ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

京都伏見 石峰寺の石仏五百羅漢

今日は9月2日、
9月と聞いただけで、秋を感じてしまいます。
相変わらず続けている早朝ウオーキング、日の出の位置も
大分南寄りになってきました。
頬にうける風も爽やかで涼しくなってきましたね。

さて、京都伏見でも五百羅漢が見られるお寺がありました。
そのお寺は『石峰寺(せきほうじ)といい、禅宗の寺院で、
京都市伏見区深草に位置しておりました。

山門は竜宮城を思わせる造りで美しい赤壁でした。

深草石峰寺赤門

門を潜り抜けると正面が本堂。
本堂前を右側に建物に沿って行きます~。
(ロールオーバーで2枚ありますよ)
<<


歩を進めると石段の上にまた赤い山門が見えます。
五百羅漢の世界はその向こうにありました!

羅漢参道赤門


よく手入れされた藪の中で長年の風雨で丸み、苔寂びた五百羅漢。
いろんな表情をしておられました~。

(ロールオーバーで2枚ありますよ)
<<


ここの五百羅漢は江戸時代中期の絵師「伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)」
下絵を描き、石工に彫らせたものです。
当時の住職と10年余りをかけて裏山に制作され、「若冲五百羅漢」としても
親しまれているということです。 
釈迦誕生より涅槃に至るまでを中心に釈迦の一代記を描いてるそうですよ。

つくられた当時は千体以上あったものが今は四百数十体になってるということでした。

(右下の×をクリックしてみてくださいね、5枚ありますよ)
<■五百羅漢1■<<
5枚中の
<>
枚目を表示中
<>


※伊藤若冲(いとうじゃくちゅう) 1716~1800
近世日本画家のひとり、江戸時代中期、京にて活躍
 ↓の3点の絵は洛中の描いた絵、ネットからお借りしました。

 伊藤若冲連結


magamik、自分の住んでる街で五百羅漢に会えるとは思っても
みませんでしたので、それを知ったとき、本当にうれしかったです。
期待に胸を弾ませて出かけました。
ところが撮影禁止になっていました。
理由を尋ねましたら、カメラ持参で観に来られた方々のマナーが
あまりにも悪くなり、4年前から禁止にしたそうです。
とても残念でした、マナーは守ってみせていただきましょう。
故に羅漢様の画像は絵ハガキをスキャンしました。



  1. 2014/09/02(火) 08:00:00|
  2. 伏見の街
  3. | コメント:18
<<京都伏見 淀城跡 | ホーム | 京都府立植物園(バオバブとスイレン)>>

コメント

No title

伏見の石峰寺の五百羅漢 magamikさんの近くにこんなお寺があるんですネ
表情に個性があり面白いです
伊藤若ちょう(漢字変換ができなくて)の日本画 鶏の絵が好きです
撮影禁止でしたか・・・お寺としては苦渋の決断でしょう。
  1. 2014/09/02(火) 09:52:10 |
  2. URL |
  3. はなこ #3VsfAcZc
  4. [ 編集 ]

石峰寺

伏見の「石峰寺」には今まで一度も訪れたことはありません
伏見は矢張り伏見稲荷があまりにも有名で~きっと五百羅漢さまが祀られていると言っても
訪れる人は少なくて五百羅漢様のお顔一人一人を見ていると皆表情が違っていて楽しいですね
江戸時代に下絵を描いてそれを石工に掘らせて10年以上もかかったとか
確かに手がかかっていると感心します

最近のカメラマンのマナーが良くなくてだんだんとお寺の庭でも撮らせていただけなくなっているのがちょっと寂しいですね
三脚は勿論使用禁止のお寺が殆どですが、magamikさんもお得意のカメラを使うことができなかったのがちょっと残念ですね
この石峰寺のあの真っ赤な門が印象的でした
  1. 2014/09/02(火) 19:58:09 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

はなこさん!

こんばんわ~

身近に五百羅漢のみられるお寺があり、嬉しくなりましたよ。
表情が面白いですよね。
伊藤若冲は晩年はこのお寺のそばで過ごされたそうで、お墓も
ありました。
若冲の絵もお寺にあるようですのでいつか見せてもらいたいと
思ってます。
鳥の絵がお得意のようですね。
撮影禁止についてはお寺の方も申し訳なさそうに言われました。

コメントありがとうございました。
  1. 2014/09/02(火) 20:56:41 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん!

こんばんわ~
石峰寺は伏見稲荷の近くにあります。
そんなに大きなお寺ではありませんし、五百羅漢に興味のない方は
訪れないでしょうね~。
静かに見られるのが私には嬉しいですね。
最初は千体以上もあったそうですから、圧巻だったと思います。

カメラマンのマナーの悪さは半端ではありませんね。
お話を聞いて驚きました。
自分さえよければという方が多くなってるような気がしました。

赤い門は竜宮城のような感じで印象深かったです~。

コメントありがとうございました。





  1. 2014/09/02(火) 21:13:06 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは
五百羅漢、それぞれに顔の表情が違いおもしろいですね
1000体以上もあったなんてすごいですね
全部お顔の表情もちがっていたんでしょうね
伊藤若冲の絵を基に10年もの歳月をかけて彫られた貴重な羅漢さまですね
マナーは守らなくちゃだめですよね
  1. 2014/09/03(水) 21:55:31 |
  2. URL |
  3. みーばあ #ofxKis3k
  4. [ 編集 ]

みーばあさん!

おはようございます。

五百羅漢表情が色々で何を思っておられるのかな?などと
想像してみてると飽きませんね。
10年もの歳月をかけてつくられた千体以上の羅漢、
見てみたかったです。

マナーを守って気持ちよく見せていただきたいものですよ。
  1. 2014/09/04(木) 08:46:11 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

五百羅漢

こんにちわ ここのところ日照時間がゼロに近い日が続き涼しいと喜んで
ばかりはいられません。実家は農家なので稲の生育が懸念されます。

竜宮城のような赤い山門を過ぎ、立ち木に囲まれた石段を行くとその先に
もう一つ赤い山門があるという風雅な佇まいは赤と緑の対比の中で
鮮やかな印象を与えますね。その山門の先に五百羅漢がおわすのですね。
心憎いばかりの演出です。鳥羽は歴史も古く興味深い処が数多いようですね。

10年の歳月で完成された五百羅漢の像には迫力があります。
景観的には縦スライドショウの5番目が美しいですね。
仏の滅後に結集した500人の仏弟子が深山に籠って正法を世に伝えるために
修行をしたという姿には余分な贅肉はありませんね。凄い石仏の姿です。
  1. 2014/09/04(木) 13:34:18 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

松ぼっくりさん!

こんばんわ~
本当に日照時間が短いですね。
こちらも曇り空から時々雨でした。
こんな日が何日も続いてます。

赤と緑は補色関係にありますからとても鮮やかなイメージを
与える竜宮城のような門は気に入りました。
その門を二つくぐった向こうにある、五百羅漢の世界、仰るように
心憎い演出ですよね。

10年をかけた五百羅漢、釈迦の一代記を表しているのも
興味深かったです。

興味深いところはまだ何か所もありますので、少しずつ訪ねてみようと
思ってます。

コメントありがとうございました。





  1. 2014/09/04(木) 20:13:22 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

石峰寺と500羅漢

magamikさん こんにちは!
9月に入り秋の気配を感じましたが、今日は蒸し暑さが戻ってきました。
でも今年は昨年よりは早く秋が到来しそうですね。

京都には何度も行っていますが石峰寺は初めて聞く名前ですね。赤い山門は仰るように物語に出てくる竜宮城に似ていますね。山門を潜ったらまた同じような赤い山門があるとは何とも不思議な感じがしますね。
藪の中の羅漢像をロールオーバで拝見しましたが、最初の羅漢様のユーモラスなお顔、マウスオンで見た羅漢様の静かなお顔との対比が素敵です。
かの有名な伊藤若冲がデザインして石工に彫らせたものですか。若冲と言えばmagamikさんが一番下に載せた鶏の絵の方は見たことがありますが、羅漢象方面のデザインまでされたとは知りませんでした。

何時の日かこの石峰寺を訪れて見たいです。有難うございました。
  1. 2014/09/05(金) 17:30:22 |
  2. URL |
  3. 高花六無齋 #-
  4. [ 編集 ]

高花六無斎さん!

こんばんわ~
こちらは今週も不安定なお天気が続いておりますよ。
京都北部では大雨で避難勧告が出たほどです。

石峰寺は伏見に住むようになって知りました。
伏見稲荷から300mくらいのところに位置しています。
竜宮城のような赤い山門が親しみを感じました。

伊藤若冲は生涯独身で晩年は石峰寺門前の古庵で過ごされたそうで、
お墓もこちらのお寺にありました。
それで五百羅漢の下絵を描き、当時の住職と制作されたのでしょうね。
若冲の絵もあるようですよ。

伏見稲荷にお越しの折には立ち寄ってみてください。

コメントありがとうございました。







  1. 2014/09/05(金) 21:51:58 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

平安末期が今に・・・

 まさに、古都を忍ばせるお寺ですね。

羅漢は、さまざまな表情です。それに、あわせてひとびとはは拝むことでしょう。

 そう、お、おいながら拝見いたしました。

 
  1. 2014/09/06(土) 10:27:35 |
  2. URL |
  3. 古曾部庵 #-
  4. [ 編集 ]

来訪・コメントのお礼とお誘い!

(*^_^*)Magamikさん、今日は~!
昨夜、旅より帰って来ました!
頂いたコメントのお礼が遅くなり申し訳ありません!
今日は挨拶で失礼し後日ゆっくりと伺わせて頂きますね!
☆お誘い!
('_')ブログは今日アップしましたのでご覧頂ければ嬉しいです!
!(^^)!それではまた!・・・バイ・バ~ィ!!
  1. 2014/09/06(土) 18:08:41 |
  2. URL |
  3. ひろし爺1840のGooブログ #KCehlBDg
  4. [ 編集 ]

古曽部庵さん!

こんばんわ~

まさか伏見にこのようなお寺があるとは思いませんでした。
様々な表情の羅漢様は見る者の心を和ませてくれますね。
訪れる方々もいろんな思いでお参りされてると思います。

季節をかえてまた訪れてみようと思ってます。

コメントありがとうございました。




  1. 2014/09/06(土) 19:29:21 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

ひろし爺1840さん!

こんばんわ~

お出かけでしたのね。
お疲れ様でした。
ブログ楽しく見せていただきました。

コメントありがとうございました。
  1. 2014/09/06(土) 19:56:02 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

京都伏見・石峰寺

!(*^_^*)!Magamikさん、お早うございま~す!
何時もお越し頂き心温まるコメントや応援を有り難うございます。
今夜は十五夜ですね。素敵なお月見を楽しみましょ~!
ーーTo You PC--
*禅寺・石峰寺をご案内頂き有り難うございました。
歴史を感じる山門や苔むした石仏に心が癒されますね。
居乍らにして参拝をさせて頂きました。(合掌)
ーーMyBlogへお誘い!--
('_')今日は広島・観音寺の5月と我が家の8月の花壇などアップしましたのでご覧頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!御覧頂いた感想やご意見をお待ちしていま~す!バイ・バ~ィ!
  1. 2014/09/08(月) 07:33:57 |
  2. URL |
  3. ひろし爺1840のGooブログ #KCehlBDg
  4. [ 編集 ]

ひろし爺さん!

おはようございます。
今朝はさわやかな朝となりました。
昨夜の十五夜は残念ながら見られませんでした。

石峰寺の五百羅漢、いろんな表情に癒されますよね。
見ていただけ、良かったです~。

またそちらへもお邪魔させていただきます。
コメント。お誘いありがとうございました。


  1. 2014/09/09(火) 09:28:08 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

五百羅漢

あらあら、何と個性的で愛らしい仏様ですね。北条の五百羅漢とは趣が違いますね。
  1. 2014/09/10(水) 18:13:06 |
  2. URL |
  3. なりひら #DhbrllUw
  4. [ 編集 ]

なりひらさん!

こんばんわ~

京都の伏見にも五百羅漢がありましたよ。
なりひらさんがご覧になられたのとはちょっと趣は違いますが、
ほんの近くですので時々お参りに行ってみようと思います。

コメントありがとうございました。
  1. 2014/09/10(水) 19:56:45 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

伏見の街 (70)
未分類 (50)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (108)
歴史 (15)
生き物 (19)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR