ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

善峯寺(西国第二十番札所)

7月24日、標高300mほどの山腹にある『善峯寺(よしみねでら) 京都市西京区大原野』に
行ってきました。

嵐山あたりから南の天王山にかけて連なる峰々が西山と呼ばれ、そこの中腹にあります。
我が家から、バスと電車を乗り継いでも1時間ほどで行けます。

宗派は天台宗、本尊は千手観音菩薩、開基は源算上人、 創建は1029(長元2)年だそうです。

本堂をはじめ大半の建物が応仁の乱で焼かれ、約300年前の江戸中期に桂昌院の寄進で再建された
ということです。


桂昌院は京都堀川の八百屋の次女として生まれ、やがて大奥にスカウトされた方で、「生類憐みの令」の
徳川5代将軍綱吉
の生母であります。




この寺の名物は日本一の松で天然記念物に指定されている「遊龍の松」です。
樹齢約600年といわれる五葉松です。

主幹は大型の傘を開いたように刈り込まれ、高さは3m足らず、そこから1mほどの高さで北へ11m、
西へ28m伸びています。
まさに龍が遊んでいるように見える見事な松でしたよ。


遊龍の松

美しく整った松の巨木は日本一と称され、1932年(昭和7年)天然記念物に指定されてました。
遊龍の松1

悲しいことに松くい虫の被害を受け、根元の左側は保護されていました。
遊龍の松2




境内地3万坪は平地の少ない回遊式境内となっていました。

つりがねは”厄除けの鐘”、桂昌院が徳川五代将軍綱吉公の厄除けの為に寄進された。

桂昌院は1705年、79歳で没し、増上寺に葬られましたが桂昌院廟所には遺髪が納められているそうです。

幸福地蔵、約300年前のお地蔵さま、桂昌院が幸せを願い拝まれた。

薬師堂、桂昌院の両親が祈願された開運出世のお薬師さま。
桂昌院(お玉の方)のように「玉の輿」に乗ることを願う参詣者が多いそうです。

青蓮の滝の竿石は京都青蓮院の門跡より拝受したものだそうです。

■山門(楼門)■



京都市内を見渡すことが出来ましたが、天候の加減で霞んでよく見えなかったのが残念でした。
可憐なカワラナデシコや艶やかなオニユリが夏の境内に彩を添えていました。
(画像をクリックしてくださいね、大きくなりますよ)
京都市内を     カワラナデシコ     オニユリ


  1. 2012/07/30(月) 22:00:00|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23
次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

伏見の街 (63)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (103)
歴史 (15)
生き物 (18)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR