ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

伏見寺田屋殉難九烈士の墓と齋藤酒造

2 月18日、朝から冷たい雨が降ってます。
春が遠のいてしまったような・・・
 先日、歯の定期検診で高槻へ出かけた。
久しぶりに花仲間のKさん、OさんとKさん宅で
昼食をしながらの歓談は楽しく時は瞬く間に流れてしまった。


 さて、下↓の画像は大黒寺の寺田屋殉難九烈士の墓です。
墓石の横にある碑文は「西郷隆盛筆」となっております。
九烈士の墓

 我が家の前の通りを北へ数分行きますと伏見区役所が右側にあり、
そのすぐ先の左側にこじんまりした『大黒寺』があります。

 大黒寺は初めは真言宗の寺「長福寺」であった。
1615年(元和元年薩摩藩主・島津義弘の守り本尊「出生大黒天」に因み
薩摩藩の祈祷所として大黒天を本尊に寺名を改名。

 本殿の奥に、寺田屋事件の殉難者は葬られています。
        有馬新七・柴山愛次郎・橋口壮介・西田直五郎・弟子丸龍助・橋口伝蔵ーー死亡
        田中謙介・守山新五右衛門ーー重傷、切腹
        山本四郎(義徳)ーー帰藩謹慎命令に反し、切腹

 『寺田屋事件』とは1862年4月23日、薩摩藩尊皇派が薩摩藩主の父で事実上の指導者・
島津久光によって鎮撫された事件で『寺田屋騒動』ともいいます。


 藩兵1000名を率い上洛した久光は当時は倒幕の意志はなく、公武合体がその路線であり、
4月13日に伏見に到着した久光は16日に入京し、朝廷より志士鎮撫の命を受ける。

 薩摩藩の過激派(尊王派志士)の暴発を説得しようと寺田屋に鎮撫使を派遣するが、説得できず
激しい”同士討ち”となってしまう。

 その場で6名が斬殺、2名が重傷を負うが後に切腹、1名は帰藩謹慎を命ぜられるが応じず切腹、
9名が殉難九烈士として大黒寺に葬られたのです。

(ロールオーバーで2枚あります)
<<


 大黒寺の檀家総代である清酒「英薫」醸造元、齋藤家の7代目井筒屋伊兵衛は呉服商でした。
その伊兵衛は寺田屋の異変を聞いて、手代と共に現場に駆けつけ、白木綿で志士たちを包み
大黒寺へ葬ったということです。


 9人は藩主の父島津久光の”上意討ち”のため、初めは墓らしい墓もなかったけれど
後に同志の一人西郷隆盛が自ら筆を執って墓碑銘を書き、手厚く葬ったのでした。

 このお寺には今でも九烈士ゆかりの書、歌、肖像、などの遺品が保管されており、
また、明治維新を動かした西郷・大久保らの会談の部屋もそのまま残っているそうです。

(ロールオーバーで2枚あります)
<<


 齋藤酒造は初代井筒屋伊兵衛が江戸時代初期に到来の旅人を相手に呉服商をはじめるも
明治期、主要交通形態が船から鉄道に代るにつけ、明治28年(1895)、九代目齋藤宗太郎氏が
酒造業に転業し、伏見の造り酒屋として今に至ってるということです。

 全国新種鑑評会歴代一位の14年連続金賞を受賞、平成20年より地元京都産米の「祝」で4年連続
金賞を受賞した会社です。

(ロールオーバーで2枚あります)
<<


現在の寺田屋
 1862年に発生した薩摩藩の尊皇派志士の鎮撫事件と1866年に発生した伏見奉行による
坂本龍馬襲撃事件の舞台となった寺田屋は四季を問わず訪れる人が絶えません。

 しかし、幕末当時の建物は鳥羽・伏見の戦いの激戦地であったため兵火で焼失。
現在の建物は後の時代に当時の西隣に建てられたものであると公式に結論されています。

 にもかかわらず、人気なのは旧宅に習う形で明治期に建てられており、昔ながらの面影を
感じさせるのに十分だからでしょう。

寺田屋

※大黒寺の位置は
   京都市伏見区鷹匠町4
  
  齋藤酒造(株)の位置は
    京都市伏見区横大路三栖山城屋敷町105
  
  寺田屋の位置は
     京都市伏見区南浜町262
  1. 2015/02/18(水) 09:00:00|
  2. 歴史
  3. | コメント:22
<<四辻の四つ当たりと伏見御坊跡 | ホーム | 憧れのオシドリに会えました~!>>

コメント

行きましたよ

ここには、高校の同窓生たちと訪れました。寺田屋は移築ではなく、新築なんでしょうか?刀傷が建屋の中に残っていたような記憶がありますが、ありえない話か?
  1. 2015/02/18(水) 23:41:27 |
  2. URL |
  3. なりひら(しっぽ) #DhbrllUw
  4. [ 編集 ]

至福のひととき・・・

 旧友との、談笑の光景がうかびます。

伏見は、交通の水路ターミナルであり幕末の重要な拠点でありました。

薩摩藩を、久光がたばねようとしての騒動が寺田屋事件でした。

明治天皇の御陵は、天皇のあつい京都へのおもいであります。

老舗の酒蔵や歴史などなど、ふりかえりました。

  1. 2015/02/19(木) 11:02:38 |
  2. URL |
  3. 古曽部庵 #-
  4. [ 編集 ]

なりひらさん!

こんにちわ~

寺田屋は移築ではないようですよ。
お龍さんが入っていたお風呂場も登記がお龍さんの死後に
なってるそうです。
寺田屋のお登勢さんには子供さんはいなかったそうで、
現寺田屋の経営者は縁もゆかりもない方だということです。
刀傷も見ましたが、ちょっとおかしいですね。

とにかく、この界隈は全焼したそうです。
建物跡には碑などもありますから、良しということでしょうか。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/02/19(木) 15:32:10 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

古曽部庵さん!

こんにちわ~

 伏見は京都の中でも輝く存在ではないように思いますが、
住み慣れるにつけ、歴史の町であることを痛感しますね。

日本史を語るには外せない重要な地が伏見なんですね。
地元で京都を深く勉強しておられる女性から、京都の街は
あらゆるものが何らかの形でつながってるから、学んでみると
面白いですよ、と言われたのが心に残っています。

歴史音痴に良い勉強の場を与えられたと思ってます。
つながりが少しずつ解けるのが面白いです。

コメントありがとうございました。

  1. 2015/02/19(木) 16:41:53 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

寺田屋→池田屋→近江屋

こんにちは こちらは大雪どころか少しちらついただけでした。

ようやく幕末の京都の複雑な時代の幕開けという歴史的な場所の記事になりましたね。
このあたりから尊皇派と佐幕派の争いが活発になり薩摩藩、土佐藩、長州藩などと
京都守護職や新選組などが入り乱れた混沌期に突入しますね。

寺田屋は2度の事件で有名ですね。最初の事件で粛清された薩摩藩の過激派で死亡した
結果的に9人の墓が大黒寺にあるのですね。magamikさんのお住まいからも近いようですね。

寺田屋事件で現在の寺田屋に人気があるのは、言うまでもなく第二の事件が
関係しているからでしょうね。仲間と会っていた坂本龍馬が伏見奉行所の捕手などに襲撃されましたが妻おりょうの機転で危うく難を免れました。
その際拳銃数発を発射したことは余りにも有名ですよね。
この事件から近江屋事件後まで幕末の混乱期は尊い人命を多数失いました。
京都に住まない人でもこれなどの知識は自然に伝わりよく知られていますね。
それにしても羨ましいくらい歴史の宝庫に埋もれているmagamikさんです。

桜や紅葉の京都も良いですが、今度京都を訪れた際には斎藤酒造などの歴史的な京都の商家の名残や現在の様子などゆっくり訪ねてみたいものです。
  1. 2015/02/19(木) 18:34:26 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

久しぶりに花仲間との再会でお話が盛り上がったことでしょう
大黒寺の寺田屋殉難九烈士の墓がお近くにあるんですね
西郷隆盛筆とは~
坂本竜馬襲撃事件の舞台や薩摩藩の尊皇派志士の鎮撫事件等の舞台がすぐそばにあると言うことは
いつでも歴史に触れられるって感じがします

斎藤酒造も近いのですね
私は今までにどのくらい酒造会社を訪れたでしょう・・・いつも試飲するのはジュースです
それ位お酒はだめなんですよ
頂いたお酒は我が家では全部調味料になります(笑)

春がすぐそばに来ている感じがしますね。今日も夕方帰ってくるときはずいぶん明るくなったなあ~って思いました
  1. 2015/02/19(木) 18:46:50 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

松ぼっくりさん!

こんばんわ~
こちらは朝から雨が降ったりやんだりでした。

伏見は一見庶民的な町ですから、京都らしくないような雰囲気ですが、
日本史を語るには欠かせない重要な場所であることを痛感します。
9人の墓が大黒寺にあることを地元の方に聞き、数回訪れています。

この事件はあまりにも有名ですから、歴史音痴の私がブログに載せるには
勇気がいりますね。
齋藤酒造さんとの関わりを知って、載せることにしました。

鳥羽・伏見の戦いも数か所は訪ねていますが、恥ずかしながらまだまとまっていません。
無知は本当に困ります~。
龍馬通りや寺田屋の前はいつも通っております。
酒蔵も多いせいでしょうね。
冬でもマップ片手に散策される方々によく出会いますよ。

京都伏見へお越しの節はお知らせくだされば、案内させていただけるかと思います。
もっと、もっと歩いて調べなくちゃ、いけませんが・・・

コメントありがとうございました。
  1. 2015/02/19(木) 20:49:20 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん!

こんばんわ~

花仲間との再会はとても楽しみで話が尽きないですね。
今度は伏見に来てもらうことにしました。

大黒寺さんはこじんまりとしていますから、教えていただかないと
気がつかないですね。
歴史上の大舞台がすぐそこにあるのですから、凄いところに
住んでるなぁと思うこのごろです。
もっと、歴史に詳しいとよいのですが・・・

花ぐるま家はお酒とは縁の薄いご家庭でしたね。
今は、どのお店でも酒粕が売られています。
しっとりとして美味しい酒粕ですよ。

日が長くなりましたね。
京都でも夕方6時過ぎまでほのかな明るさがあります。
お花が最も多い時期ももうすぐですね。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/02/19(木) 21:02:30 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

magamikさん こんばんは~
>花仲間のKさん、OさんとKさん宅で昼食をしながらの歓談・・・
そうでしたか お話が弾んだことでしょう いい一日でしたネ

伏見は歴史がいっぱいで
最後の写真 歴史好きの観光客でしょう 面白いです 

  1. 2015/02/21(土) 19:52:31 |
  2. URL |
  3. はなこ #jsNfsqBI
  4. [ 編集 ]

はなこさん!

こんばんわ~
花仲間との歓談は楽しくて、良い息抜きが
出来ました。
次回は伏見へ来ていただくことにしました。

伏見は歴史一杯の街ですね。
休日になりますと若い方が結構来られます。
寺田屋の写真を撮ったり、庭の碑をみたり、
寺田屋の部屋を見学したりと賑やかです~。

この狭い道は観光バスも走りますので
結構あぶないです。

コメントありがとうございました。

  1. 2015/02/21(土) 20:20:30 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

おはようございます。
伏見は歴史上で重要な場面がいくつもありますね。
素晴らしいところにお住まいですわぁ。
寺田屋は一度も行ったことがありませんが
今も人が絶えないってやはり人気がありますね。
酒造会社も素晴らしいですねぇ~
昔ながらの風情を感じさせてくれる伏見の
ご紹介嬉しいですわぁ。
いつもありがとうございます。
  1. 2015/02/22(日) 05:50:52 |
  2. URL |
  3. ムームー #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

暖かかった昨日とは違って
今日は一転して小雨が降り続いていて寒いですよ。
春はまだ先のようですね~

久しぶりに花仲間の皆さん方との再開は
さぞや楽しかったことでしょう。

寺田屋事件の殉難者九烈士のお墓が
お住まいの近くの大黒寺にあるのですね
伏見は歴史的に見ても大いに興味がわきますね。
良いところへお引越しされましたね。

伏見・斉藤酒造の銘酒「英勲」は特に有名ですね
飲んでみたいものです。

坂本龍馬襲撃事件の舞台となった寺田屋だけに
やはり何時でも人気が有るのですね。




  1. 2015/02/22(日) 10:33:21 |
  2. URL |
  3. はたやん #cU5sidCo
  4. [ 編集 ]

ムームーさん!

こんばんわ~

伏見は日本の歴史を語るには欠かせないところですね!
少しずつ分からないことがひも解けてくると嬉しくなります。

寺田屋はとっても人気で、寒いときですのに訪れる方が
多いのに驚きます。
酒造会社も30社ほどあるようですよ。
齋藤酒造さんも素晴らしく、先日孫たちは学校から
社会見学に行ってきましたよ。

また、学んで紹介しますので見てくださいね。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/02/22(日) 19:17:58 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

はたやんさん!

こんばんわ~

こちらも小雨の降る寒い一日となり、
春はもう少し先になりそうです~。

気心の知れた花仲間とは会話も弾みます。
3月は伏見に来てもらうことにしました。

殉難者の墓はほんとに近くです。
当時彼らはこの界隈を闊歩してたことにもなります。
不思議な気がします。

孫たちが齋藤酒造に先日社会見学に行き、お土産に
酒粕入りの飴を土産にもらってきました。
酒粕の味のする結構美味しい飴でしたよ。

寺田屋は若い方々も休日には来られますね~。
やはり有名な坂本龍馬襲撃事件の寺田屋を
見ておきたいということでしょうね。

寺田屋の前を通り、宇治川派流へヒレンジャクを
見にいってますよ。

コメントありがとうございました。

  1. 2015/02/22(日) 19:38:55 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

伏見寺田屋殉難九烈士の墓

magamikさん こんばんは!

京都は平安の昔から明治(江戸末期)の初めまで日本の歴史の中心地でしたから、いろんな史跡があるのですね。幕末は特に倒幕、公武合体をめぐり血なまぐさい事件があちこちで起きましたからね。薩摩藩でも島津久光派と斉彬派との間で意見の食い違いにより小さな内紛があったようですね。
伏見寺田屋殉難九烈士の墓はそのようなことが背景にあって起こった事件のようですね。斎藤酒造さんの先祖は事件の犠牲者を悼み、供養を行ってきたのでしょうね。
寺田屋と言えば坂本竜馬襲撃事件が有名ですが、薩摩藩の内紛にも関連していたとは初めて知りました。
これかもぜひ界隈の歴史を紹介ください。
  1. 2015/02/22(日) 20:15:55 |
  2. URL |
  3. 高花六無斎 #-
  4. [ 編集 ]

No title

大きな時代の流れにかかわるものが、身近な、他人事で無い、ほんの少し前の
ことだったような気になりませんでしたか。
建て替えられたものであっても、寺田やを訪れるのは、そういう気分には垂れる
からなのでしょうね。
  1. 2015/02/22(日) 20:26:06 |
  2. URL |
  3. satoyama #-
  4. [ 編集 ]

京都寺田屋事件

!(*^_^*)!Magami-kさん、お早うございま~す!
お越し頂きコメントやグッドを有り難うございました。
気候の変わり目は体調を崩し易いと言いますのでお互いに気を付けて今週も充実した毎日をすごしましょ~!

@('_')@歴史上有名な事件ですが、大黒寺や斉藤酒造の事は知りませんでした。
歴史散策を居乍らにしてさせて頂き有り難うございます。

*('_')*今日は旅の思い出・高野山を訪ねて①!を編集しアップしましたので見て頂ければ幸せます。
!(^^)!ご覧頂いた感想をお聞かせ頂くのを楽しみにお待ちしていま~す!それではまた・バイバ~ィ!!
  1. 2015/02/23(月) 09:04:10 |
  2. URL |
  3. ひろし爺1840のGooブログ #KCehlBDg
  4. [ 編集 ]

高花六無斎さん!

おはようございます。
今朝は曇りですが温度は10℃を超えており、
マンションの廊下などは結露でビショビショです~。

船宿の多いこの界隈は旅人が多く、こういった志士たちの
良い隠れ屋となったようです。
寺田屋の女将、お登勢さんは世話好きで倒幕派志士の面倒を
よく見ていたそうです。
この事件の後始末として、薩摩藩は寺田屋の柱や畳かえを行ったうえに
金子百両を詫び料として渡したそうですよ。

齋藤酒造の御先祖様も大変な衝撃を受けられたことでしょうね。
心から冥福を祈り供養されたことと思います。

坂本龍馬の襲撃事件があまりにも有名ですですから、私自身も
伏見に来て知ったような次第です。

我が家の周りを歴史上の人物が往来していたのかと思うと
その時の情景を想像してしまいます。

これからも調べて少しずつUPさせていただきます。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/02/23(月) 09:55:32 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

satoyamaさん!

おはようございます。

歴史を動かせた偉大な人々の足跡があちこちに
残されていますので、今まで遠いことのように思っていたものが
身近な出来ごと思えるようになりました。

寺田屋は龍馬の部屋があり、等身大の写真なども置かれてますし、
階段の刀傷、お龍さんが使っていた風呂なども再現されています。
仰るようにそういう気分にひたれるのには十分ですね。
他にはありませんから・・・

つい最近の出来事なんですよね~。
不思議な気がします。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/02/23(月) 10:18:34 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

ひろし爺1840さん!

おはようございます。
こちらは雲の暑い空模様ですが、気温は10℃を
朝から越しており、暖かな日となってます。

歴史上有名な事件ですが、大黒寺や齋藤酒造との関連は
あまり乗っていませんものね。
地元にいればこそというものを調べてみたいと思います。

またお邪魔させていただきます~。

コメントありがとうございました。
  1. 2015/02/23(月) 10:24:03 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

「寺田屋事件」と言えば坂本龍馬関連ただ一つと思っていました。
magamikさんがこうして詳しく解説して下さっているので興味は
ドンドン膨らみます。
醍醐に住んでいる妹も伏見区ですが伏見だけでも歴史探訪は
限りなくあるのですね。
又 歴史の勉強をさせて貰いました。
有難うございました。
  1. 2015/02/23(月) 20:58:22 |
  2. URL |
  3. lily #i1jUUG.6
  4. [ 編集 ]

jijyさん!

こんばんわ~

息子さん御夫婦にもコウノトリがやってきてくれましたね。
その日が待ち遠しいことと思います。
おめでとうございます。

寺田屋では大きな事件が2件も起きているんですから、驚きますよね。
京都の南部に位置する伏見も日本の歴史を語るのに欠かせないところです。

縁あって住むようになった伏見、ようやく街の様子も分かってきましたので
歴史探訪も楽しもうと思います、いつまでできるかは分かりませんが・・・

こめんとありがとうございました。

  1. 2015/02/24(火) 19:37:50 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

伏見の街 (63)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (103)
歴史 (15)
生き物 (18)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR