ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

読書「こびとづかん」「ビッグツリー」ほか




『こびとづかん』ご存知ですか?

magamikもごく最近知りました。

今、大ヒット中の絵本です。

作者は『なばたとしたか』1977年 石川県生まれ

(マウスオーバーで拡大画・マウスアウトで戻ります)
<
双子の孫、ハルちゃん、サヤちゃん(2月20日6歳になります)が、
「ばあちゃん!こびとづかんしってる?、こびと、ぶさいくだけどかわいいよ~!」
何のことやらさっぱりわからぬバーバ
「はぁ~、何、なんのことなん?」
孫の父親である次男が
「ネットで調べてみ、すぐわかるから~」

パソコンを開き検索して、やっとわかったのです。


(マウスオーバーで拡大画・マウスアウトで戻ります)
<
翌日、お二人さんをともなって、本屋さんへ出かけました。

孫たちは目ざとく見つけ、
「ばあちゃん!ここにあるよ~!」
ありました、ありました!
女の子が3人立ち読みしてました。小学6年だそうだ。
面白いらしい!

ふたりが迷った挙句選んだのが、
『こびと大百科』『みんなのこびと』です。

よほど嬉しかったらしく、ややこしいこびとの名前を瞬く間に覚え、
「ばあちゃん、あのつくこびとは?」
「え~と、え~と・・・??」
「アラシクロバネよ!」
といった調子で次々質問してきますが、お手上げです。
子供の記憶力にはとてもかないませんね。
柔らか頭が羨ましい!

(マウスオーバーで拡大画・マウスアウトで戻ります)
<

中をみてみますと、
1、野原や畑にすむコビト  2、山や森にすむコビト 3、水辺にすむコビト
4、ヒトの近くですむコビト、とジャンル別になってます。
 
そして各々のコビトの特徴や生態系なども詳しく書かれています。
また、コビトたちを「探しに行ってみよう」とそのための服そうと用意するものまで
具体的に絵入りで書かれているのですよ。

本当にいるかも!と錯覚を起こしてしまいそうです。

(マウスオーバーで拡大画・マウスアウトで戻ります)
<
コビトたちが登場する絵本も何冊か出ています。
グッズも色々出ているようです。
孫が言うように「不細工だけど可愛いコビト」、ファンタジックで大人が見ても結構面白い。
新しいコビトたちが次々あみ出されているようですよ。


A新聞1月22日の著者に会いたいで「これからのリーダーに贈る17の言葉」を執筆された
佐々木常夫氏が紹介されていました。
東レの社員で東レの取締役後、東レ経営研究所の社長にまでなられた方。
写真の柔和な笑顔からは想像も出来ませんが、肝臓病にうつ病、自殺未遂3度の奥様と自閉症のご長男、
年子で生まれた次男、長女を抱えて育児、家事、看病を長く続けながら、立派に仕事もこなされたビジネスマン、
是非、読ませていただきたいと思い、ネットで取り寄せました。
(マウスオーバーで拡大画・マウスアウトで戻ります)
<
1944年秋田市生まれの佐々木氏は6歳でお父様を亡くし、4人の男の子をお母様が女手一つで育てられたそうです。
次男として、東大入学後も親の仕送りなしで卒業されたという。

結婚後、3人のお子様に恵まれますが自閉症と診断された長男さん。
輸血が原因で肝臓病を発病してしまった奥様、気に病みすぎてうつ病まで併発し、
自殺未遂3度、3度目は7時間に及ぶ手術で一命を取り留められたそうだ。
6度もの転勤を受け入れ、仕事を徹底的に合理化し、残業をしなくてもいいようにされたそうです。
「運命を引き受けよう」と全てを受け入れ、逃げずに立ち向かわれた様子には、大きな感銘を受けました。

10年に及ぶ闘病生活からやっと抜け出された奥様「生きていて良かった」と、またインタビューに応じられたときに
「主人から親以上の愛をもらいました」とも仰ったそうです。

ビッグツリーとは風雪に耐え凛と立つ大きな『父の樹』だそうです。


(マウスオーバーで拡大画・マウスアウトで戻ります)
<
著者に会いたいで紹介されていた本です。
今更、リーダーになるわけでもなし、なんですが、
「リーダーとは志に従うものである」
「人に勇気、元気、幸せを与える人こそがリーダー。主婦でも、新入社員でも、障害者でも
リーダーになれるんです」という氏の言葉に惹かれたのです。

大きい者は大きいなりに、小さい者は小さいなりに、己を高める「志」こそが大切だ、と書かれています。
この世を去るまでそうありたいものと思わせてもらえました。

(マウスオーバーで拡大画・マウスアウトで戻ります)
<
35万部のベストセラー、ビジネス書大賞2011最優秀著者賞受賞。
一体どんなことが書かれているのだろう?という好奇心から読ませてもらいました。
  
仕事をする上では強さが必要です。
  困難な仕事を成し遂げる「粘り強さ」、
  失敗しても叩かれても立ち上がる「芯の強さ」、
  ときには自説を押し通す「気の強さ」も必要でしょう。
  しかし、強さだけでは幸せになることはできません。
  強さの根底に優しさがなければ、
  幸せになることは出来ないのです。

といった内容のことが詳しく甥御さんへの手紙形式でつづられています。
非常にわかりやすく、その言葉には説得力があります。
それというのも、39歳のときに奥様が肝臓病になり40数回入退院を繰り返し、
看病と子供さんのお世話、東京・大阪6度の転勤をも受け入れながら、頑張りぬかれた
佐々木氏、絶望感の中から這い上がられた方ゆえに読むものにも、勇気を与えてくれます。


左半身不随で無気力な夫との生活をおくっているmagamikには励みになりました。
私ども家族は東レにお世話になってきました。
今でも長男の嫁は東レの本社に勤めております。
親の世話になることなく、二人の子供を育てています。
残業が免除され、定時帰宅が許されているからです。
本人の努力はいうまでもありませんが、佐々木氏のような方が
おられたからこそではないでしょうか。

そう思うと遠い遠い存在の佐々木常夫氏が身近な存在に思えてしまいました。
お若いとき、高槻にも住んでおられたことを知り、嬉しくなってしまった
お気軽なmagamikであります~!

(横浜に住む長男に佐々木氏の本を読んだ旨、メールでしらせたところ、嫁のYさんは佐々木氏を
よく存知あげてるそうです、また長男が出した初版本の編集者が佐々木氏の本の編集者でも
あったことから、編集者と佐々木氏のことを語り合ったこともあるそうです。
不思議なご縁をかんじました。)
  1. 2012/02/08(水) 14:30:00|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26
<<二度めのトウミョウ(豆苗)と我が家の花たち | ホーム | 節分~立春へ>>

コメント

No title

可愛い小人たち 
小人大図鑑 
興味シンシンで拝見いたしました。

東レの佐々木常夫さん
テレビで拝見いたしました。
「今を生きる」だったかな~

奥様 お子様を抱えて~
出来るのですね~
その信念の強さ・
さぞ大変だったろうかと・・・

「働く君に送る 25の言葉」
息子達読んだだろうかな・もしまだなら
是非読んでほしいです。
  1. 2012/02/08(水) 15:50:24 |
  2. URL |
  3. ガーネット #8MUBm7uM
  4. [ 編集 ]

No title

ガーネットさん!
こんばんわ~
コビト大図鑑、発想がとても面白いですね、
家の中にもいるのですよ。
想像するだけでも楽しくなります。

佐々木常夫氏、テレビでご覧になられましたか。
大変なご苦労をなさったけれど、今は家族が強い
絆で結ばれ、幸せに過ごしておられるそうで、
読者としても嬉しく思います。

「働く君に送る 25の言葉」
特に若い人たちには読んで欲しいですね。

コメントありがとうございました。





  1. 2012/02/08(水) 20:12:18 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

こびとずかくんやビッグツリー

こんばんは~ お邪魔します。

こびとずかくんは知りませんでした。お子さんだけでなく
大人が見ても楽しくなりますね。
こびと大百科もユニークで面白そうです。

東レの佐々木常夫さんの著書は人生の訓になるような
言葉が載せられた立派な書ですね。
こうした本を読まれるmagamikさんのお人柄も素晴らしいし、
こんなに長い記事も書かれるのですから無気力だなんて
とんでもありません。周囲のブロガーでは見かけません。
今まで通りご主人を大切になさってください。
  1. 2012/02/08(水) 22:48:25 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

素敵な本のご紹介

おはようございます
今日は跳びっきりの太陽が燦燦と照りつけていて
やっぱりこういう日は嬉しいですね

「こびとづかん」が大ヒット中なんですか?
全く知らない世界なので、ハルチャン、サヤちゃんに
教えられたような気分です

不細工だけど可愛い小人から色々なことを教えていただけるのですね~
昔は立体的な絵本は日本にはありませんでした
夫が海外で子供に買ってきた立体絵本が凄く新鮮に思えたのです。
それ以降日本にもどんどんそういう絵本が入ってきて今では、youtubeなどでも見られるしもっともっと進化していますね

佐々木常夫氏は自閉症のお子さんと10年にも及ぶ病と闘われた奥様のお話等など詠んでみたい本ですね
ビジネスマンに贈る25の言葉の本もまた、素晴らしい本ですね
本を読んでこのように実践できれば一番ですが~
それが出来ないことが多いこの世の中。
これから益々大変な世の中になりつつある現在。
若者には是非とも読んでいただきたい本ですね。
私の息子や娘にはもう遅いのかな~???
有難うございました
今日はこれから花壇の整備があります
  1. 2012/02/09(木) 08:11:10 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

No title

松ぼっくりさん!
こんばんわ~

こびとづかん、とっても面白いなぁと思いました。
その気になれば、自分の身の回りにもいっぱい
いそうな気がして・・・キョロキョロと見回してしまいます。

佐々木常夫氏は本当に立派な方ですね。
平易な言葉で書かれていますので、私のようなものでも
瞬く間に読みきることができました。
無気力なのは夫なのですが、私も似たようなものですね。
暖かい励ましの言葉、嬉しく感謝いたします。
佐々木氏に見習って頑張りたいと思ってます。

コメント有難うございました。



  1. 2012/02/09(木) 20:08:20 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

花ぐるまさん!
こんばんわ~

お天気がよいと気分も晴々しますよね!
こちらは残念ながら曇りの寒い一日でした。

こびとづかん、孫がいなかったら知らずに終わってたと
思いますね。
よく考えられていますよ。
youtubeでも色々見られますし、DVDとして発売も
されています。
子供の絵本の世界も仰るようにドンドン進化してますね。

佐々木氏は立派なビジネスマンですし、弱音を吐くことなく、
看病や子育てなどをやり遂げられたのですから、頭が下がります。
その結果、今は幸せな日々をおくっておられると聞き、
心から良かったと思います。

「働く君に贈る言葉 25」はそう簡単には実行できないとは思いますが、
迷いの多い若者たちに是非読んでいただき、自分のためにも日本のためにも
頑張っていただきたいですね。
花ぐるまさんの御子息さまは、既に立派におやりですから、
こういった本は読まなくても大丈夫ですよ。

今日も花壇の整備ご苦労様です。
コメントありがとうございました。






  1. 2012/02/09(木) 20:32:22 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

著者の、奥さんの言葉に・・・。

 その言葉が、胸につきささりました。
それにしても、よくぞ回復されました。みごとな、看病につきます。

 さすが、世界の東レですね・・・。
  1. 2012/02/09(木) 21:00:18 |
  2. URL |
  3. 古曽部庵 #WLaAGor6
  4. [ 編集 ]

こんばんは

『こびとづかん』は ちょっと不気味なところもありますが 面白そうですね
佐々木さんという方は 強い人ですね
妻に3度も自殺未遂をされたら 私などは それだけでまいってしまいます
  1. 2012/02/09(木) 21:38:38 |
  2. URL |
  3. 北斗 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

こびとずかん、ビッグツリーなど、興味深い本を教えていただき、ありがとうございます。佐々木常夫さんのことは存じていましたが、本は詠んでいませんでした。早速、読もうという気になりました。
脳卒中右半身麻痺(2級)になって7年、つえを着きながら1時間かけて、宝塚から淀屋橋に通っていますが、自分でも「ようやるわ」と思っています。さて、これからの人生、どうなっていくことやら?
  1. 2012/02/09(木) 23:50:12 |
  2. URL |
  3. なりひら #SIg7oyDA
  4. [ 編集 ]

こびとずかん

v-208!(*^_^*)!お早うございます!
鳥取の金持神社にお付き合い頂き有り難うございました。

こびとずかん・・・初めて知りました!
孫も大きくなりこの様な本とはサッパリご無沙汰です。
Magamiさんは沢山の本をお読みですね。
ご紹介有り難うございました。

('_')今日は一昨年西国33ヶ所巡礼した思い出を編集しましたので御覧頂ければ幸せます。
('_')それでは月曜日にまたお伺いしますネ!
('_')Gooブログへ来訪・コメントをお待ちしていま~す!
!(^^)!バイ・バ~ィ!!
  1. 2012/02/10(金) 10:48:55 |
  2. URL |
  3. ひろし爺1840 #KCehlBDg
  4. [ 編集 ]

No title

magamikさん こんばんわ!

恥ずかしながらmagamikさんが読まれた本、「こびとづかん」「ビッグツリー」ほか、は初めて目にしたタイトルの本です。それらの作者の”たばたとしたか”さん、”佐々木常夫さん”の名前も初めて知りました。
「こびとづかん」は今小学生の間でも有名なのですね。
二人のお孫さんもmagamikさんより先に知っていたとは、これぞ”負うた子に道教えられ”ですね。
このタイトルで思い出すのは北海道に住むと言われる”クロポックル”の物語ですね。我儘な人間の行動によって被害を受ける小人の話だったと記憶していますが。

佐々木常夫さんのご本の内容は、どんなに逆境にあっても力強く生きて行く人がいることを教えられますね。
自分のことを考えると、これだけに難関に立ち向かう勇気はとてもありません。多分逃げ出してしまいます。

貴重な情報有難うございました。
  1. 2012/02/10(金) 17:45:50 |
  2. URL |
  3. 高花六無斎 #-
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは
小人図鑑なんだかたのしそうですね~
ちょっとのぞいてみたくなりました
そして世の中には本当に素晴らしい方がいらっしゃいますね
どんなにかご苦労もおありでしたでしょうに、すごいことです。私なら逃げ出してしまいそうですよ。
大野更紗さんの困ってる人を読んだ時も、すごい、よくもこんなに大変なのに~強いな~
すごいな~とただただ感動しましたが、弱音を吐いては居られない、与えられた日々を大事に生きようと思いました
素晴らしい本の紹介を有難うございました
  1. 2012/02/11(土) 12:03:19 |
  2. URL |
  3. みーばあ #ofxKis3k
  4. [ 編集 ]

No title

小人図鑑にしろ佐々木常夫さんの本、いいものにめぐりあい、きっちりと読みとっておられる事に敬服くします。
求める心が無ければ入って来ませんね。

ところで、「長男が出した初版本」 のこと少し説明を加えて下さいませんか。
  1. 2012/02/11(土) 18:56:07 |
  2. URL |
  3. satoyama #-
  4. [ 編集 ]

No title

古曽部庵さん!
こんばんわ~

奥様の苦しみもよく理解できますよ。
自閉症児を出産してしまった苦しみ、肝臓病を
患い入退院の苦しみ、あまりにもの苦しみが
うつ病を併発してしまい、自分の存在を否定して
しまわれたのですね。
佐々木氏の懸命なる努力が通じたのですね。

東レにこのような方がおられたことを誇りに思います。

コメント有難うございました。


  1. 2012/02/12(日) 21:37:37 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

北斗さん!
こんばんわ~

先ほど孫たちが帰ったところですが、こびとづかんを
何度も読んでおりましたよ。
本当に楽しいようですよ。

佐々木氏は本当に芯の強い方ですね。
お母様の教えが「運命を受け入れてにこやかに生きること」と
「世のため人のために生きなさい」ということだったそうです。
それでもよくぞここまで耐えて頑張り抜かれたことに
敬意を表したいです。

コメントありがとうございました。
  1. 2012/02/12(日) 21:46:52 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

なりひらさん!
こんばんわ~
佐々木常夫氏のことご存知でしたか。

なりひらさんもご不自由になられても、自分に負けることなく、
仕事もされ、ときには出張もなさり、読書、音楽、川柳と
趣味も半端ではありませんものね。
誰にもできることではありません。
尊敬してしまいます。
佐々木氏の本も何かのお役に立つかも知れませんね。

コメントありがとうございました。
  1. 2012/02/12(日) 21:55:18 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

ひろし爺さん!
こんばんわ~

こびとづかん、幼い孫のおかげで知りました。
いろんな絵本を読まされていますので、孫と共に
成長してますよ。
もっと読書をしたいと思っているのですが、なかなか
思うほどには読めておりませんよ。

また、お邪魔させていただきます。

コメントありがとうございました。



  1. 2012/02/12(日) 22:04:57 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

高花六無斎さん!
こんばんわ~

こびとづかんは孫にいわれるまで全く知りませんでしたね。
仰るとおりですよ、子供たちの間ではかなり、人気があるようです。

クロボックリは知りませんでした。
色々出ているようですね。
読んでみたくなりました。

佐々木氏のこともA新聞ではじめて知ったのですよ。
大変な困難な中、立派に生きられてる姿に感銘しました。
magamikの苦労など知れているなと思わせてもらえました。
高花六無斎さんも、きっとできる方だと思っておりますよ。

コメント有難うございました。






  1. 2012/02/12(日) 22:45:34 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

みーばあさん!
こんばんわ~

こびとづかん、どこにでもいそうなこびとたち、
想像するだけでも面白いですよ。
作者の発想に感心しました。

佐々木氏も大野さんも素晴らしい方ですね。
世のみんなが勇気をもらえます。
逃げたくとも逃げられない、全てを受け入れ力強く
生きておられるのですね。
少しは見習いたいと思いました。

コメントありがとうございました。



  1. 2012/02/12(日) 23:10:59 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

satoyamaさん!
こんばんわ~

こびとづかんはともかくも佐々木氏の本にはびっくり
いたしました。
良い本にめぐり合えたと思っています。
親子ともどもご縁が会ったのですね。

息子のことまできいてくださりありがとうございます。
息子の本は「公営企業監査のツボ」というものです。
中核市としては全国初の公認会計士の任期付き採用として、横須賀市監査委員事務局に監査専門館として二年間勤め、民間企業の経験から自治体の監査のあり方についてブログに載せていたのが編集者の目に留まり本の発行になったものです。佐々木氏のように一般受けするような本ではないですね。残念ながら・・・

コメントありがとうございました。
  1. 2012/02/12(日) 23:36:56 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

おはようございます。
こびとづかんの本はしらないですが、ご説明で
興味を持ちました。
東レとのご縁も素敵ですねぇ。
素晴らしい会社には素晴らしい人材がおられますね。
こういう人の下でお仕事が出来るのは誇りですねぇ。
  1. 2012/02/13(月) 09:54:22 |
  2. URL |
  3. ムームー #-
  4. [ 編集 ]

来訪コメントやグッドのお礼!

v-208(*^_^*)お早うございます!
西国33巡礼の旅総集編にお付き合い頂き有り難うございました。

今週は雨の降る寒い週になる様ですね。
風邪を引かない様お気をつけ下さい。

('_')今朝は中国33観音霊場の旅の総集編を編集アップしましたので御覧頂ければ嬉しいです。
('_')それでは水曜日にまたお伺いします!
('_')Gooブログへ来訪・コメントをお待ちしていま~す!
!(^^)!バイ・バ~ィ!!
  1. 2012/02/13(月) 11:30:50 |
  2. URL |
  3. ひろし爺1840 #KCehlBDg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちわ~
今日は一転曇り小雨とうっとうしい日になりました。
こびとずかんの本初めて知りました。
不細工でも可愛いと孫ちゃんが云うとおり面白そうですね。
子供の本も年々進化していて私方の孫のときは飛び出す絵本に驚きました。
佐々木常夫氏芯の強い方で勤めと家庭を成功されて頭がさがります。
東レとご縁があったのも素敵でしたね。
  1. 2012/02/13(月) 13:23:34 |
  2. URL |
  3. 梅より #WLaAGor6
  4. [ 編集 ]

No title

ムームーさん!
こんばんわ~

こびとづかんのこびとたち、いたるところにいそうで
あれこれ想像すると楽しくなりますよ。
孫たちと一緒に遊んでますよ。
佐々木常夫氏が東レの方と知り、驚きでした。
こういった素晴らしい方のいる会社で働けるのは
幸せであり、誇りでもあります。

不思議なご縁をいただきました、そんな気がします。

コメントありがとうございました。



  1. 2012/02/13(月) 21:17:52 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

ひろし爺1840さん!
こんばんわ~

今週は雨の日が多そうですね~!
こうして少しずつ暖かくなっていくのでしょうね。

またお邪魔させていただきます。

コメント有難うございました。

  1. 2012/02/13(月) 21:21:09 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

梅さん!
こんばんわ~

今週は雨が多そうですね!
こびとたちは大変の気に入りようですよ。
絵本も時代によって変ってますね。
飛び出す絵本も流行りました。
孫たちのおかげで色々教えられますよ。

佐々木常夫氏のような方が東レにおられ、
不思議なご縁を感じました。
そして、少しくらいのことでめげてはいられないと
思いました。

コメントありがとうございました。

  1. 2012/02/13(月) 21:30:22 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://magamik0501.blog111.fc2.com/tb.php/90-d95f2a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

伏見の街 (63)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (98)
歴史 (15)
生き物 (18)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR