ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

明治天皇御稜

今日も6月25日、京都は雨は降りそうもなく、暑い一日となりそうです~。

我が家から大手筋どおりを東へと進み、ローカル色のするJR奈良線・桃山駅の踏切を超えると
緑豊かな森が見えてきます。

JR_20140624201227fda.jpg 御陵前

そこには明治天皇伏見桃山稜昭憲皇太后伏見桃山東稜があります。

15歳で即位、59歳(1912年)に崩御された122代明治天皇は和歌を好まれ、生涯に93000首を
超える歌を詠まれたそうです。


天皇陵


京都で墓所が営まれたのは明治天皇の遺言によるもので
敷地は豊臣秀吉の築いた伏見城本丸の跡地になるそうです。

近畿地方以西に作られた最後の天皇陵ということです。

桃山御陵2054

参道はとても長く、人通りもほとんどなく 鶯の澄んだ鳴き声が森の中に響いていました。
玉砂利を踏んでどんどん進んでいくと参道の端に「伏見城石垣に使用されていたと思われる石材」と
記された宮内庁の立札の下には立派な石がならべられています。
この石材こそが伏見城の本丸跡地であるという証拠でしょうね。

さらに足を進めると急に視界が開けました。

広くて整然とした空間、そこが明治天皇御陵でした。

天皇の陵墓は9137平方メートル
墳丘は上円下方墳、下段の方形の一辺が約60m、上円の高さ6.3mということです。
表面に葺かれているのはさざれ石だそうです。

天皇御稜の正面には230段の勾配のきつい石段が設けられています。
二度目に孫たちと訪れたときは参道ではなくこちらの階段を上ってみました~!
二人の孫(3年生)は難なく上りきりましたがmagamikはきつくて2~3度立ち止まって
深呼吸する始末でした~。

(サムネイル画像にマウスオンしてみてくださいね)
■明治天皇陵参道入り口■


明治天皇陵を東に少し下ったところに、伏見桃山東陵、皇太后の陵墓がありました。
その面積は5631㎡ということです。

御稜を動画でも撮ってみましたので、ご覧くださいね。
(動画をストップさせるには画面をクリックしてください)


6月8日 宮内庁書陵部(陵墓監区事務所には弔旗が・・・
    今上天皇の従兄弟にあたる 桂宮宜仁(かつらのみやよしひと)様(66歳)がなくなられた・・・

宮内庁書陵部

次回の京都だよりは
      乃木将軍を祀る乃木神社です。
  1. 2014/06/25(水) 09:30:00|
  2. 伏見の街
  3. | コメント:22
<<京都伏見の乃木神社 | ホーム | 京都伏見・宇治川派流の風景(2)>>

コメント

No title

こんばんは
明治天皇皇后両陛下の墓所が伏見城本丸跡地にあるんですね
全く知りませんでした
広いですね
緑豊かな静かなところのようですね
動画で案内頂いて良く分かりました
お孫さんと行かれたんですね
お宅から歩いて行ける距離なんですか?
  1. 2014/06/25(水) 21:16:02 |
  2. URL |
  3. みーばあ #ofxKis3k
  4. [ 編集 ]

明治天皇御陵

明治天皇の御陵が伏見桃山にあったとは知りませんでした

先日亡くなられた桂野宮さまはまだ、ご両親が健在でいらっしゃるのに
残念だったことでしょう
他の歴代天皇の御陵は飛鳥や奈良地方に多いですが、意外に簡素でどこも同じように宮内庁が管轄していて。その中はなかなか入ることはできませんが、
いくつもの天皇の御陵を拝見していますが~
こうして明治天皇の御陵が前方後円墳であって、小高い丘のように見えることを初めて知りました

広い墓地、勿論昔は土葬でしたが、平成の天皇陛下が自ら火葬にするように言われたようですね
おまけに墓地も小さくするようにと…その墓地は多摩御陵になってはいますが~

私は仁徳天皇御陵が比較的近かったので2度ほど行きました
深い深い森の中でした

孫ちゃんとはもう競争になりませんね。元気いっぱいの孫ちゃんたち、
magamikさんも一緒に今度は連れて行ってもらう方に?なるのかな?
15歳で即位なさったと言う明治天皇、ご立派な方でしたね、
有難うございました
  1. 2014/06/25(水) 22:17:25 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

No title

明治天皇稜昭憲皇太后伏見桃山東稜が新しいお住まいの近くなの
広大な敷地 緑の森 石段・・・お孫さんと一緒に いい一日でしたネ
  1. 2014/06/26(木) 09:28:08 |
  2. URL |
  3. はなこ #T7LzDUME
  4. [ 編集 ]

みーばあさん!

おはようございます。

明治天皇・皇后の御稜、私も初めて訪れ、伏見城の本丸跡地とは
驚きました。
想像していたよりはるかに広かったですね。
この地を天皇がお気に入りで遺言だということも知ることが出来ました。

一度目は一人で、二度目は孫たちと訪れました。
我が家から往復で9000歩ほど、意外に近いです。

コメントありがとうございました。
  1. 2014/06/26(木) 11:05:06 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん!

おはようございます。

花ぐるまさんもご存じなかったのですね。
私もどうして伏見桃山に御陵が?と不思議に思ってました。
天皇がお気に入りの地で遺言だとわかり納得できました。

広大な土地でしたから、今の天皇が小さくと言われたのもわかるような
気がしますね。
いつでも見られますが、観光バスなどはきませんので静かですよ。
前方後円墳というより、上円下方墳といって上部は丘のようになってますが
裾は一辺が60mの正方形になってるようですよ。
形も色々あるのですね~。

230段の急な階段にはまいりました~。
上がりきった10人ほどの方々が「がんばれ~」と応援して
下さるので恥ずかしかったです~!。
孫たちに手を引いてもらいたいくらいでしたよ。

明治天皇は素晴らしい方だったのですね。

コメントありがとうございました。










  1. 2014/06/26(木) 11:29:08 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

はなこさん!

おはようございます。

明治天皇稜昭憲皇太后伏見桃山東稜が歩いて行けるところに
あるのですよ。

広大な緑の敷地は街中に住む私には森林浴もできありがたいところです。

230段の階段はとてもきつく、鍛えなくてはだめだな~と反省しました。
地元の方で階段上りを日課にしてるシニアの方々がおられました。

コメントありがとうございました。


  1. 2014/06/26(木) 11:38:51 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

明治天皇御稜

おはようございます

明治天皇・皇后の御稜は
豊臣秀吉の築いた伏見城本丸の跡地にあるとは
初めて知りましたよ。
とても広大な敷地なんですね。

緑がいっぱい自然豊かのところで散策には
良いコースでしょうが、
天皇御稜の正面に有る230段の急勾配のきつい石段は
キビシイですね、今の私などは休み休みでないと
上れませんね。

お孫さんたちとの散策は楽しかったことでしょう。
  1. 2014/06/27(金) 07:17:01 |
  2. URL |
  3. はたやん #cU5sidCo
  4. [ 編集 ]

はたやんさん!

おはようございます。

伏見城の本丸跡地に明治天皇・皇后の御稜があるとは
全く知りませんでした。

私の住んでるところは商店街ですので緑が少ないです。
緑いっぱいのこの地の土手にはドクダミやアザミが群生しており
私にはとてもうれしい場所です。

階段の事は息子から聞いておりましたが、手すりもありませんから、
とてもきつかったです~。
この階段上りを日課にしておられるシニアの男性方が数人おられましたよ。
その方々が遠くに大阪のアベノハルカス(大阪で最も高いビル)が見えることを
教えてくださったんですよ、おどろきました~。

孫たちに教えられることが増えてきたこの頃です。

コメントありがとうございました。




  1. 2014/06/27(金) 09:31:38 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

御陵

生まれ故郷への、愛着のゆえでしょう。若くして、その大役に翻弄され

さまざまな経過を経て明治政府ができたのであります。

 まことに、立派な御陵であります。歴史を、かえりみました。
  1. 2014/06/27(金) 10:08:34 |
  2. URL |
  3. 古曾部庵 #WLaAGor6
  4. [ 編集 ]

明治天皇御稜

magamikさん こんばんは!
こちらは梅雨空が続いてます。しかし雨の降り方は梅雨のイメージとは程遠く、激しく降りますね。

恥ずかしい話ですが、明治天皇御稜が京都伏見にあることをmagamikさんのブログで初めて知りました。
てっきり東京の多摩御陵にあるとばかり思っていましたね。明治天皇は京都でお生まれになり幼少のころはそこで育ったことと、歴代の天皇の殆どが京都で生涯を終えたので、京都を永眠の地としたかったのではないでしょうか。明治天皇御陵はかなり広くて整然とした空間ですね。しかし、鳥居を含めた墓所はとても簡素な感じがしますね。普通権力者は死しても威容示すため豪華な墓所にするのですが。やはり国民のことをお考えになったのでしょうね。
明治天皇は沢山の和歌を詠まれたのですね。明治天皇が読まれた「よもの海みなはらからと思う世になど波風のたちさわぐらむ」は世界の人類は皆仲間ではないか、それなのに争いがどうしておこるのか、と歎じていますね。今の世の中もあちこちで争いが絶えないですが、人類は進歩しているのでしょうかね。
天皇御稜の正面には230段の勾配のきつい階段を動画で見ましたが、元気に走り回っているのは2人のお孫さん(ハルちゃん、サヤちゃん)ですね。元気な2人と一緒に歩くのは大変でしょうが、良い運動になりましたね。
有難うございました。次の京都便りを楽しみにしています。
  1. 2014/06/27(金) 20:40:02 |
  2. URL |
  3. 高花六無齋 #-
  4. [ 編集 ]

古曽部庵さん!

こんばんわ~
桃山御稜を訪ねてみて改めて明治天皇の事を
ネットなどで調べて色々知った次第です。

天皇も皇后も京都生まれのお方ゆえに、
京都がお気に入りだったのですね。
シンプルですが整然とした広い御稜は
立派でした。
これからも機会を見つけて出かけてみたいと
思います。

コメントありがとうございました。










  1. 2014/06/27(金) 21:41:58 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

高花六無斎さん!

こんにちわ~

こちらは昨夜はかなりの雨が降りましたが日中はどよ~んとした
空模様です。

明治天皇の御稜が伏見にあることを知ったのは割合最近の事なんですよ。
御存じない方も多いのでは・・・
最後の地を京都とされたのもおっしゃるような理由からのように思います。

御稜はかなり広くて手入れの行き届いた整然とした空間でしたが、陵墓は
簡素な感じがしました。
明治天皇は華美を好まれなかったということでしたから、このようになったのでしょうか。
「よもの海みなはらからと・・・・」の和歌に出会ったとき、温かな人間性を
かいま見た気がしました。

昔も今も世界中で争いが絶えないということは最も悲しいことですね。
話し合いもままならぬとは・・・・

230段の階段はとてもきつく、どんどん成長する孫との差は開くばかりです~。

コメントありがとうございました。










  1. 2014/06/28(土) 15:45:52 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

明治治天皇陵

こんばんわ 関東北部は午前中から雨模様ですが静かな雨です。

magamikさんの京都便りはいつも歴史の勉強になります。
明治天皇陵がどこにあるのか知らない人は多々あると思います。ボクもその一人ですが
中高年になって皇室に対する尊敬の念は若ものよりあるかもしれませんが、知識となるとおよそ希薄ですね。
御陵が伏見にあるのは秀吉の伏見城跡地であることかもしれませんが、遺言で京都と指定されたのは
皇室の歴史、生誕地、などの他に倒幕・攘夷派の象徴として、また近代日本の指導者と仰がれた明治天皇が
「鳥羽・伏見の戦い」で旧幕府軍を破って近代日本の礎を築いたt地ですから当然の事と思います。

動画その他で観る御陵の広さは見事です。参道の長さ、南寄りにある230段の階段など、心臓や足の悪い人には
たいへんな規模と高さですね。明治大帝とまで謳われた天皇ですから、造営には思い切った設計がなされたのでしょう。
皇室の慣例で天皇陵よりも皇后陵は小さく造ることになっているし場所も同じではない(今までは)らしいですね。

和歌にも堪能であり、歌人としても有名でありながら西洋の文化にも理解があった明治天皇は人間天皇としても
尊敬され、次回載せるという記事の乃木将軍は明治天皇崩御に合わせて殉死しています。
  1. 2014/06/28(土) 19:30:07 |
  2. URL |
  3. 松ぼっくり #-
  4. [ 編集 ]

No title

思いがけず面白いところをあんないしていただけました。
伏見桃山城だとか、明治天皇陵入った事が無かったし、これからもその機会は
無いだろうとおもいます。
天皇陵が上円下方墳だとか、土葬ということも記憶に残ると思います。
  1. 2014/06/28(土) 21:28:51 |
  2. URL |
  3. satoyama #-
  4. [ 編集 ]

松ぼっくりさん!

こんばんわ~
こちらは午後強いにわか雨がありました。
孫たちと伏見稲荷に出かけておりましたが、雨のため
早々に帰宅しました~。

桃山御稜の広大さは予想以上でしたので驚きました。
この御稜は解放されておりますのでいつでも訪れることが出来るのですよ。
明治天皇の事もあまり知りませんでしたが、色々ネットで調べて、人間的にも
素晴らしく多方面に秀でておられた事を知りました。
「鳥羽・伏見の戦い」の激戦地であった御香宮神社は御稜から西へ1㎞ほどの
ところにあります。
また、民家の格子窓に戦いの跡として残されてる所も見つけました。
もっとよく調べてブログにUP出来たらと思っているのですが・・・。

歴史の良い勉強になる伏見です~。
その歴史にはとても疎いのでぼつぼつ調べてみたいと思います。
乃木将軍の事も今回訪れてよくわかりました。

コメントありがとうございました。

  1. 2014/06/29(日) 20:12:46 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

satoyamaさん!

こんばんわ~

桃山御稜、伏見に住むようになって2回訪れました。
手入れが行き届き整然としてましたね。
近隣の皆さんの散歩コースにもなってました。

この界隈には桓武天皇(50代)の柏原稜もありますので
いつか訪れてみたいとおもいます。

コメントありがとうございました。






  1. 2014/06/29(日) 20:44:45 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

おはようございます。
歴史の宝庫のこのあたり、いいところへ
お引越しされましたねぇ~
知ってるようで知らないことばかりです。
こうして見せていただけると、改めて
皇室にたいする思いも違いますね。
広大な土地にお眠りになるかたがたへの
崇敬の想いがありますね。
これからも色々な所へお出かけになれますね。
いつも心よりの言葉をいただいて
感謝しております。
  1. 2014/06/30(月) 06:47:59 |
  2. URL |
  3. ムームー #9L.cY0cg
  4. [ 編集 ]

来訪のお礼とお誘い

!(*^_^*)!Magamikさん、お早うございま~す!
早いもので今日で6月も終りですね。
今月もお越し頂き心温まるコメントやグッドを有り難うございました。
来月も、月・水・金に投稿を予定していますので今月同様宜しくお願いしま~す!
ーーTo You PC--
★この後外出する為に、後程帰りましたらお伺いしゆっくりと見せて頂ますね。
ーお誘い!My PC--
('_')今日は先日兵庫県を旅した時の記録を編集しましたのでご覧頂き、少しでも行って見て気持ちになって頂けたら嬉しいで~す!
!(^^)!閲覧の感想やご意見をお待ちしていま~す!
*それではまた後程・・・バイ・バ~ィ!!
  1. 2014/06/30(月) 07:35:17 |
  2. URL |
  3. ひろし爺1840のGooブログ #KCehlBDg
  4. [ 編集 ]

ムームーさん!

おはようございます。

伏見に引っ越して知らないことばかりだなと強く感じます。
京都はおっしゃるように歴史の宝庫ですものね。
病人を抱える身では遠くへは出かけられませんが、
京阪電車や地下鉄を利用して、散策してみたいと思ってます。

こうして天皇陵を訪れてみて、人間性豊かな明治天皇であったことを
知ることが出来ました。

ムームーさん、暑くなります、ご自愛くださいね。
コメントありがとうございました。






  1. 2014/06/30(月) 09:34:28 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

ひろし爺1840さん!

おはようございます。
6月最後の今日は太陽が顔を出しています。
お出かけにも良いですね。

いつもお誘いありがとうございます。
また、楽しみにうかがわせていただきます。

コメントありがとうございました。

  1. 2014/06/30(月) 09:51:17 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

ご自宅の近くに 天皇の御陵があるのですね
貴重な歴史遺産がすぐ近くにあることは
羨ましい限りです
北海道は歴史が浅いので 歴史的遺産の
少ないことが残念です
  1. 2014/06/30(月) 20:02:28 |
  2. URL |
  3. 北斗 #-
  4. [ 編集 ]

北斗さん!

こんにちわ~

我が家から御陵までは往復徒歩で9000歩くらいの位置にあります。

ここは古くから栄えたところですので歴史的遺産はたくさんあります。
歴史音痴の自分が情けないくらいですがぼつぼつひも解いてみたいと
思っております。
解説は下手ですがまたみてくださいね。

北海道の美しい自然や野鳥たち、楽しみにしております。

コメントありがとうございました。






  1. 2014/07/01(火) 15:15:27 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

伏見の街 (63)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (103)
歴史 (15)
生き物 (18)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR