FC2ブログ

ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し5年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の東寺と観智院

 2月14日(水) 我がベランダの気温はAM9時1℃、空は雲一つない快晴です。
気温がプラスになり温かさを感じる穏やかな朝を迎えています~。


(南西から見た東寺・五重塔)
東寺ガラス枠

 2月8日、京都のランドマーク・五重塔のある東寺に出かけてみました。
自宅から30分足らずで行かれますからとても身近なお寺の一つです。


 広大な東寺にはたくさんの門があります。
そのうちの四門を掲載してみました。
近鉄電車を利用するmagamikはいつも南大門から入り、慶賀門から退出しています。

 南大門(重文)は数ある門の中で最も大きく巾18m、高さ13m余りあります。
1895年(明治28年)平安遷都1100年記念として三十三間堂の西門が
移築されました。


 慶賀門、北大門いづれも重要文化財で鎌倉時代前期に建立されたものです。

 今回は西側の壬生(みぶ)通りに面する『蓮華門』の方へ回ってみました。
鎌倉時代の八脚門で明治28年に三十三間堂から移築されています。
こじんまりした感じの門ですが唯一『国宝』に指定されています。
 弘法大師空海は『身は高野 心は東寺に納めおく 大師のちかいあらたなり
と十数年過ごした東寺の蓮華門をあとにして高野山に向かわれたそうです。



(4枚のアニメになってますよ)

門


 
 『京都・東寺の五重塔』、江戸時代に徳川家光によって再建されて以来、
370余年間不倒の京都のシンボルとなっています。
近鉄電車を利用して京都間を往復する際、車窓から見える五重塔の美しさにいつも
見とれていますよ。


 慶応4年1月3日(1868年1月27日)、薩藩討伐を掲げて大坂から京都へ
攻め入ろうとした旧幕府軍が長州・薩摩軍を中心とする新政府軍と衝突し、鳥羽伏見の戦い
が勃発しました。
その時、薩摩藩の本陣は東寺にあり、西郷隆盛は55mの高さを誇る五層目にあがり、
伏見の戦局を眺め、指揮をとったそうですよ。
 NHKの大河ドラマ「西郷どん」は放送中ですがここで指揮をとる西郷どんのシーン
が見られるかもしれませんね。


(4枚のアニメになってますよ)
五重塔

 『東寺』は桓武天皇によって平安京鎮護の官寺として創建されました。
後の嵯峨天皇が弘法大師空海に下賜され、我が国初の密教寺院となりました。
823年空海50歳のときです。
 

◎1965年(昭和40年)秘仏公開、千年以上閉ざされていた金堂・講堂の扉が
開けられたのでした。


 『金堂』
文明の土一揆(1486年)により全焼した金堂は豊臣秀頼の援助によって1603年に
復興しました。
 薬師三尊像は仏師康正(こうせい)の渾身の名作と言われています。
 (仏像は撮影禁止のためパンフレットより) 


金堂


 『講堂』
真言密教の根本道場となる講堂は仏像による立体曼荼羅の空間になっています。
大きな須弥壇には21体のおびただしい数の仏像が配されています。
その中央には主尊である大日如来が安置されています。
拝観者は見事な立体仏像群の迫力に圧倒されてしまいますよ。
(仏像は撮影禁止のためパンフレットより


講堂
 金堂・講堂の仏像は東寺を訪れるたびに拝観させてもらってます。

 この日は三人の僧侶が講堂前で経を唱えていましたよ。

僧侶連結

 『観智院』
 東寺の北側に位置する塔頭になります。
真言宗総本山 東寺 別格本山になり塔頭の中では最も格式の高い寺院です。
学僧・杲宝(ごうほう)によって創建されました。
真言密教の経典が多数(1万5千余点)が所蔵されているので『真言宗の勧学院
(大学の研究室にあたる場所)』とも言われています。

観智院


 『客殿(国宝)』
1605年(江戸時代)に豊臣秀吉の正妻・北政所(ねね)の寄進により再建されたものです。
(全体は撮影できませんのでネットよりお借りしました)

客殿1

 客殿・上段の間では宮本武蔵が遺した水墨画『鷲の図(正面)』と『竹林の図(左側)』
を観ることができました!
剣豪・宮本武蔵が『一乗寺下り松の決闘』の後、3年間身を隠したお寺でもあり、その時に
描いたものということでした。(撮影禁止のためパンフレットより)

武蔵絵


 客殿前の『長者の庭』
2017年(平成29年)真言宗立教開宗1200年を讃える事業として作庭されました。
真言密教の無限の宇宙空間と涅槃寂静の境地をあらわしているそうですよ。
(3枚のアニメになってますよ。)

長者の庭


『五大虚空蔵菩薩像』(重文)
 虚空蔵とは宇宙のような無限の知恵と慈悲が収まっている蔵を意味し、
人々の願いを叶えるために蔵から取り出して知恵や記憶力、知識を与えて
くれるとされています。
 虚空蔵菩薩の五つの智恵を5体の菩薩像で表したもので智慧を司る菩薩様です。
息災増益の祈願のための本尊となっていました。
(撮影禁止のためパンフレットより)

五大菩薩像

手入れの行き届いた庭(庭などは撮影OKです)
庭連結2

東寺境内案内図
地図


 初めての塔頭の観智院、書院・茶室など見どころはたくさんありました。
訪れる人も少なく静かにゆっくり新鮮な気分で拝観出来ました。
2017年5月より通年で公開されるようになりましたからまた機会を見つけて
訪れたい寺院ですね。













  1. 2018/02/14(水) 10:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:12
<<2月の京都府立植物園 | ホーム | 京都・宝ヶ池のオシドリ・他>>

コメント

東寺

五重塔美しい塔ですね
どう写真に撮ろうかと苦心したのを思い出します
団体だったりするとゆっくり時間が取れません
色々丁寧に案内して頂いてしっかり見学いたしました
多分南大門から参拝したと思います
薩摩藩の本陣が東寺に置かれていたんですか
激動の時代を経て今あるんですね
  1. 2018/02/15(木) 17:21:05 |
  2. URL |
  3. みーばあ #ofxKis3k
  4. [ 編集 ]

みーばあさん

こんばんわ~

美しい五重塔は見飽きることがないですよ。
塔が立ってる位置的に逆光なってしまますし、
撮影する時は結構悩みます。

結構広いですからしっかり観ようと思うと時間が
かかります。
南大門から参拝される方が多いと思いますよ。
薩摩藩の本陣が東寺にあったとは意外でした。
五重塔の上層部から、伏見は良く見えたと思います。
今は静かな東寺、いつまでも平穏であってほしいです。

温かいコメントありがとうございました。
  1. 2018/02/15(木) 19:06:50 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

東寺の五重塔

東寺の五重塔 京都駅から見えるあの塔ですネ
鳥羽伏見の戦いで薩摩藩の本陣が・・・
そうですか NHKの「西郷どん」で登場するかも楽しみです。

こちら春一番が吹きました 温かくなればと期待しています。
 
  1. 2018/02/15(木) 20:35:26 |
  2. URL |
  3. はなこ #jsNfsqBI
  4. [ 編集 ]

素晴らしい東寺

こんばんは
最近は日々温かくなる気配を感じて、近いなあ~と思って嬉しくなります
東寺は私も大好きな所で、スマホの待ち受け画面はやはり秋の冬至の風景です

東寺は日本の木造建築では一番高いのでしょう
この建築技法をスカイツリーに応用したそうですね

五大湖空想菩薩像や数々の仏像はみんな撮影禁止ですよね、国宝や重文を守るためには仕方のないことです
 
長者の庭もとても綺麗ですね
こんなにじっくりと見たことがないのですよ
新幹線に乗る前に東寺を一目見ようといつも駆け足でささっと見ているだけです

五重塔の中には弘法大師が唐より持ち帰った仏舎利が収められているのですよね

今度はゆっくりと尋ねてみたいと思いました
素敵な画像などをありがとうございました
細菌パソコンが重たくてなかなか見るのも大変でちょっと速くならないかなあと思ってはいますが~
有難うございました








  1. 2018/02/15(木) 21:17:35 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

はなこさん

こんばんわ~

京都駅から見えるあの塔ですよ。
美しくて大好きな塔です。
NHKの「西郷どん」で五重塔で指揮するところが
見られたらいいなと思っています~。
期待してますが叶うでしょうか。

そちらは春一番が吹いたとニュースで知りましたよ。
寒さも峠を越したかもしれませんね~。
今年は寒かったですから春が待ち遠しいですね。

温かいコメントありがとうございました。

  1. 2018/02/15(木) 21:50:44 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

こんばんわ~

そちらは暖かいのですね、こちらも今日は少し
暖かでしたよ。

スマホの待ち受け画面が東寺なんですね~。
私も大好きな五重塔です。
五重塔は日本一の高さですものね。
今、五重塔も公開中なのですが、今までのように中へ
入って拝観することは出来なくなりました。
扉が開けられ外から観るだけです。
監視員がおられて聞いてみましたら事件が多いから
禁止になったそうです。
もう二度と内部に入ることは出来ないだろうと
言っておられましたよ。

仏像は全て撮影禁止です、塔頭の観智院の襖絵なども撮影禁止です。
庭園などはOKでしたよ。

観智院は何時でも公開されてますから今度来られた折にはぜひご覧ください。
一見の価値はあると思いますよ。
パソコン私も勿体ないので頑張っています。

温かいコメントありがとうございました。

  1. 2018/02/15(木) 22:05:50 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

冬の東寺と観智院~

◆訪問が遅くなったお詫びと頂いたコメントのお礼を申し上げます@(-_-)@
☆(^_-)-☆MagamiKさん、お早うございま~す!v-398
何時もお越し頂きコメントや応援をありがとうございます。
今朝も外出が間々ならずブログやFaceBookの仲間の皆さんの所へ訪問し楽しんでいます。

@( `ー´)ノ@ご案内ありがとうございます。
アニメで見るのも良いですね~!v-426
v-400また寒く成って来るようですので、風邪など引かない様にして楽しい充実した日々をお互いに過ごしましょ~ね!
☆彡今日の「FaceBook」に→✔・いいね!済!

:( ^)o(^ ):今朝のMyBlogへのお誘い<⇊>
・何時もウオーキングしている時二つの漁港で見かける鳥達を10年前に写した写真と合成し編集しましたのでご覧頂ければ幸せま~す!
ご覧頂いた感想も楽しみにお待ちしていま~す!
◇今日も元気で陽気に楽しく過ごしましょ~!バイ・バ~ィ!v-423
  1. 2018/02/16(金) 09:37:56 |
  2. URL |
  3. ひろし爺1840 #KCehlBDg
  4. [ 編集 ]

冬の東寺

magamikさん こんにちは!
冬の東寺の景観を案内してくださり有難うございます。
京都・奈良を訪れた時、時間が許すときは必ず東寺に立ち寄ります。最近では昨年11月にも新幹線の待ち時間を利用して訪れました。私は駅に近い慶賀門から入ります。11月の時は法蔵を巡る池に映る五重塔が気に入り、カメラに収めましたね。
東寺のもっとも人気なる季節はやはり桜の木瀬でしょうね。受付を終えて、まずは、目の前の大きな枝垂れ桜ですね。ここでは沢山のカメラマンごり、枝垂れ桜と五重塔のコラボ写真を撮っているようでした。つぎは瓢箪池で、ここに映じる五重塔も絵になりますね。
東寺の子院の観智院は訪れたことがありませんが宮本武蔵の描いた襖絵があるのですね。是非見たいものです。
日本のお寺は、中が撮影禁止の所が多いですね。
いろんな理由があるでしょうが、今のデジカメはフラッシュがなくとも綺麗に撮れるので、許可して欲しいですね。
家光が再建した五重塔も入場が厳しくなったのですね。地震や大風に強い様式の建築物ですから多くの人に見せて欲しいですね。

有難うございました。
次に京都を訪れる時の参考になりました。
  1. 2018/02/17(土) 16:01:19 |
  2. URL |
  3. 高花六無斉 #-
  4. [ 編集 ]

ひろし爺1840さん

こんばんわ~
暖かいと思ったのはつかの間今日は雪がチラつく
寒い一日でした。
インフルエンザもちょっと下火になったようですが
まだまだ油断はできませんね。

アニメは場所をとらずに済みますので多くの画像を
見ていただきたいときによく使います。

漁港で見かける鳥さん楽しみにお邪魔させていただきます。
お誘いありがとうございました。
  1. 2018/02/17(土) 18:37:51 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

i-71
先日は私の体調不良時、励ましのコメント頂いて有難う御座います、嬉しかったですし感謝です。
i-265
何かと縁のある都なのでmagamikさんのブログ楽しみに拝見させていただいています、ところが都度の足跡残さずでゴメンナサイです。
昔、若いころ東寺へ行った覚えがあるのですが、お写真拝見して東寺の中は全く覚えていませんでしたので、この度拝見できて嬉しく思います。
有難う御座いました!
i-185i-179i-88
  1. 2018/02/17(土) 18:46:54 |
  2. URL |
  3. どんぐり #I0.m2MZI
  4. [ 編集 ]

高花六無齋さん

こんばんわ~
今日は雪がチラつく寒い日になりました。

六無齋さんは慶賀門からお入りになっておられるだろうなと
思っていましたよ。
京都駅に近いですものね。
水面に映る五重塔は絵になりますものね。
もちろん訪れるたびに撮ってますよ。
裸木の間から透けるように見える五重塔は今ならの景色かと思います。

子院の観智院は昨年からいつでも見られるようになりました。
ここでは宮本武蔵の絵に興味をそそられますね。
書院や茶室の襖絵も美しかったですが全て撮影禁止で
ちょっと残念ですが次回は是非ご覧くださいませ。

五重塔の内部へは入ることは出来なくなってました。
四方の扉はが開けられていますが青竹で柵がつくられ、
外からの観賞になってました。
ガイドさんもおられず、警備員が二人立っておられました。
液体をかけられるなどの心配と気をもらおうと柱にしが
みつく方もおられるそうで驚きました。

温かいコメントありがとうございました。

  1. 2018/02/17(土) 18:59:55 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

どんぐりさん

こんばんわ~

まだまだ寒いですがお元気になられ何よりです~。
何かとご縁のあるある東寺を思い出していただけましたか。
東寺の五重塔は大好きでいつも電車の中からも見とれていますよ。
金堂・講堂の仏像も素晴らしくて訪れるたびに手を合わせております。

温かいコメントありがとうございました。

  1. 2018/02/17(土) 21:05:20 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

伏見の街 (78)
未分類 (54)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (132)
歴史 (15)
生き物 (20)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。