FC2ブログ

ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し5年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都大原・寂光院

9月20日、朝からどんよりとした空模様。
ベランダの気温はAM11時25℃

 


 9月15日、久しぶりに京都市左京区の大原を訪ねてみました。
我が家から近鉄電車、地下鉄、バスと乗り継いで一時間余りの所です。


 京都大原寂光院は聖徳太子発願の寺院と伝えられ、本尊は地蔵菩薩。
鎌倉時代の初めに建礼門院隠棲の地としての由緒を持つ古刹でもあります。


 ”祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰(じょうしゃひっすい)(ことわり)をあらわす”
 『平家物語』の冒頭の一節、寂光院はこの平家物語を通して有名になりました。


(寂光院境内と本堂)
ガラス枠


 大原のバス停から三千院とは反対側に里の道を歩くこと20分ほど。
京都の中ではどこよりも早く冬が訪れどこよりも遅く春がやってくると言われる洛北のさらに北郊に寂光院は位置していました。
 小道の脇に「朧の清水」と言われる小さな泉がありました。建礼門院が寂光院に向かわれる途中、朧の月夜に照らされてこの泉にうつった自身のやつれた様子に嘆き悲しまれたという泉です。


寂光院 連結



 風情のある参道の石段に沿って古紅葉の木立が続き、上がり終えたところに小さな桧皮葺の山門がありました。
三門1-2

 山門をくぐると思いのほか小さな本堂がありました。
正面三間、奥行き三間で檜材、屋根は(こけら)葺きでした。
この本堂は2000年不慮の火災により焼失してしまいました。
『すべてを元の通りに』と2005年6月、5年の歳月を経て落慶したのでした。
 本堂に安置される地蔵菩薩立像(像高255・5cm)はお肌は白く、彩色鮮やかな袈裟を着衣されています。
その美しいお地蔵様を近くで詣でることが出来ました。
またその左右奥に建礼門院坐像(69・0cm)と阿波内侍坐像(69・5cm)がおられました。
いづれも焼失したため再興されました。
堂内には語り部がおられ丁寧に説明してくださいました。


(2枚のアニメになってますよ)
本堂





書院
 建礼門院は平清盛の次女・徳子であります。
長じて入内し、高倉天皇(後白河天皇の息子)との間に安徳天皇が生まれたのでした。
平家は1185年壇ノ浦の合戦で滅亡。
一族はまだ幼い安徳天皇(8歳)をはじめとして海中に身を投じるが、建礼門院一人助けられ京都に連れ戻された後出家しました。
そして草深い大原の寂光院に入り、夫高倉天皇と我が子安徳天皇および一門の菩提を弔う余生を送りつつ、1191年2月中旬この地で38歳の生涯を閉じたのです。

 ”いざさらばなみだくらべん時鳥(ほととぎす)われもうき世にねをのみぞ鳴”(では涙比べをしよう、時鳥よ。私もこのつらい世に鳴いてばかりいるのですよ)。 建礼門院の死期が迫ったころの歌だそうです。










境内に植えられた千年姫小松は2000年5月の放火の影響で枯れてしまい、幹だけが残されていました。
宝物殿に展示されていた火災の難を免れた像高10~15cmの彩色小地蔵尊像3千余体には感動しました。

境内連結


 
 長閑な大原の里では稲刈りは概ね終わっており、次への準備が始まっていました。
そんな中を感慨深い思いで大原を後にしました。

田園



















  1. 2017/09/20(水) 11:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:16
<<金婚式と介護生活 | ホーム | 尾張大納言義直ゆかりの清涼院>>

コメント

こんばんは

毎週水曜日magmikさんの規則正しいブログ更新、楽しみにしています。
読ませて貰っているのに読み逃げばかりでごめんなさい。

magmikさんのブログで歴史探訪させて貰い、勉強させて貰っています。
  1. 2017/09/20(水) 19:19:58 |
  2. URL |
  3. lily #i1jUUG.6
  4. [ 編集 ]

lilyさん、

こんばんわ~
ブログいつも見ていただき嬉しく思っております。
lilyさんには悲しみを乗り越えようと懸命に日々を送っておられる様子、
ブログから伝わってきます。
佐藤愛子さんの「90歳何がめでたい」読みましたよ。
痛快で面白かったです~。
伏見に住んだのが幸いして歴史に興味を持つようになりました。

温かいコメントありあとうございました。
  1. 2017/09/20(水) 21:28:08 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

大原寂光院

何と長閑な風景でしょう!
大原の風景はいつ行っても暖かくしっとりとした空気が流れています
そんな中、magamikさんも素敵なひと時を過ごされたのですね

思いは平清盛の時代に遡り建礼門院の時代に思いを馳せられたのでしょう

2000年に大火があっていろいろ重要なものが焼失したことは覚えています
それでも焼失を免れた彩色小地蔵尊像3千余体
に感動されたのですね
この地も木たるべき紅葉の時期には悠長に歩けないくらいの人がやってくることでしょう

私は三千院の奥にある宝泉院が大好きでまた行きたいなと思いました
  1. 2017/09/21(木) 10:32:08 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん

こんばんわ~
大原は本当に長閑な風景が心地よいですね。
シーズンオフですと人も少ないのでなおさらそう感じます。

建礼門院の寂光院での日々に思いを起こしたりしていましたよ。

放火だったそうで本当にもったいないことをしました。
難を逃れた小地蔵尊像は地蔵菩薩立像の胎内に納められていたそうで
桐の箱に入れてあったそうです。
桐は火に強いそうです。
地蔵菩薩立像は焦げて真っ黒ですが残っており、風化防止処理が施され
保存されています。

宝泉院もいいですね~。
またの機会に訪ねてみようと思っています。

温かいコメントありがとうございました。
  1. 2017/09/21(木) 20:59:51 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

この時期の大原寂光院

おはようございます

早くも明日は秋分の日ですね、
公園や街中の道路沿いには真っ赤なヒガンバナが目につきますね。
先日お花で有名な常泉寺へヒガンバナを見にって来ました、
羅漢様とのコラボが素敵でしたよ。

秋紅葉時期には多くの人々で賑わう寂光院でしょうが、
この時期は訪れる人も少なく
静かな中で鑑賞されましたね、
語り部さんからの説明も聞かれたそうで良かったですね~

由緒を持つ古刹、寂光院にまつわる
歴史あるたくさんの情報を聞かせて下さって
有難うございました。

私も出来たら紅葉時期に行ってみたいと思いながら
なかなか実現できてません。

  1. 2017/09/22(金) 08:43:30 |
  2. URL |
  3. はたやん #cU5sidCo
  4. [ 編集 ]

はたやんさん

こんにちわ~
こちらは小雨が降り、肌寒い日となっております。
こちらの散歩道にもヒガンバナがあちらこちらで見られます。
群生が見られないのはちょっと残念ですね。
ヒガンバナと羅漢様のコラボいいですね!

寂光院の位置する大原も今は観光客はちらほらですので静かにゆっくり散策できます。
語り部さんは一人でもちゃんと同じように説明してくださるのですよ。
ただ一人生き残った建礼門院徳子さま、同じ女性として心に強く響きました。

紅葉の時期の京都の人出は半端ではありませんので、私も出かけ兼ねています。

温かいコメントありがとうございました。
  1. 2017/09/22(金) 14:14:31 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

大原寂光院

magamikさん お早うございます。
こちらはお彼岸に入ってから急に涼しくなり今日は気温が20℃前後と肌寒いです。

大原寂光院の初秋の季節、人出も少なく落ち着いた雰囲気ですね。三千院へは最近よく訪れていますが、寂光院へ行ったのは数年前で記憶が薄れています。バスを降りてから歩く散策道からの眺めは本当に風情があり20分ほどの道のりも苦になりませんね。
石段の下から見えるこじんまりした山門には栄華を極めた平家一門の建礼門院さんの隠棲の寂しさも感じられますね。
2000年5月の火災のニュースには本当に驚きました。その前の本堂を知っているだけにとても残念な気持ちになりまたよ。再建された直後にも訪れましたが、やはり、新しすぎて今一の実感でしたね。
稲刈りを終えた大原の里、本格的な紅葉の季節を前の、静かな佇まいですね。このような景色を眺めながらの散策に心が和みますね。

  1. 2017/09/23(土) 09:19:31 |
  2. URL |
  3. 高花六無齋 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました。
もう行けそうにもない懐かしい所へ案内していただけました。
景色も、一緒だった人たちのことも思いだしました。
やはり、美しいですねえ。
  1. 2017/09/23(土) 09:36:14 |
  2. URL |
  3. satoyama #-
  4. [ 編集 ]

高花六無齋さん

こんにちわ~
こちらは良いお天気になり、気温は午後でも27℃ほどで過ごしやすいです。

訪れる人もまばらな大原を楽しんできました。
寂光院はこじんまりとした寺院、建礼門院さんの隠棲生活もとても質素なものだったと言うことですが深い悲しみが伝わって来るような気がしました。
2000年5月の放火事件は記憶に残っていますよね。
本当にもったいない事でした。
再建されて12年になりますが、時を刻んだ建物の独特の風格はまだまだ感じられないです。
実は黄金色の大原の里を期待して出かけたのですが伏見と違って寒いところですから稲刈りはほとんど終わっておりちょっと残念でした。
それでも山間の田畑と民家のある風景にはほっとさせられました。

温かいコメントありがとうございました。


  1. 2017/09/24(日) 15:09:33 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

satoyamaさん

こんにちわ~
大原はまだまだ奥ゆかしい長閑な風景が残されており、ほっとさせてくれます。
シニアの男性数人がスケッチしておられましたよ。
どのような構図にしようかとあれこれ思案されているようでした。
satoyamaさんもやはりスケッチに来られたのでしょうか。
学生時代にも訪れておられるでしょうね。
懐かしんでいただけ良かったです~。

温かいコメントありがとうございました。
  1. 2017/09/24(日) 15:17:41 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

京都大原 寂光院

◆9月20日の記事~コメントで~す!
v-216!(*^_^*)!MagamiKさん、お早うございま~す!
9月最後の週が始まりましたが、お互いに今週も元気に充実した日々を過ごしましょ~!

@('_')@・ご案内有り難うございます。ショットと説明を見ながら居ながらにしてゆっくりと楽しませて頂きました。v-221
今週も素敵なブログやフェイスブックを見せて頂くのを楽しみにしております。
☆今日の★「FaceBook」~拝見!→✔・いいね!済。

:(*^_^*):今朝のブログへのお誘いv-216<↓>
*少し遅くなりましたが、大阪の西国霊場4番と新西国霊場4・7番の編集が出来上がりましたのお付き合い頂ければ幸せま~す!
ご覧頂いた感想コメントも楽しみにお待ちしていま~す!
◇それではまた!バイ・バ~ィ!v-222
  1. 2017/09/25(月) 08:02:45 |
  2. URL |
  3. ひろし爺1840 #KCehlBDg
  4. [ 編集 ]

大原

静かなたたずまいの大原
里の風景が何か心癒されますね
寂光院
静寂の中に身を置くと自然に心も穏やかになりますね
一緒に歩かせていただきました
  1. 2017/09/25(月) 15:49:14 |
  2. URL |
  3. みーばあ #ofxKis3k
  4. [ 編集 ]

ひろし爺1840さん

こんばんわ~
9月も残り少なくなってきましたが過ごしやすくなりお出かけも楽になってきました。
いつも見ていただき”いいね”嬉しいです~。
大阪の西国霊場4番と新西国霊場4・7番、楽しみにお邪魔させていただきます。
お誘いありがとうございました。
  1. 2017/09/25(月) 21:35:07 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

寂光院と平家物語

大原寂光院 平家物語の健礼門院ゆかりの地なのですネ
洛北大原三千院は大好きで 良く歩きました。
大原寂光院の事は記憶がおぼろで magamikさんの写真を記憶をたどりながら見させていただきました。
平家物語冒頭の一節「沙羅双樹の花の色・・・」の沙羅双樹の花(ナツツバキ)が咲いているといいなと思いましたが 夏に咲く一日花 今の季節に沙羅双樹の花は無理ですネ
ナツツバキは母が好きで 植えましたが二年ほどで枯れて・・・惜しいことをしました。

若い日に歩いた大原の里を懐かしく思いました
ありがとう!
  1. 2017/09/25(月) 21:37:08 |
  2. URL |
  3. はなこ #-
  4. [ 編集 ]

みーばあさん

こんばんわ~
大原は里山の美しい風景が残されていていつ尋ねても
ほっとした気分になります。
おっしゃるように心穏やかに散策してきました。
また季節を変えて訪ねてみたいです。

温かいコメントありがとうございました。
  1. 2017/09/25(月) 21:40:42 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

はなこさん

こんばんわ~
寂光院は三千院と反対の方向に20分ほど歩きます。
建礼門院の菩提を弔う日々に思いを馳せていました。
沙羅双樹は花子さんのお母様が大好きだったんですね。
もう一度植えて見られては?今度は大丈夫かもしれませんよ。
若い日を懐かしんでくださり良かったです~。

温かいコメントありがとうございました。
  1. 2017/09/25(月) 21:51:08 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

伏見の街 (78)
未分類 (54)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (132)
歴史 (15)
生き物 (20)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。