ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し3年になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

9月の六甲高山植物園

今日は9月28日、この月も残すは2日となりました。
朝、夕はずいぶん涼しくなり、我がマンション庭にもヒガンバナが咲き出しました。
花仲間が3年前に植えた白萩も見事に生長し、白い花が風に揺れております。


9月13日、マンションの花仲間のOさんが、神戸市六甲山の『六甲高山植物園』へ
ハイキングの下見に行くということで、magamikもお供させてもらいました。

大好きな高山植物が見られると聞いてワクワク気分。

JRで六甲道駅まで行き、そこからは六甲山のガイドの勉強をしておられるIさんに
案内していただきました。

Oさん、Iさん、magamikの接点は淡路景観園芸学校で園芸療法を共に学んだ仲であります。

市バスで六甲ケーブル下駅 →→ ケーブルで六甲山上駅 →→ 六甲山上バス →→ 高山植物園へ


ロープウエイ

ケーブルは約1・7km、高低差493.3mを10分で結んでました。

途中ですれ違った、クラシックタイプのケーブル、magamikが乗車したのはオレンジとミドリのレトロタイプ。
屋根がガラス張りになっており、美しい自然がより満喫できました。
ケーブル2


六甲山は海抜931m。
海抜865mに位置する『六甲高山植物園』は1933年(昭和8年)植物学者・牧野富太郎博士の
指導により開設。
高山植物園としての歴史は日本で最も長いそうです。

2008年6月、スイスを代表するシーニゲブラッテ高山植物園と姉妹提携をおこなったということです。


(サムネイル画像をマウスオンしてくださいね)
■カノコユリ■


この高山植物園の年平均気温は約9℃、北海道南部並だそうで、高山植物、寒冷地の植物など
約1500種類が栽培されているそうです。

訪れた日の植物園の気温は24℃でした。
園内では様々な花たちが迎えてくれ、嬉しくてテンションは上がりっぱなしでした~。

慣れ親しんできた『カノコユリ』が環境省の定める絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されてるとは驚きでした。

NHKで放映された宮尾登美子原作の「天涯の花」に登場した『キレンゲショウマ』が見られるとは
思いもよらぬことで感動しましたね。

標高880mに位置する「六甲ガーデンテラス」涼やかな風を受け、眼下に神戸の街並みを見ながらの
昼食は格別でした~。
ここからの夜景が『六甲山1000万ドルの夜景』といわれるビュースポットです。
過去にワザワザ夜景を見に来たことがありますがそれは素晴らしかったですよ。

また昭和56年昭和天皇がお立ち寄りになられた『天覧台』からの景観も見事でした。

お茶を楽しむ間、デッキの手すりに長いこと、とまっていてくれた愛らしい『クロヒカゲ』にも
癒されましたね。


六甲高山植物園の花たちを中心にデジブックにまとめてみました。
見ていただけたら嬉しいです~。




比較的身近な六甲の山で沢山の高山植物にあえるなんて本当にラッキーな一日でした。
親切なガイド、Iさんこと緑のライオンさんありがとうござました。
誘ってくださったOさんにも感謝です~。

クリンソウの群生も素晴らしいと聞きました。
その頃、六甲高山植物園を再び訪れてみたいですね。
  1. 2011/09/28(水) 22:00:00|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:36
次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

伏見の街 (63)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (43)
読書 (5)
おでかけ (95)
歴史 (15)
生き物 (18)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR