ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

四辻の四つ当たりと伏見御坊跡

すみれ 昨日(24日)は日差しも暖かく宇治川派流沿いでニオイスミレを見つけた。
また、宇治川の土手では透き通る鶯の初鳴きが聞かれた。
 今朝は(25日)は天気予報は晴れのち曇りとなっているのに朝からどんよりした曇り空、
ベランダの温度計は6℃をさしている。





 我が家の東側に『四辻の四つ当たり』という、ちょっと面白い道があります。
以前から気にしていたところなのでちょっと調べてみました。

地図

 ”四辻の四つ当たり”とは伏見御坊の門前町になります。
伏見の城下町作りは京都の街に習って、東西南北の地割が”碁盤の目”になっていますが、
ここだけはどの道から来ても突き当たるように袋小路に作られているのです。
このように迷路や袋小路をつくったのは軍事警察上の便宜をはかっての事です。

四辻界隈6

 伏見御坊は東本願寺の別院になり、慶長年間(1596~1614)徳川家康の援助を受けて
本願寺12世教如(きょうにょ)上人が建立しました。巨大な御堂があったそうですが、
鳥羽・伏見の戦いのおり、この寺に会津藩が宿泊していた関係で激しい市街戦となり、
御堂の損傷がひどく、1885年(明治18年)縮小して建てられましたが老朽化が進み
平成2年に姿を消しました。
山門とイチョウの木が当時をしのばせてくれます。

 実はここは幼稚園でもあります。
我が孫のハルちゃん、サヤちゃんはこの園の卒園生になります。
門の向こうには真新しい本堂が今年お目見えしました。

四辻界隈 2

大イチョウ 御坊
今の大銀杏と往時の伏見御坊


 四辻の四つ当たりから東方面を見ますと↓の画像のようになってます。
その先には伏見奉行所跡があります。

四辻界隈 4

 四辻の四つ当たりから南をみますと酒蔵がずらりと並んでおり、今はレストランなどとなっています。
大変な人気で休日などは行列ができますし、わざわざタクシーでやってこられる方もおられます。

昨夏、横浜の長男家族がきました折にもこの界隈のレストランを利用しました。

四辻界隈 3

 ↓は南の方から伏見御坊跡を見た画像です。
行き止まりのように見えますね。
(新選組の数人が白刃をひらめかせて走ってきそうに見えませんか)

四辻界隈5
  1. 2015/02/25(水) 08:30:00|
  2. 歴史
  3. | コメント:20
次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

伏見の街 (66)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (105)
歴史 (15)
生き物 (19)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR