)
遠足

 日本最大級の観覧温室には約4500種類、25000本に及ぶ展示植物が8つのゾーンで構成されています。
今咲いている南国の面白い花を4種を載せてみました。


 ホットリップス(熱い唇)(アカネ科)
京都府立植物園で初めて咲いた貴重な花です。
中南米諸国の雨林に自生しており、開花時期が近付くと苞が緑から真紅に変化し、その姿は人の唇を連想させます。
花(蕾)は苞の中にあって開花が始まると中央の部分から白や黄色の花が現れるそうです。

(2枚のアニメになってますよ)
ホットリップス

 トーチジンジャー(ショウガ科)
 株もとから1~1.5mの杖状の花茎を伸ばし、先に球形の赤い花序をつけているその姿は松明(たいまつ)にたとえられていました。
インドネシアからマレーシア原産、若い花序は香味野菜、果実は果物としてまた種子は香辛料として用いられています。


トーチジンジャー

 ホウガンノキ(サガリバナ科)
南アメリカ原産の高木。
幹や太い枝から伸びた花序に多くの花がつき、花の径は10センチほどでオレンジ色。
朝7時頃から咲きはじめ午後4時頃までには落下。
果実は15~20㎝で表面は硬く砲丸の玉に似ているところから和名がつけられました。
結実は環境的に無理で人工授粉してるそうです。


ホウガンノキと花

 バナナ(バショウ科)
 誰もがご存知のバナナの花と実です。
 赤茶色の房を包んでいた皮が一枚ずつ開き、花が顔を出します。
 黄色い花の一つ一つが一本のバナナになります。
 実は最初は下向きですが成長するにつれ先端の花は枯れ、実は反って上向きになります。
 そしてまた皮が一枚開き花が顔をだし・・・・を繰り返して立派なバナナに成長します

 
  (2枚のアニメになってますよ)
バナナ


 大好きな高山植物の部屋は冷房が効いていて真夏日であることを忘れさせてくれました。
美しいコバルトブルーのヒマラヤの青いケシ「メコノプシス ベトニキフォリア」に今年も出会えて凄くラッキーでした!


青いケシ

そのほかにもたくさんの花に出会えましたのでデジブックにまとめてみました。
お時間をとらせますが見ていただければ嬉しいです!
「フルウインドウで見る」をクリックし、拡大してご覧くださいね




※スマホからご覧いただくにはここをクリックしてくださいね。
  1. 2017/05/24(水) 09:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:10

ちょっとエキゾチックな宇治の萬福寺

 17日(水)伏見は薄曇りながらも青空の見える穏やかな朝を迎えています。
ベランダではアナナスの花が咲きだしています。気温はAM9時、18℃。


 15日、我が家から京阪電車を利用して30分ほどで行くことのできる萬福寺を初めて訪れました。煎茶・普茶料理でも有名なお寺です。そして伊藤若冲縁のお寺でもあります。

 京都府宇治市に位置する萬福寺の木魚の原型といわれる開梆(かいぱん)

ガラス枠

 黄檗山萬福寺(おうばくざんまんぷくじ)は黄檗宗大本山の寺院になります。
1654年に中国出身の僧隠元(いんげん)禅師を開山に請じて建てられた禅宗系のお寺です。
隠元禅師は63歳で、日本が鎖国状態にあったときに中国から弟子30人を連れてやってこられました。
大陸から日本へ入ってきた仏教では最も新しい宗教になります。
徳川幕府四代将軍家綱から宇治の大和田に九万坪余りの土地を下賜され禅寺を建てられました。


zenkei2.jpg

 総門(漢門ともいう) 重要文化財
朱塗りの総門はいかにも中国風な感じがします。  
屋根の両端には摩伽羅(まから)と呼ばれる想像上の動物が置かれています。


(2枚のアニメになってますよ)
総門

 三門 重要文化財
禅宗にとって三門とは「三解脱門(さんげだつもん)」の略でこれから先は脱俗の清浄域に入ることをあらわします。


※三解脱門とは
  ☆ 一切を空と観ずる空解脱
  ☆ 一切を差別相のないことを観ずる無相解脱
  ☆ 願求(がんぐ)の念を捨てる無願解脱



(2枚のアニメになってますよ)
三門

 天王殿 重要文化財
天王殿正面には中国弥勒菩薩の化身だと言われている布袋さんが祀られています。
福徳円満の相をしておられるので諸縁吉祥縁結びの神とされています。
また堂内左右両端には四天王が安置されています


(2枚のアニメになってますよ)
天王殿

 大雄宝殿(だいおうほうでん) 重要文化財
萬福寺の本堂になり、最大の伽藍です。
日本では唯一最大のチーク材を使った歴史的建造物になります。
正面両横には日月を象徴する二つの円窓が設けられています。
卍崩しの勾欄(欄干)も中国風なのが特徴です。
御本尊は釈迦如来の座像です。


訪れたこの日は法要日ということで、管長様はじめ大勢の僧が厳かにお経を誦えておられました。
撮影は禁止でしたがまじかでその様子を拝見させていただくことが出来ました。
赤の法衣をまとわれた管長様が退座された後も美しい梵唄(ぼんばい)がいつまでも境内に流れておりました。



(2枚のアニメになってますよ)
大宝殿

 斎堂(さいどう)、食堂の前には萬福寺には無くてはならない景物となっている魚の形をした「開梆(かいぱん)」「雲版(うんぱん)」がかかっています。開梆は日常の行事や儀式の時刻を修行僧が礼棒でたたき報じます。また雲版は食事や朝課の時刻を知らせるために打ち鳴らします。
(開梆は魚梆とも言い、ちなみに三代目だそうです。)


(2枚のアニメになってますよ)
kaipann.gif

 開山堂 重要文化財
開山隠元禅師を祀っています。
三年で中国に帰国するはずでしたが家綱による隠元引き留め策がすすめられ、それを承服して在留が決定したのでした。


(3枚のアニメになってますよ)
開山堂


廻廊は雨にぬれることなく全ての伽藍に行けるように造られています。
合山鐘(がっさんしょう)と呼ばれる雲文梵鐘は開山堂・寿蔵・舎利殿で行われる儀式の出頭時に鳴らされます。

(2枚のアニメになってますよ)
廻廊

梵唄(声明)の流れる中、心静かに拝観することが出来、幸運でした。









  1. 2017/05/17(水) 15:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:14

世界遺産・平等院と藤の花(宇治市)

 5月3日、ベランダの気温はAM9時で20℃近い、空は花曇り、今日も夏日になりそうだ。
 憲法記念日でもある。日本国憲法が定められて70年になる。
憲法改正が論じられている、どうなるのだろう?気になるところです。



 4月29日、藤の花を期待して宇治の平等院を訪れました。
5分咲きの美しい藤の花が出迎えてくれました~。

ガラス枠

 鳳凰堂(国宝)は1053年阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂として建立されたものです。
また西方極楽浄土の阿弥陀如来の宮殿を模したと言われています。

(3枚のアニメになっています)
鳳凰堂

 鐘楼と梵鐘(国宝)
日本三名鐘の一つになっています。
①形の平等院と言われており、鐘の全面に天人、獅子、唐文様などの繊細な浮き彫りが施されています。
他には②音の三井寺、③銘の神護寺があります。

(2枚のアニメになってますよ)
梵鐘

一つずつの花は大きく房の短いヤマフジと房の長いノダフジです。
(3枚のアニメになってますよ)
藤

 美しく垂れ下がったノダフジです~。
フジの花は平等院のシンボルであるとともに、平等院を造った藤原氏の家紋でもあります。

(3枚のアニメになってますよ)
ノダフジ

 美しい宇治川・平等院・藤の花をデジブックにまとめてみましたので
お時間をとらせますが見ていただければ嬉しいです。
「フルウインドウデ見る」をクリックしてご覧くださいね。






デジブックをスマホでご覧いただくには『スマホはこちら』をクリックしてくださいね。





花束 5月1日はmagamikの誕生日、大きな病気をすることもなく生きてこられたことに感謝。6年の孫達が可愛らしいお花のプレゼントを届けてくれました。
  1. 2017/05/03(水) 09:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:15
前のページ 次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

伏見の街 (65)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (105)
歴史 (15)
生き物 (18)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR