ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

つくしと葭原

 3月4日、薄日のさす朝となっています。
ベランダの温度も9℃と暖かです~。

 宇治川沿いを散歩してますと鶯の澄んだ鳴き声が
聞かれるようになりました。

 昨日堤防の土手で『土筆』を見つけました!
春の使者、土筆は一日で1㎝ほど伸びるそうですよ。
そして3億年も前から生き続けているといわれてます。
畑などに生えるとなかなか根絶するのが難しい植物ですものね~。
そのくらい頼もしくないと生き延びられないのですね。

土筆を見ると「春が来たんだ!」と心も浮き立ちます。

つくし1  つくし3


(ロールオーバ-で2枚ありますよ)
<<


 伏見を流れる宇治川の南側には広大な葦・葭原が見られます。
その中ほどに葭が刈り取られ、丁寧に束ねられて干されているのが
目につきました。

葭原1

 近づいてみるととても高く3mくらいはあるように思いました。
こういった光景を目にするのは久しぶりのことです。

 豊かな自然の葭(よし)を使って、春は緑茶のおおい用、夏はすだれに、
年末は晦日蕎麦の”せいろ”にと年間を通して需要があったそうです。
また特殊なものとしては雅楽の篳篥(ひちりき)の材料にもされたそうです。

それらの製造を生業とする家が三栖(みす)村にはたくさんあったのが、
今は一軒のみになってしまったそうです。

 盛んなときは店先に何十人もの老人が世間話を楽しみながら
年中葭つくりに精をだしたということです。


(ロールオーバーで2枚ありますよ)
<<


              昔ながらの職人さんによるすだれつくり          

            すだれ

 
            

 干されてる葭の傍らに赤い機械がおかれていました。
おそらく葭を刈るためものでしょう。
昔は鎌で刈られていたのですが・・・

(ロールオーバーで2枚ありますよ)
<<


 天然の素材を使った、すだれや、せいろ、風合いもあって素晴らしいなと思います。
エコにもなりますし、今一度見直されることを願っています。






  1. 2015/03/04(水) 09:50:00|
  2. 伏見の街
  3. | コメント:20
<<一本の早咲き桜とオシドリのデジブック | ホーム | 四辻の四つ当たりと伏見御坊跡>>

コメント

葭と葦

こんにちわ 今日はこちらでも驚くようなポカポカ陽気です。

そちらではもう土筆が顔を出しているのですね。やはり温暖ですね。
こちらでは土筆のつのじも見えません。野原はまだ冬の姿で、南面の日溜まりに
蕗のとうが僅かに芽生え始めた程度です。日差しは春でもまだその恩恵を
100%受けていません。目に鮮やかな春にはもう少しの辛抱ですね。

今回の記事はのっけから難しい漢字の出現となりましたね。
magamikさんのことですから十分な知識の上に使われた文字だと思いますが
葭と葦の意味は同じですが違う使われ方をしているのには訳があります。
葦は(悪し)の音に通じ縁起が悪いところから「あし」とは決して読まない
葭(よし)の字を当てたとのことです。通説なので他にも説はあるでしょう。
日本語の難しいところですね。
一説には関東では葦を「あし」と読みますが関西では「よし」と読むとのこと。

いずれにしても葭原を刈り取って束ねて干し、夏の簾などのように季節ごとの
自然の恵みを利用する準備は日本の風物は確かな春の訪れを感じますね。
各画像共に素晴らしく美しいです。
  1. 2015/03/04(水) 15:11:05 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

松ぼっくりさん!

こんにちわ~
こちらは日差しは暖かですが風が結構強いです。

土筆が顔を出し、春らしくなりました。
今日散歩してましたら土筆を摘む男性に出会いましたよ。
奥さんにお料理してもらうそうです。

葦と葭、私もネットで調べてみました。
縁起をかついで『ヨシ』と読むところは面白いです。
日本語は本当に難しいですね。
いつも色々教えてくださり、ありがたく思っております。

画像褒めていただき嬉しいです。

コメントありがとうございました。




  1. 2015/03/04(水) 16:43:13 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

つくし
春だ~とうれしくなりますよね
もうつくしが出ていたんですね~
葭、大きいですね
3メートルにもなるんですね
簾とかいろいろに使われてきたんですね
先人の知恵天然素材を上手に使って本当のエコですよね
でも、今は、手間暇かかる事は中々難しい時代なんですね
持って見直されると良いですよね
  1. 2015/03/05(木) 18:08:52 |
  2. URL |
  3. みーばあ #ofxKis3k
  4. [ 編集 ]

天然素材のすだれ

こんばんは~

ようやくこちらも春めいてきましたよ、
土筆が顔出しましたね、
暖かい春を感じる光景でしょうかね。

宇治川が流れるそばにはこのような葭原が
見られるのですね、
最近はなかなか見られなくなって来てますので
貴重なものですよね。

天然の素材による簾などはたぶん高価なものなんでしょうね
昔ながらの職人さんの手作りスダレは貴重品ですよね、
これからも末永く残して行って欲しいものですね。

素敵な画像と説明を有難うございました。
  1. 2015/03/05(木) 19:52:16 |
  2. URL |
  3. はたやん #cU5sidCo
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは~
土筆が顔を出していますね
私も最近近くで撮ってきたら、小さいカメラなので良く撮れませんでした
春本番は来週からだそうですが、4日はこちらでも20℃近くになり、暑い位でした

アシは昔から使われてきた天然のものなので不要になると腐って土にかえります
スダレやセイロは今も私のところでは使っていますが、このように3mにもなるんですね

この職人さんのようにスダレ作りを続けていらっしゃる方も少なくなっていることと思います
今は多分東南アジアからの輸入品が多くなっているのでしょう

こうして宇治で作られる品物は職人さんがきっちりと作られるのできっと高価なものなのだと思います
京都の町にはやはりこういう自然のものが似合いますから、いつまでも作り続けていただきたいですね
こちらには河原遠くまで行かないと見られませんし、ヨシ等も生えているのかなあ~とあまり見たことがありません
春の足音がだんだんと大きくなってきました
楽しい春が!!   有難うございました
  1. 2015/03/05(木) 20:08:03 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

No title

土筆 元気に育ってますネ
よしを加工してすだれを作って・・・貴重な写真を見せていただきました
よし原の風景 残してほしいです

はなこ地方のすだれはほとんどが中国製 日本製は入手困難になりました
寂しいことです

  1. 2015/03/05(木) 20:33:19 |
  2. URL |
  3. はなこ #jsNfsqBI
  4. [ 編集 ]

みーばあさん!

おはようございます。

つくし通るたびにまだか、まだかと見ておりました。
ついに見つけ嬉しくなりました。

葭、近寄ってみると思っていたより長かったです。
天然の素材は使用後も土に帰りますし、養分にもなります。
このようなエコ製品をもう一度見直す必要がありますね。
子々孫々のためにもそのように思います。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/03/06(金) 08:55:23 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

はたやんさん!

おはようございます。
日当りの良い土手で土筆がたくさん顔を
出しており、本格的な春が来たように思いました。

宇治川のわきには広大な葭原があります。
ブルーの端の向こう側もそうですからかなり広いですよ。
ここは夏には巣立つ前のツバメの宿にもなってます。

国産の天然素材を使った簾は確かに高価です。
外国の安価なものに押されてしまってますね。
葭も刈り取ってあげない良いものが育たなくなると
聞きました。

何とか良い方法を見つけていつまでも残したいですね。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/03/06(金) 09:09:57 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん!

おはようございます。

つくしを見ると春を強く感じます。
また20℃とは凄いですね。
お花も一気に開花しそうですね~。

葦のように天然素材で作られたものは不要になれば、土に帰り
養分にもなりますが、ビニール製品などは早々には腐りませんものね。

伏見でも職人さんはおひとりになってしまってるそうですから、あとを
次ぐ方がいるのか心配です。
日本の職人は良い仕事をされますから、続けていただきたいですよね。
葭も毎年刈り取ってあげないとよいものはできないと聞いてます。

コーナンなども店に行きましてもほとんど東南アジア製品ですね。
値段が手ごろですから・・・

新芽がふき、緑に染まる葭原を見るのが楽しみです~。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/03/06(金) 09:27:16 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

はなこさん!

おはようございます。
土筆、元気にどんどん成長してますよ。
このような景色には癒されますね。

職人さんがすだれを織り上げる姿貴重ですね。
葭原の風景も残してほしいですよ。

こちらも同じですよ。ほとんどは東南アジア製品です~。
これでは日本の良きものが消えてしまいますね。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/03/06(金) 09:39:51 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

春の到来

!(*^_^*)!Magamikさん、お早うございま~す!

@('_')@土筆を見ると春が来たんだな~と感じますね。
此方も今朝は大分暖かくなり朝のウオーキングもし易くなりました。

*('_')*ブログへのお誘い!
今日は世界遺産の島・宮島に有る、広島新四国88ヶ所の札所のご案内をアップしましたのでお付き合い頂ければ幸せます。
!(^^)!ご覧になった感想を頂くのを楽しみにお待ちしていま~す!
*素敵な週末をお過ごし下さ~い!バイ・バ~ィ!!
  1. 2015/03/06(金) 09:59:26 |
  2. URL |
  3. ひろし爺1840のGooブログ #KCehlBDg
  4. [ 編集 ]

No title

magamikさん こんばんは!
気温の変化は激しいですが、春先にはこのような日々がありますね。
もうすぐ本格的な春、カメラ片手の散策が楽しくなりますね。

宇治川沿いの散歩でつくしの坊やを見つけましたか。やはり川の堤は暖かいのでしょうか。私も昨日里山散策の途中で毎年見られる土筆の群生地で探しましたが数本しか見ることができなかったですね。でも見つけた時は春到来を実感しましたね。
土筆に近寄り、ひざをついて撮影された思われる土筆がとても素敵ですね。magamikさんの土筆に微笑み、優しく声をかけてている姿が想像できますよ。

冬枯れの葭原も陽を浴びていると草紅葉のような美しさがありますね。束ねられ、立てかけある葦はまるで縄文人の住家のようですね。ここの葦は春には緑茶のおおい用、夏はすだれに使用されるほど良質なのですね。すだれを作られている職人さんの使われている道具を見ると昭和20年代の実家で母親が夕食後や雨の日にムシロを編んでいる姿を懐かしく思い出します。そのころの農家ではムシロは稲籾を干すための必需品でしたからね。
昔は鎌で刈っていた葦も今ではコンバインのような機械で刈っているのですね。

素敵な写真を見せていただき有難うございました。




  1. 2015/03/06(金) 20:26:51 |
  2. URL |
  3. 高花六無斉 #-
  4. [ 編集 ]

ひろし爺あ840さん!

こんにちわ~
今日もまた雨となってます。
花や木はこの雨を糧としてぐんぐん育つでしょうね~。
土筆もにょきにょきと伸びてるのではと気になります。

宮島には広島新四国88ヶ所の札所があるのですか?
楽しみにお邪魔させていただきます。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/03/07(土) 14:34:53 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

高花六無斎さん!

こんにちわ~1

 こちらは今日は朝から雨ですよ。
このような日は室内の用事を済ませ晴れの日には
カメラ片手に出かけられるように準備といったところです。

川沿いの土手は日当りが良いですから、土筆も早々と
顔を出したようです~。
土筆目線でたくさん写真を撮りました~!
通りがかりの方に「つくしですか?」と声をかけられましたよ。(笑)

冬枯れの広大な葭原はおっしゃるように草紅葉のような美しさがありますね。
でも良い葭をとるには刈り取った方が良いそうですね。
利用されなくなって放置されているのだと思います。
立てかけた葭の中は小さな部屋のようでしたよ。

私の父はサラリーマンでしたが農業も少しやってましたので、藁で「ビク」
という入れ物などを同じような方法で織ってました。
懐かしい光景ですね。
機械で刈っているようでしたので葭刈りも少し楽になったと思うのですが、
需要が減ってすたれてしまうのは寂しいことです。
それも時の流れでしょうか。

コメントありがとうございました。


  1. 2015/03/07(土) 15:04:02 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

宇治川(淀川)葭・・・

 白梅が、いまを盛りにあざやかに咲きほこっています。

葭は、すばらしい篳篥の音色をひきだします。聞きいります。

自然の、恵みはいたるところにありますね。
  1. 2015/03/07(土) 19:42:53 |
  2. URL |
  3. 古曽部庵 #-
  4. [ 編集 ]

古曽部庵さん!

こんばんわ~

梅の花はどこも満開ですね~。
ほのかな香りに心身がリラックスします。

葭原は高槻にもありますね。
篳篥用に大切に保護されています。
葦の出来具合で音色も決まるのでしょうね。

ちょっと目を凝らせば自然の恵みはたくさんありますね。
その恵みを楽しみ感謝する日々ですよ。

体調はいかがでしょう。
くれぐれもご自愛くださいませね。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/03/07(土) 21:32:47 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

土筆とか筑紫とかかれて、かわいい植物ですね。
思いがけないところで目に付くとほっとします。
子供の頃に積み集めて家へ持ち帰選りましたが、
苦かった思い出しかありません。

今日は葦・葭原の風物詩も見せていただけました。
  1. 2015/03/07(土) 22:38:34 |
  2. URL |
  3. satoyama #-
  4. [ 編集 ]

追伸・・・

 寒さも、すこしずつゆるやかになりました。

今年も、にぎやかなブログを拝見しています。スロウ&クイックで展開

くださいますよう。体調も、徐々に回復にむかっています。好きな酒も、

飲めるようになり何よりです。

  1. 2015/03/08(日) 20:30:10 |
  2. URL |
  3. 古曽部庵 #-
  4. [ 編集 ]

satoyamaさん!

こんばんわ~
今日は一日中雨の肌寒い一日でした。

春の使者、土筆は可愛いくてみんな好きです。
子供の頃よく摘みましたね。
山菜好きですので、卵とじなどは楽しみでした。
ちょっとほろ苦いですが、それが何ともいいのです~。

葭原やそれでしだれなどを編む様子などは珍しくなりました。
どこか懐かしさを覚えます。
一軒のみになってしまった職人さんが辞めればこの風景も
見られなくなります。
何とか残ってほしいと思っているのですよ。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/03/09(月) 21:09:18 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

古曽部庵さん!

こんばんわ~

一雨ごとに暖かくなりますね。
いつもブログ見てくださり、感謝しております。

お酒を飲めるほどに回復されたとは素晴らしいですね。
奥様もお喜びでしょう。そのお顔が見えるようです。

私も老老介護の身、日々大切にし、出来ることをして、楽しむように
しております。

無理をなさいませんようにお大事になさってくださいませ。

お知らせくださり、ありがとうございました。
  1. 2015/03/09(月) 21:21:18 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

伏見の街 (68)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (107)
歴史 (15)
生き物 (19)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR