ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

JR大阪駅・天空の農園へ

7月22日、午後、友人Oさんと新しく様変わりをした、JR大阪駅へ出かけました。
ニュースでは何度も見てるけど実際はどうなんだろう!

まずは「伊勢丹」を覗いてみましょうと。

伊勢丹へ

店内をざぁ~っとめぐり、ショッピングは地下の食品売り場で夕食のお惣菜を買っただけです~。
コーヒーとケーキで一息入れ、
JR大阪駅のシンボル『時空(とき)の広場』へとむかいました・・・


時空の広場

『時空の広場』
南側の大丸梅田と北側のルクア・三越伊勢丹をつなぐ、JR大阪駅橋上駅舎の5階屋上通路。
あえて大きな建造物は造らず、代わりに必要に応じて最大50本のポールを立て空間を自由に
間仕切りできるように工夫されており、演奏会、茶会、お祭りなどに利用できるそうですよ。

画像はエスカレーターから見下ろした時空の広場と大阪駅ホームです。





農園への 階段

園芸好きのmgamikが最も興味を持っていたのが『天空の農園』です!
11階の『風の広場』から階段で3フロア分上がらないと行かれませんでした。
エレベーター・エスカレーターはありません。
なが~い階段、足が鍛えられます~!



田んぼ

上がりきって、まず目に飛び込んできたのが小さな水田です。
地上80メートルの田んぼで稲はスクスク育っています。

田んぼの側にはテーブルと椅子が置かれ、読書をしてる殿方がおられました。
「晴耕雨読」?気分を味わっておられるのかなぁー。


農園全景


そして階段を下りた、地上76メートル、ノースゲートビルの14階が『天空の農園』でした。
風力発電システムとソーラー発電システムが設置されており、
緑の斜面にはブドウの苗木が植えられてました。
ブドウの実もちゃんとついていましたよ。




農園1

農園は都会の人に農業に親しんでもらおうと駅ビルを経営するJR西日本のグループ会社が運営してるそうです。

屋根上の小さな人工畑の広さは400㎡あり、ミニトマト、トウモロコシ、ナスなど約40種類の
野菜やブドウ、茶、花、米を有機栽培で育てているそうです。



(ロールオーバー・ワンクリックで3枚あります)
<


小玉スイカが見事に出来てましたし、トマトも赤く色づいてました。
お花畑には色とりどりの花が植えられてましたね。
(畑の様子は防犯カメラで監視されてますよ)

畑の周りにはテーブルと椅子が用意されており、訪れた人たちは
異次元での休息を楽しんでおられました。


デジブックにまとめてみました。
お時間をとらせてしまいますが是非みてくださいね。



新しく生まれた『大阪ステーションシティ』、
10階の『和らぎの庭』は和風庭園、11階の『風の広場』は洋風庭園、
そして、14階の『天空の農園』。

これからの都会はこのようなかたちで緑化をすすめ、温暖化に歯止めをかけ、
そこは新たな人々の憩いの場となっていくのでしょう。



  1. 2011/07/27(水) 21:30:00|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:38
次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

伏見の街 (66)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (105)
歴史 (15)
生き物 (19)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR