ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

善峯寺(西国第二十番札所)

7月24日、標高300mほどの山腹にある『善峯寺(よしみねでら) 京都市西京区大原野』に
行ってきました。

嵐山あたりから南の天王山にかけて連なる峰々が西山と呼ばれ、そこの中腹にあります。
我が家から、バスと電車を乗り継いでも1時間ほどで行けます。

宗派は天台宗、本尊は千手観音菩薩、開基は源算上人、 創建は1029(長元2)年だそうです。

本堂をはじめ大半の建物が応仁の乱で焼かれ、約300年前の江戸中期に桂昌院の寄進で再建された
ということです。


桂昌院は京都堀川の八百屋の次女として生まれ、やがて大奥にスカウトされた方で、「生類憐みの令」の
徳川5代将軍綱吉
の生母であります。




この寺の名物は日本一の松で天然記念物に指定されている「遊龍の松」です。
樹齢約600年といわれる五葉松です。

主幹は大型の傘を開いたように刈り込まれ、高さは3m足らず、そこから1mほどの高さで北へ11m、
西へ28m伸びています。
まさに龍が遊んでいるように見える見事な松でしたよ。


遊龍の松

美しく整った松の巨木は日本一と称され、1932年(昭和7年)天然記念物に指定されてました。
遊龍の松1

悲しいことに松くい虫の被害を受け、根元の左側は保護されていました。
遊龍の松2




境内地3万坪は平地の少ない回遊式境内となっていました。

つりがねは”厄除けの鐘”、桂昌院が徳川五代将軍綱吉公の厄除けの為に寄進された。

桂昌院は1705年、79歳で没し、増上寺に葬られましたが桂昌院廟所には遺髪が納められているそうです。

幸福地蔵、約300年前のお地蔵さま、桂昌院が幸せを願い拝まれた。

薬師堂、桂昌院の両親が祈願された開運出世のお薬師さま。
桂昌院(お玉の方)のように「玉の輿」に乗ることを願う参詣者が多いそうです。

青蓮の滝の竿石は京都青蓮院の門跡より拝受したものだそうです。

■山門(楼門)■



京都市内を見渡すことが出来ましたが、天候の加減で霞んでよく見えなかったのが残念でした。
可憐なカワラナデシコや艶やかなオニユリが夏の境内に彩を添えていました。
(画像をクリックしてくださいね、大きくなりますよ)
京都市内を     カワラナデシコ     オニユリ


  1. 2012/07/30(月) 22:00:00|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23
<<夏の六甲高山植物園 1 | ホーム | 折り紙と小さな絵(4点)>>

コメント

回遊式境内

なるほど「玉の輿」という言葉は桂昌院(お玉の方)さまの存在から出来た言葉でしたか・・・
この素晴しいお庭を、造園士の夫に教えてあげなくてはと思いましたよ。

回遊式境内は山が多い鎌倉のお寺でも見られますが、ここまで規模が大きいのは見当たりません。
流石京都です。

天然記念物の遊龍の松も素晴らしいですね。
近年は何処も松くい虫の被害が続出・・・
我が住宅地でも広がっていますよ。
  1. 2012/07/31(火) 01:15:58 |
  2. URL |
  3. nao♪ #aiyhx.SM
  4. [ 編集 ]

昨年行ったとこ0路です

こんにちは~
丁度昨年の6月下旬、苔寺へ写経も兼ねて行ったときに同じ日だったかどうか???
分かりませんが善峯寺へ行きました。たぶん翌日だったような気がします
紫陽花がとても美しいところなので名残の紫陽花が未だありました

場所が丁度高槻の裏辺りになっているところなので
そのときはmagamikさんの近くだなあと思いました

あの樹齢600年とも言われている遊龍の松は本当に凄い枝を伸ばしているのに驚きました

園内をぐるりと一周すると、とても趣のあるお寺でしたね。
そのときの様子を再現していただき有難うございました
これから8月になろうとしていて、益々暑さも増して来るようですね。
どうかお体に気をつけてくださいね
有難うございました
  1. 2012/07/31(火) 09:54:00 |
  2. URL |
  3. 花ぐるま #-
  4. [ 編集 ]

善峯事

こんにちわ~
 朝から 猛暑~
 節電していたら、倒れます~

 善峯寺 素晴らしい~
  私は訪ねた事がありません。
 高槻の近くの方になるんですか?

 立派な山門 樹齢600年の松 その根が凄いですねー
 画面の写真も素晴らしいです。

 「玉の輿」の意味も知りました。

  厚かましくも、ご一緒させていただいました。
   ありがとうございます。
  1. 2012/07/31(火) 12:02:53 |
  2. URL |
  3. ガーネット #8MUBm7uM
  4. [ 編集 ]

なお♪さん!

こんばんわ~

『玉の輿』の言葉の由来は、実は私も初めて
知ったのですよ。

この日も熱い中、庭師さんが二人、丹念に庭園の手入れをされていました。
一流の庭師さんのおかげでいつも美しく保たれているのですね!

JR東海の「京都へ行こう」にも選ばれているお寺です。
京都駅から比較的近いところにありますから、こちらへ
お越しの折には是非お立ち寄りください。

遊龍の松は龍が低空飛行してるようで、それは見事です。
松くい虫の被害がなんとも残念なことです。

コメントありがとうございました。





  1. 2012/07/31(火) 19:42:47 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

花ぐるまさん!

こんばんわ~

花ぐるまさんが善峯寺においでになったのをブログで
見せて頂きましたのでよく覚えていますよ。
花ぐるまさんご夫妻もお参りされたんだなぁと思っておりました。
山の斜面に植えられたアジサイは見事ですね~。

JR高槻駅から4駅目の向日町駅からバスで上りますので近いですよ。

遊龍の松は歴代のご住職の丹精で受け継がれて、
今の松があるのですから素晴らしいですね。

山の斜面を生かすように回廊式になってますから、
とても美しく良い趣ですね。

この暑さ、何とか元気に乗り切らねばと思っております。

コメントありがとうございました。









  1. 2012/07/31(火) 20:04:13 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

懐かしいです

magamikさん こんばんは!
相変わらず猛暑が続いていますね。日中は外出せず室内でエアコンのお世話になっています。

magamikさんがアップされた善峯寺の美しい画像を見て、昨年ここを訪れて境内をあちこち歩いたのを思い出しました。一番印象に残っているのはやはり「遊龍の松」ですね。こんなに枝が伸びた松を見たのが初めてでしたから、本当にびっくりしました。手入れされた方々の努力に敬意を表したいですね。
三門を通って傾斜のきつい石段を登って本堂に至り、
辺りを見ると回遊式境内ということが分かる形ですね。
高台からは京都の街が一望できたことも思い出します。
私たちが訪れた6月下旬は境内の斜面に紫陽花が満開でとても綺麗だったですね。
magamikさんのお家から僅か1時間で行けるのですか。羨ましいです。
懐かしい光景を有難うございました。
  1. 2012/07/31(火) 20:40:59 |
  2. URL |
  3. 高花六無斎 #-
  4. [ 編集 ]

ガーネットさん!

こんばんわ~
あまりの猛暑に、夕方からはエアコンのお世話になっています~。
熱中症が怖いですから~。

善峯寺は京都駅からも近いですよ。
JR東海『京都へ行こう』にも選ばれています。

山寺ですから見晴らしも良いですし、回遊式境内は美しく四季折々楽しめます。

樹齢600年の松の根は本当に凄いですね~。
この木を守ってこられた歴代のご住職様もたいへんでしたでしょう。

『玉の輿』の由来意外な場所で知ることが出来ました。

コメントありがとうございました。












  1. 2012/07/31(火) 21:28:19 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

高花六無斎さん!

こんばんわ~
あまりの暑さにエアコン無しでは無理になりました!

昨年おいでになられたのを覚えておりますよ!

善峯の山は高槻のポンポン山にもつながっておりますので、
ポンポン山の頂上で善峯寺から来たという方々にお会いしたことがあります。

遊龍の松は本当に立派ですね~!
丹精こめたお手入れの良さにも驚きました。
ず~っとず~っと生きて欲しいです!

京都の街を一望できるのを楽しみに出かけましたが、
霞んでよく見えなかったのが残念でした。
日陰に咲くアジサイはまだ結構綺麗に咲いていましたよ。

JR向日町駅からのバスの便が増えたことと、参道近くまでバスが行って
くれるようになりましたので、ずいぶん行きやすくなりました。

コメントありがとうございました。















  1. 2012/07/31(火) 21:46:26 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

「生類憐みの令」で有名な徳川15代将軍綱吉の生母が桂昌院(お玉の方)で
“玉の輿”の言葉の由来ですか。
勉強になりました。
桂昌院が大奥にスカウトされの表現には思わず笑ってしまいました。

「遊龍の松」これは是非行って見たいと思います。
凄いですね。
この松を維持するのに大変なご苦労があるのでしょうね。
松くい虫にも困ったものですね。
何はともあれ又 行きたいところが出来ました。
有難うございました。
  1. 2012/08/01(水) 06:47:07 |
  2. URL |
  3. lily #i1jUUG.6
  4. [ 編集 ]

No title

おはようございます。
連日の暑さですが、今朝は少し風があって
木陰はましです。
こちらには向日市に住んでいた時に一度行きました。
桂昌院の縁のお寺なんですね。
こちらから見下ろす街は綺麗でしょうね。
最近はずっと霞んでいますねぇ。
綺麗なお花も見せていただけて
爽やかな気分になりました~
  1. 2012/08/01(水) 10:12:39 |
  2. URL |
  3. ムームー #9L.cY0cg
  4. [ 編集 ]

大奥・・・。

 「お玉」が、側室にめされたのであります。はなやかなりし、大奥の世界でしょう。それにしても、よく順応したものです。

 みごとな、松は室町時代にさかのぼります。相生の松、住江の松は長寿の松として崇められています。
  1. 2012/08/01(水) 16:26:22 |
  2. URL |
  3. 古曽部庵 #WLaAGor6
  4. [ 編集 ]

lilyさん!

こんにちわ~

『玉の輿』の言葉の由来は意外なところにありましたね。
今流に言うとスカウトでしょうね~。
八百屋の娘が三代将軍徳川家光の目にとまり、側室にになられたのですから・・・

『遊龍の松』は本当に立派で一見の価値がありますよ。
紅葉も素晴らしく、JR東海の『京都に行こう』に選ばれています。

JR、または阪急の向日町駅から1時間に1本バスが
でておりますから、行きやすくなりましたよ。
是非お出かけください。

コメントありがとうございました。






  1. 2012/08/01(水) 17:02:54 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

ムームーさん!

こんにちわ~

今日は台風の影響でしょうか、風が涼しいので過ごしやすいなぁと思いました。

向日町に住んでおられたんですか!
3年前よりバスが増発され、参道近くまで行ってくれるようになりましたから、
とても楽に行くことが出来ますね。

京都の街並みを見下ろせますから、比叡山あたりまで
見えるのを期待してましたが無理でした。

こちらは花の寺ではありませんが沢山の花もみられますね。
秋にはシュウメイギクが沢山咲くそうですよ。

コメントありがとうございました。





  1. 2012/08/01(水) 17:12:53 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

こ曽部庵さん!

こんばんわ~

八百屋の娘、お玉が家光の側室になったのですから、
凄いことですよね!
頭脳明晰の方でもあられたのでしょう。

遊龍の松、ご住職様が代々受け継がれて守ってこられた松、見事なものです。
松くい虫の被害に負けることなく、千年は生きて欲しいものです。

コメントありがとうございました。
  1. 2012/08/01(水) 20:05:05 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは
さすが京都
立派なお寺ですね
見事な松ですね~
樹齢600年
玉の輿、そうだったんですか
私も始めて知りました
考えて見ればどうして玉の輿なんだろうとふしぎにおもいますよね
納得です
  1. 2012/08/01(水) 23:21:13 |
  2. URL |
  3. みーばあ #ofxKis3k
  4. [ 編集 ]

善峯寺

大原野にある古刹なんですね。こういうお寺が普通にある京都は懐が広いですね。
  1. 2012/08/02(木) 11:19:38 |
  2. URL |
  3. なりひら #DhbrllUw
  4. [ 編集 ]

みーばあさん!

こんばんわ~
京都には立派なお寺が沢山ありますが、善峯寺も
その一つですね。

遊龍の松はそれは見事ですよ。
本当に龍が遊んでいるようにうねってます。

「玉の輿」が八百屋の娘、お玉様が家光の側室にまで出世されたことから
きているとは初めて知りましたよ。
なるほどと納得できますね~。

コメントありがとうございました。




  1. 2012/08/02(木) 19:26:07 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

なりひらさん!

こんばんわ~

京都にはこのようなお寺が本当に沢山あり、
仰るように懐の広さに感心します。

このお寺は山寺ですから、山の中に溶け込むように
存在する姿がなんとも美しい絵になっていました。

秋に入りますとシュウメイギク、晩秋には紅葉の美しさも見てみたいと思いました。

コメントありがとうございました。

  1. 2012/08/02(木) 19:45:44 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

すごいです!

こんばんは~

善峯寺は存在すら知りませんでした。
なのでこの遊龍の松を見て驚愕
これほどの五葉の松は見たことがありません。

すごいという簡単な言葉では罰が当たるくらい神々しい姿ですね。

よいものを見せていただきありがとうございます。

歴史のお話も楽しかったですし
桂昌院さんの玉の輿のお話も興味深かったです。


そーなんだ~
  1. 2012/08/04(土) 00:43:13 |
  2. URL |
  3. ジュマ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/08/04(土) 05:54:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ジュマさん!

こんばんわ~

孫たちが、今しがた帰ってゆき、ホッとしましたよ。

善峯寺は我が家、界隈では結構有名なんですよ。
きっと近いからでしょう。
JR向日町駅からバスで30分で行けますから。
樹齢600年の五葉松は本当に龍が遊んでいるように
見えますから、見事です。

八百屋の娘、お玉さんが将軍の側室になられたのは、画期的なこと。
そこから玉の輿にのるという言葉が生まれたとはちょっとした驚きでした~。

そして玉の輿にのせたくて、またはのりたくて、奥の院である薬師堂にお参りされる方が多いというのも、
面白いですよね。

コメントありがとうございました。






  1. 2012/08/05(日) 22:30:34 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

松の巨木

おはようございます

急病のため緊急入院していて訪問もできず、
新規にUPも 出ないでいました。
ようやく自宅に戻ってきましたので、
これからも引き続いてどうぞ宜しくお願いいたします。

天然記念物に指定「遊龍の松」は見事なものですね~
樹齢約600年で全長50m以上あるとか、
まさに日本一ですね。
機会があればぜひ見てみたいものです。

素晴らしい山門、本堂、つりがね堂などさすがと
思わせる造りになってますね~

毎日暑い日が続いています、お身体ご自愛ください。





  1. 2012/08/06(月) 07:54:44 |
  2. URL |
  3. はたやん #cU5sidCo
  4. [ 編集 ]

はたやんさん!

こんばんわ~

急病で緊急入院されていたなんて、驚きました。
もう、大丈夫ですか?
猛暑が続いておりますから、くれぐれもお大事になさってくださいね。

善峯寺は京都駅から比較的近くですから、こちらへ起こしの折には是非お立ち寄りください。
「遊龍の松」は一見の価値がありますよ。

山の風景と建物がよくマッチして、一段と建物を美しく
見せていると思います。
秋の紅葉は格別のようですよ。

この暑さを何とか無事に乗り越えたいと思っているのですが・・・

コメントありがとうございました。









  1. 2012/08/06(月) 22:51:03 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://magamik0501.blog111.fc2.com/tb.php/116-97018a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

伏見の街 (63)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (103)
歴史 (15)
生き物 (18)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR