ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

京都府立植物園の10月

今日は18日(水)ベランダの気温はAM9時、16℃
昨日来の雨もあがり薄日が差す朝となっています。


(京都府立植物園、オオオニバスの花)
オオオニバスガラス枠




植物園 毎月のように訪れている京都府立植物園。
10月9日はすっかり秋の装いになっていました。
祭日でもあったこの日は大芝生地ではたくさんの
手作り店が出ており、美味しそうなパン、クッキー、
ケーキ、やアクセサリーなど可愛い小物も売られて
おり大賑わいでした。
 今回は鏡池にオオオニバスの花が咲いているのに
出会うことが出来ました。













オオオニバス(スイレン科)の花が初めて見られました。
アマゾン原産のオオオニバスは夕方から咲き始め、初めは白色ですが翌朝にはピンクに変化する。
magamikが訪れた40分くらいの間にもピンク色が濃くなっているのが分かりました。
花の直径は約40㎝あり、開花初日は芳香を放つが翌日には芳香はしなくなるということです。



オオオニバス合成


ムサ ベルティナ(ピンクバナナ)
バショウ科  原産地インド北部
小さなバナナです。
普通のバナナと違い実が上向きになってます。
熟すと先端から皮ががむけ、美味しそうな果肉がのぞきます。
でも、種が多く甘味はなく無味に近いそうで生食向きではないようです。
どちらかといえば観賞用バナナといったところでしょうか。


ピンクバナナ連結





タコの足
タコノアシ(蛸の足)
タコノアシ科の多年草、
原産地 日本・中国
京都府絶滅寸前種
湿地や休耕田などの湿った場所に生育する。
吸盤のついた蛸の足を下から見たのに似ています。









野山で見られるなじみの実も植物園で見ることが出来ますよ。
実物連結

温室内でも実が色づいてきてましたよ。
バナナ連結



秋の花とそこへやってきた蝶たちです。
(6枚のアニメになってます)

蝶



マガモの雄は夏訪れたときはエクリプス(非繁殖期の雄は雌とよく似た羽色になる)でしたが
今回は綺麗な色と模様になり繁殖期を迎えていました。


マガモたち合成

植物園にはいつも新しい発見があります。
身近に四季折々を堪能できる場所があるって嬉しいことです~。






  1. 2017/10/18(水) 11:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:10

京都大原・寂光院

9月20日、朝からどんよりとした空模様。
ベランダの気温はAM11時25℃

 


 9月15日、久しぶりに京都市左京区の大原を訪ねてみました。
我が家から近鉄電車、地下鉄、バスと乗り継いで一時間余りの所です。


 京都大原寂光院は聖徳太子発願の寺院と伝えられ、本尊は地蔵菩薩。
鎌倉時代の初めに建礼門院隠棲の地としての由緒を持つ古刹でもあります。


 ”祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰(じょうしゃひっすい)(ことわり)をあらわす”
 『平家物語』の冒頭の一節、寂光院はこの平家物語を通して有名になりました。


(寂光院境内と本堂)
ガラス枠


 大原のバス停から三千院とは反対側に里の道を歩くこと20分ほど。
京都の中ではどこよりも早く冬が訪れどこよりも遅く春がやってくると言われる洛北のさらに北郊に寂光院は位置していました。
 小道の脇に「朧の清水」と言われる小さな泉がありました。建礼門院が寂光院に向かわれる途中、朧の月夜に照らされてこの泉にうつった自身のやつれた様子に嘆き悲しまれたという泉です。


寂光院 連結



 風情のある参道の石段に沿って古紅葉の木立が続き、上がり終えたところに小さな桧皮葺の山門がありました。
三門1-2

 山門をくぐると思いのほか小さな本堂がありました。
正面三間、奥行き三間で檜材、屋根は(こけら)葺きでした。
この本堂は2000年不慮の火災により焼失してしまいました。
『すべてを元の通りに』と2005年6月、5年の歳月を経て落慶したのでした。
 本堂に安置される地蔵菩薩立像(像高255・5cm)はお肌は白く、彩色鮮やかな袈裟を着衣されています。
その美しいお地蔵様を近くで詣でることが出来ました。
またその左右奥に建礼門院坐像(69・0cm)と阿波内侍坐像(69・5cm)がおられました。
いづれも焼失したため再興されました。
堂内には語り部がおられ丁寧に説明してくださいました。


(2枚のアニメになってますよ)
本堂





書院
 建礼門院は平清盛の次女・徳子であります。
長じて入内し、高倉天皇(後白河天皇の息子)との間に安徳天皇が生まれたのでした。
平家は1185年壇ノ浦の合戦で滅亡。
一族はまだ幼い安徳天皇(8歳)をはじめとして海中に身を投じるが、建礼門院一人助けられ京都に連れ戻された後出家しました。
そして草深い大原の寂光院に入り、夫高倉天皇と我が子安徳天皇および一門の菩提を弔う余生を送りつつ、1191年2月中旬この地で38歳の生涯を閉じたのです。

 ”いざさらばなみだくらべん時鳥(ほととぎす)われもうき世にねをのみぞ鳴”(では涙比べをしよう、時鳥よ。私もこのつらい世に鳴いてばかりいるのですよ)。 建礼門院の死期が迫ったころの歌だそうです。










境内に植えられた千年姫小松は2000年5月の放火の影響で枯れてしまい、幹だけが残されていました。
宝物殿に展示されていた火災の難を免れた像高10~15cmの彩色小地蔵尊像3千余体には感動しました。

境内連結


 
 長閑な大原の里では稲刈りは概ね終わっており、次への準備が始まっていました。
そんな中を感慨深い思いで大原を後にしました。

田園



















  1. 2017/09/20(水) 11:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:16

京都府立植物園の8月末(水生植物・他)

 8月30日(水) 曇り AM9:00ベランダの気温28℃ 湿度42%
窓から入る風は涼しくしのぎやすい朝となっています。
残すところ一日となった八月、またひと月が終わろうとしています・・・

 8月28日、久しぶりに訪れた京都府立植物園、夏の花から秋の花へと移行しつつありました。
そんな中、今回は水生植物、観覧温室の珍しい花を載せてみました。



(ガガブタ 京都府絶滅寸前種)
ガガブタガラス枠





植物園  2か月ぶりに訪れた京都府立植物園、木陰は少しは涼しいものの蒸し暑さに汗びっしょりになってしまいました。
今回も「週間見頃情報」のプリントを参考に散策しました。
植物生態園のレンゲショウマは花が終わっておりとても残念でした。四季彩の丘で水生植物の小さなガガブタの花に初めて出会えたのは嬉しいことでした!観覧温室では大きなバオバブの花が一輪でしたが見られたのはラッキーでした。






ガガブタ(鏡蓋) 
ミシガシワ科アサザ属の多年草、
原産地:本州以西
湖沼やため池などで見られる多年草の浮葉植物
花は1.5㎝ほど、朝開いて午後にはしぼんでしまう一日花
京都府では絶滅寸前種に指定されており、環境省準絶滅危惧種でもあります。

(2枚のアニメになってますよ)
ガガブタ


観覧温室前の鏡池に咲く花たち
鏡池が一年で最も華やぐのはこの季です。魅力の花を狙うカメラマンの姿が見られるのもこの時期ですね。

オオバミズオジギソウ(大葉水お辞儀草)
マメ科
原産地:南アフリカ
葉に触れるとゆっくりオジギソウのように葉を閉じるそうです。

オオバミズオジギソウ

オオオニバス
(大鬼蓮)
スイレン科
原産地:アマゾン川
オオオニバスとパラグァイオニバスの交雑種
葉の径は2mを超えるようになる。
花は2日にわたって咲きます。
1日目は真っ白な花が咲き翌日の午前中一度花は閉じ、夜になると赤紫に変色して再び
開花するということです。

(画像は2日目の午前中の状態と思われます。)

オオオニバス1-2


熱帯スイレン
一般的に温帯スイレンは水面付近に花を咲かせるのに対し、熱帯スイレンは水面より
高所に花を咲かせます。


連結集


観覧温室内の花


アフリカ バオバブ
アオイ科
原産地:マダカスカル
径が20㎝ほどもある花は下向きに咲き真白な花弁の中央から丸く房状になった雄しべが下がります。
夜に開花して翌日の午後になると茶色く萎んでしまいます。


バオバブ1

バオバブ 
 バオバブというのはアオイ科のバオバブ属の総称。
原生種がマダカスカルに6種、オーストラリアとアフリカに1種ずつ存在しているそうです。
バオバブの幹は徳利のような形をしており高さ約30m、直径10mにも及びます。
果肉は食用・調味料とされ、ビタミンCはオレンジより多くカルシュームは牛乳より多いそうです。
また種子からは油が採集できるそうですよ。
サン・テグジュペリの『星の王子様』では放置すると星を破壊する有害な巨木として紹介されていますが実際、アフリカでは様々に活用されており人々から親しまれているバオバブです。

(画像はネットよりお借りしました。)









モンキーオーキッド(サルのラン)
ラン科
原産地:南米のエクアドル北部~コロンビアにまたがる標高1700m~2600mの高地で
雲霧林の樹木に着生しているということです。
花の大きさは4×20㎝前後。
猿の顔によく似た欄の花です。びっくりです~。

モンキーオーキッド

カカオ
アオイ科
原産地:熱帯アメリカ
幹から直接花が咲き、実がなります。

カカオ

ドラゴンフルーツ
サボテン科
原産地:メキシコ・中南米の熱帯雨林

昼夜逆転の部屋で見た白い大きなサボテンの花はドラゴンフルーツの花でした。
ドラゴンフルーツは「カリウム」「マグネシウム」「葉酸」が特に多く含まれています。
植物繊維はなんとバナナの約65倍もあるそうですよ。


(3枚のアニメになってますよ)
doragonnfuru-tu


汗をかきかきの園内散策でしたが珍しい花、初めての花にも出会え、心躍るひと時をすごせました。








  1. 2017/08/30(水) 09:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:18

黄檗山萬福寺 ② (京都府宇治市)

 7月12日(水)空は梅雨独特のどんより空です~。
ベランダの気温はAM9時、30℃。
とても蒸し暑い朝となっています。



 8日夜遅くに、横浜に住む長男が名古屋出張の帰り、京都の我が家にやってきてくれました。
要介護3になった夫、息子が訪ねてくれるのは何より嬉しく、ビールで持て成し、しばし談笑。

 9日、折角だからどこか一か所でもということで宇治の黄檗山萬福寺へお参り方々出かけました。
二男の子供たち、ハルちゃん、サヤちゃんも一緒です~。

 萬福寺は5月17日のブログにも載せました。よろしければ『こちら』もご覧ください。
(『こちら』をクリックしてご覧くださいね。)

(三門と蓮の咲く放生池)
三門ガラス枠

 1654年中国福建省から隠元禅師は招かれて日本にやってきました。
徳川幕府四代将軍家綱から宇治の大和田に九万坪余りの土地を下賜され禅寺を建てました。
これが宇治の黄檗山萬福寺になります。
 日本三禅宗(臨済・曹洞・黄檗)の一つ、黄檗宗の大本山になります。
 江戸期の尼僧俳人、田上菊舎は『山門を出れば日本ぞ茶摘うた』と、詠み境内に句碑もたてられています。
寺内はそれほどまでに中国的雰囲気の色濃く漂うお寺なのです。


総門


 放生池(ほうじょういけ)は5月に訪れたときとはすっかり様変わりし、高貴な蓮の花が見ごろとなっていましたよ。
 寺院にとって殺生禁断を象徴する場所として放生池がつくられることが多いそうです。
ちなみに放生とは捕えた生き物を逃がしてやることで、仏教の善行の一つになっているということです。
隠元禅師も放生思想を強く持っておられたそうですよ。

(4枚のアニメになってますよ)
放生池2

大雄宝殿(だいおうほうでん) 1668年建立 重要文化財
萬福寺の本堂であり、最大の伽藍です。
日本では唯一最大のチーク材を使った歴史的建造物になります。 
建物の正面、両側には日月を象徴する円窓が設けられています。

(2枚のアニメになってますよ)
宝殿

大雄宝殿が完成した翌年に安置された釈迦如来坐像(中央)、迦葉(かしょう)尊者(右)、阿難(あなん)尊者(左)です。前回は法要が執り行われおり、伽藍内に立ち入ることはできませんでしたが、今回は伽藍内でお参りさせていただき、たくさんの仏像をもじっくり拝観させていただきました。

釈迦如来坐像



idatenn 天王殿に安置されている颯爽として見目麗しい韋駄天像(いだてんぞう)にまつわる不思議で面白いお話を、「この仏様はたいそう男前でな女の人にもてたんや。毎夜毎夜遊びに出かけてしまわれるんで困った和尚さんがこの仏様の周りに金網を張ってお出でになれんようにしはった」というものです。
 なるほど~確かにほれぼれするような美しい仏様です。周りにはしっかり金網が張り巡らされていましたよ。










 黄檗樹(おうばくじゅ)、和名をキハダといいます。
コルク状の上皮をはがし、黄色の中皮で漢方薬(健胃剤、整腸剤)をつくったり、染料としても使われたりします。
 中国の福建省福清県永福郷に黄檗山萬福寺というお寺があり、福清県の山や里には黄檗の木が茂っている、それゆえに萬福寺の山号が「黄檗山」になっただろうということです。

(2枚のアニメになってますよ)
黄檗樹

 禅の教えに興味を持つ長男、座禅用の座布団を購入し、自宅で週に2~3回は香を焚いて座禅をしているといいます。
萬福寺にも強い関心を持って拝観し、お参りしておりました。






  1. 2017/07/12(水) 10:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:12

京都御苑の生物たち(7月)

 7月5日(水)雨ベランダの気温はAM9時27℃、蒸し暑い!
昨夜は激しい雨音で目が覚めました。
今朝のニュースで島根県に大雨特別警報が出されていました。
大きな被害が出ませんようにと祈るばかりです。


 
 3日、京都は最高気温35℃を予想される中、半年ぶりに京都御苑を訪れてみました。
地下鉄今出川駅を出ると目の前は御苑です。
まず、アオバズクがいないかと散策~、場所は地域の皆さんがおられ柵が施されていたのですぐに判明。
皆さんのお話を伺ったりしながらの2時間ほどの滞在となりました。


(アオバズク)
アオバズク・ガラス枠

(タシロラン)
タシロランガラス枠



京都御苑京都御苑は京都盆地のほぼ中央部に位置し、盆地東部を南流する鴨川の氾濫を繰り返し受けて生成された沖積地です。
明治になって都が東京に移り、宮家や公家の邸宅が取り除かれ公園として整備され市民に開放された国民公園です。








 その国民公園である京都御苑は65㌶にも及ぶ公園です。
苑内に生育する樹木は約5万本、樹齢100年を越す巨木の森となっています。
広大な緑の空間、立派な巨木を見て歩くだけでも価値があると思いますよ。


(5枚のアニメになってますよ)
古木

  アオバヅクが毎年ここへやってきて営巣し、子育てをしています。
数組いるそうですが高い木の上にいますので探すのはちょっと大変。
今子育ての真っ最中、雛は巣の中にいるそうで親鳥だけ何とか撮影できました。
アオバヅクはとても敏感な鳥さんなので指で指し示したり、大きな声を出さないようにと大切に見守っておられる地域の皆さんに教わりました。
全長30㎝弱でフクロウとしては中型だそうです。
昨今、大木や昆虫類の減少で数を減らしてるようですよ。


(3枚のアニメになってますよ)
アオバヅク

 タシロラン(田代蘭) 準絶滅危惧種の大変貴重なお花に出会え感激!
腐生蘭(菌従栄養植物)で葉緑素をもっていない植物です。
落ち葉が堆積し腐葉に近い状態の日陰の場所からごく稀に生えるということです。
森の妖精といわれる所以も分かるような気がしました。
豊かな自然に恵まれていることの証にもなるそうですよ。
タシロランの名は発見者の田代善太郎氏に因んで牧野富太郎博士により命名されたそうです。
花の命は2週間足らずだそうです。


(2枚のアニメになってますよ)
タシロラン

 御苑のあちらこちらでヤブミョウガが群生し小さな白い花を咲かせていました。
タイサンボクも大きな白い花を多数つけてましたね。
御苑一大きな花になるそうです~。
ギンナンの実も見つけました~。
秋にはギンナン拾いが出来るのかしら?


(4枚のアニメになってますよ)
花と実

 留鳥のシジュウガラ、ヤマガラにも出会えました。
昆虫のコオニヤンマ、ツマグロヒョウモンも見つけました~。


(4枚のアニメになってますよ)
小鳥&昆虫

 周囲4キロの公園をあれこれ見ながら一回り歩くと生物の多様性を強く感じることが出来ますよ。
今までに発見されてる生物は鳥類92種、蝶類52種、草本類約200種、きのこ約400種、トンボ類20種、蝉8種だそうです。
京都御苑がいかに自然豊かであるかは発見された生物の数が物語ってますね。

  1. 2017/07/05(水) 09:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:14
次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

伏見の街 (70)
未分類 (50)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (108)
歴史 (15)
生き物 (19)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR