ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

京都大原・三千院・勝林院・大原陵

ヒメリュウキンカ 我が家のベランダではヒメリュウキンカ
が咲いてくれた。今年は8つ咲いた。
 21日夕方、伏見宇治川派流沿いの
ソメイヨシノが開花してるのを発見。
ちなみに京都の標本木は二条城にある。
 桜の開花と共に冬鳥たちは姿を消した。
 心待ちしていたヒレンジャクは今冬
とうとうやってこなかった・・・
暖かいのは有難いが気持ちは複雑・・

 


3月17日、晴れ
京都駅よりバスで1時間の京都市左京区大原を尋ねました。
大原の里はかつては貴人や仏教修行者の隠棲の地として知られています。
そして大原は日本で初めての仏教音楽『声明』(しょうみょう)が生まれた地でもあります。

大原

三千院
天台宗の寺院、本尊は薬師如来、開基は最澄。
明治4年(1871年)比叡山から大原の里に移されました。
門跡寺院(もんせきじいん)としての風格があります。
高貴な人が世俗を離れて、仏の道に入ったお寺でもあります。

本堂の宸殿より往生極楽院を眺める庭園有清園(ゆうせいえん)
杉木立と苔の大海原の美しさは格別で”東洋の宝石箱”
称賛されたという事が大いにうなずけました!
その苔の中になんとも愛らしい”わらべ地蔵”が6体おられ、
ほのぼのとした温かな気持ちになりました。

三千院

勝林院 
  1013年建立  天台宗の寺院  本尊 阿弥陀如来   開基は 円仁  
  「声明」の根本道場として大原に初めて開かれた御堂
  顕真と法然との大原問答(宗論)が行われたお寺でもあります。
   ※念仏によって極楽往生が出来るか否かを論争した。

   法然上人は凡夫往生の道、つまり機根(心の能力)比べは学問上の問題ではなく
   「現に今、自身はどうなのか、そしてどうするのか。この事実の前にはいかなる理論も
   通ず、一歩譲らなければならない」と説かれたそうです。
   どんな人でも極楽浄土へ生まれ変わると知った聴衆は大変喜び、三日三晩、断えることなく
   念仏を唱え続けたそうです。

   このお寺では立派な阿弥陀如来像の撮影もOKでした。
   また、その横に設けられたボタンを押せば「声明」を聴くことが出来ます。

 勝林院

三千院の北側には
第82代 後鳥羽天皇(十三重塔)、 第84代 順徳天皇(円丘)の大原陵(おおはらのみささぎ)がありました。 

後鳥羽天皇(1180~1239年)
    1180年 高倉天皇の第四皇子として誕生。
    1183年 天皇即位
    1198年 天皇退位、後鳥羽上皇となる。
    1221年(承久3年) 承久(じょうきゅう)の乱にて敗れる。
         ※後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げて敗れた反乱。
           隠岐(島根県)へ配流となる。
    1240年 19年にわたる配所生活の後、60歳で崩御。 

 順徳天皇(1197~1242年)
     1197年 後鳥羽天皇の第三皇子として誕生
     1210年 兄土御門(つちみかど)天皇の譲位を受けて14歳で即位
     1221年  承久の乱に敗れ、佐渡(新潟県)へ配流となる。
     1242年  在島21年後、46歳にて崩御

 ooharamisasgi.gif

季節がら訪れる人の少ない大原の里は時がゆっくりと流れているようで、慌ただしい日々の生活から
解放され、くつろぎのひと時を過ごすことが出来ました。

三千院の様子をデジブックにまとめてみましたのでお時間をとらせますが
ご覧いただければ嬉しいです。(お急ぎの方は早送りでご覧ください)
わらべ地蔵さまはとっても愛らしく誰もが癒されますよ。

フルウインドウで見るをクリックし、拡大してみてくださいね。













  1. 2016/03/23(水) 10:30:50|
  2. おでかけ
  3. | コメント:12
<<宇治川派流の春とフォト俳句集 | ホーム | 京都伏見の河津桜と愛らしいメジロさん>>

コメント

わらべ地蔵

こんばんは~
今日は朝のうちはとても寒い日でした
寒の戻りというやっぱりあのまま暖かくはならないのですよね

ヒメリュウキンカは私のところでもどんどん増えるので
どうしたものかと思いますが~真夏には無くなるのでそれほど邪魔にはなりません
桜の開花もどんどん進んできてやがて日本全国がピンクに染まることでしょう

大原の里は私も何度行ったことでしょう…叔父が近くにいたので何度か一緒しました
本当に何度行っても素晴らしいところですね
特にわらべ地蔵は何度見ても心がなごむ風景です
私もこの池の近くのわらべ地蔵が大好きなんですよ
いつも私はこの大原女の道を横切って広い畑のある方へ出るんですよ
なかなか出口が見つからない時もあり、高いところからよいしょっと飛んで降りた時もありました

勝林院は阿弥陀如来様が優しいお顔ですね
後鳥羽天皇、順徳天皇の大原廟には行ったことがありませんが静かな雰囲気が伝わってきます
有難うございました



  1. 2016/03/24(木) 19:00:15 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは
紅葉の季節に一度だけ訪れたことが有ります
懐かしく拝見いたしました
静かなたたずまいは、ゆっくりと歩きたい所ですね~
詳しくご案内頂いてもう一度行きたくなりました
すてきなところですよね
  1. 2016/03/24(木) 20:21:11 |
  2. URL |
  3. みーばあ #ofxKis3k
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん!

こんばんわ~
こちらも冷たい一日でした。
数日続くそうですので体調管理気をつけないといけませんね。

ヒメリュウキンカは結構丈夫でベランダで頑張ってくれてます。
今年は植木鉢をもう一回り大きくしてあげないといけなくなりました。

桜の開花宣言は京都では昨日でした。
日本列島は仰るようにまもなくピンクに染まりそうです。

大原の里は地下鉄を使えば我が家から1時間ほどで行けるようになりましたので、季節をかえて人の少ないときにまた出かけてみようと思います。
緑の苔の美しさもいいですね。
わらべ地蔵は本当に癒しの効果抜群ですね。
次回は棚田なども散策してみたいです。

勝林院さんの阿弥陀如来様、立派で美しいお顔をされてました。
御堂は全てケヤキの木で造られているそうで珍しいですよね。

大原陵は三千院と勝林院との間にありますよ。
ちょっと奥まっており、一人でお参りしてましたら、
係りの方がわざわざ出てこられて色々説明をしてくださいました。

温かいコメントありがとうございました。
  1. 2016/03/24(木) 21:22:09 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

みーばあさん!

こんばんわ~

紅葉の時の素敵なDB鮮明に覚えておりますよ。
本当に美しい作品でしたから~。

人が多いとなかなかゆっくり見られないので、あえてシーズンオフを狙って出かけるようにしています。
ゆっくりのんびりで2時間ほど散策させてもらいました。
自宅から地下鉄を利用すれば1時間ほどで行けれますので少しずつじっくり見るようにしています。

季節をかえてまたお越しください。
紫陽花もたくさん植えられてますからそのころも良いかと思います。

DB共々温かいコメントありがとうございました。
  1. 2016/03/24(木) 21:31:58 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

大原・三千院 なんと口ずさみやすい名前でしょう。
訪れてからはもう何十年にもなりますから、ほとんどおぼえていません。
デジブックの沢山の写真を見ていますと、そういう環境の中に身を置いているような気分になりました。
ありがとうございました。
  1. 2016/03/25(金) 19:07:02 |
  2. URL |
  3. satoyama #-
  4. [ 編集 ]

satoyamaさん!

こんばんわ~

永六輔・作詞、いずみたく・作曲の歌

 ♪京都大原三千院
  恋に疲れた女がひとり~♪

という歌があるくらいですから本当に響きが良いですよね。
ついつい口ずさんでしまいます。
歌の歌詞にぴったりの雰囲気のところでした。デジブックも見ていただきありがとうございました。


  1. 2016/03/25(金) 20:52:52 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

大原三千院 白黒写真時代の思い出の場所です
magamikさんの写真を見て懐かしくなりました。

>三千院の北側には・・・順徳天皇の大原陵がありました。
2013年5月佐渡旅行で 「順徳上皇の黒木御所跡」へお参りいました。
上皇は帰京することを唯一の心の支えとされていたが幕府は認めず「存命益なし」と絶食して果てられたということです。
あの順徳天皇のみささぎが京都大原にあるのですネ

今年は花粉症で外出を控えています
 
  1. 2016/03/26(土) 10:47:57 |
  2. URL |
  3. はなこ #jsNfsqBI
  4. [ 編集 ]

はなこさん!

こんばんわ~

懐かしい思い出の地なんですね。
順徳天皇は若くして佐渡へ配流になって
仰るように京へ帰る日を心の支えに生きて
おられたのですが認められなかったのですよね。

京都大原の里で父君の後鳥羽天皇と共に祀られています。
京に帰れてほっとしておられrことでしょう。

花粉症、辛いですね、春を思うように楽しめなくてお気の毒です。
早くおさまりますように・・・。

温かいコメントありがとうございました。



  1. 2016/03/26(土) 19:46:23 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

大原三千院

magamikさん こんばんは!
こちらは寒の戻りで桜の開花が足踏みしているようです。来週から春本番との予報、花見を楽しみにしています。
magamikさんのお家のヒメリュウキンカは待ちかねた春を敏感に感じて咲いたようですね。宇治川流派の桜も咲き始め、朝の散歩が一層楽しくなりますね。

大原三千院の春本番前の景観をきれいに撮影されましたね。昨年の4月に訪れた時のことを思い出しながら、DBも拝見しました。
目を閉じると大原女の小径を通り、門跡に至る周りの景色がはっきりと浮かんできます。三千院は私の大好きな所でもう何度も足を運んでいますが、決して飽きることがありませんね。特に、桜の季節、紅葉が素晴らしいですね。
宸殿の廊下に座って眺める苔の海原には心を癒されますね。苔の絨毯の上で微笑むわらべ地蔵を見ていると思わずこちらもほほ笑んでしまいますね。私も今まで何度も撮影しましたね。
苔の間の参道を歩いている少女の写真は秀逸の構図ですね。ノスタルジックな感じがします。
ショウジョウバカマ、ワサビの花、トサミズキの花、春を感じて早く咲く花ですね。
有難うございました。
  1. 2016/03/26(土) 21:01:35 |
  2. URL |
  3. 高花六無齋 #-
  4. [ 編集 ]

高花六無斎さん!

おはようございます。

こちらも春が足踏みしてるような日々が続いています。
来週から、春は本番となるのですね。

ヒメリュウキンカは我がベランダで春を告げてくれる貴重な花と
なっております。

大原三千院を美しい画像で紹介くださったのを鮮明に覚えておりますよ。
人の少ないこの時期もいいものですね。
静かで心置きなく見て回ることが出来ました。
鮮やかな緑の苔の海原は心に深く沁みました。
愛らしいわらべ地蔵さんの前ではしゃがみこんでしばらく眺めておりました。
何時まで見ていても飽きませんね。
カメラを構えてる前に突然少女が現れ、急いでシャッターを押しました。
自分でもお気に入りの一枚となりました。
褒めていただきありがとうございます。
春を告げる花たちが咲き始めている三千院でした。

デジブック共々見ていただき
温かいコメントありがとうございました。





  1. 2016/03/27(日) 11:43:55 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

大原三千院

こんばんは~

暖かくなってきましたね、この分だと桜の開花も
進むものと思われます。
このところ花粉症がひどくて難儀してますよ。

大原三千院の素敵なデジブック再度にわたって
拝見しました。
静かな佇まいの中の大原三千院は遠い昔に行った
時の記憶を思い出させてくれています。

中でもやはり苔の大海原の美しさ、さらには
愛らしいわらべ地蔵さんの姿に大いに癒されましたよ。
画像を見ていて私もいつの日か訪れたくなりましたね。

素敵な画像で紹介くださって、ありがとうございました。
  1. 2016/03/27(日) 21:32:15 |
  2. URL |
  3. はたやん #cU5sidCo
  4. [ 編集 ]

はたやんさん!

おはようございます。
こちらの宇治川派流の桜は2~3分咲きとなっています。
折角のお花見が花粉症ではつらいですね。

DB再度見ていただき嬉しい限りです。
遠い昔のことを思い起こしていただきことが出来たことも嬉しいですよ。

苔の大海原は本当に見事で目にも爽やかでした。
わらべ地蔵さんは人気の的のようですね。
愛らしい姿にほっとさせられました。

私も季節をかえてまた訪れてみたいと思っております。
はたやんさんも是非お出かけくださいませね。

温かいコメントありがとうございました。







  1. 2016/03/28(月) 09:58:36 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

伏見の街 (65)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (105)
歴史 (15)
生き物 (18)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR