ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

爽やかなイチハツの花!

  10日(水)ベランダの気温はAM9時、19℃
昨夜来の雨は上がったもののどんよりとした曇り空、
ツバメがしきりに鳴いている。
カラスが大切な巣に近づいてきたので懸命に追い払っているのです。
やがてカラスは諦めて飛び去った。良かった~!



 イチハツの花、爽やかな色合いは緑の中で一際映えます。
半日陰の乾燥地を好む、常緑多年草のこの花は江戸時代に中国からやってきた帰化植物。
ガラス枠

 8日(月)、2か月ぶりに京都府立植物園を訪れました。
夏日となったこの日は日差しも眩しく、
園内は初夏の装いを呈していました。
少女像

 園内で最も好きな植物生態園の木陰で一際目を惹く花、イチハツがたくさん咲いていました。
イチハツはアヤメの仲間の中で一番早く花をつけることから「一初」の名がついたそうです。

(2枚のアニメになってますよ)
イチハツ

 イチハツについてネットで調べていると面白いことが見つかりました。
昔は農家の茅葺き屋根の棟の上にイチハツを植える風習があったということです。
面白く思いそのことを今回はUPしてみました。

auto-PYMw5G.jpg

 それは「芝棟(しばむね)」呼ばれ、茅葺き屋根において棟からの雨漏りを防ぐための棟仕様の一種。
棟の上に土をのせ、その土が風雨で流れないように芝を植え、その根が張ることで棟をしっかり固めるというもの。
棟に植える植物にはシバの他、イチハツ、ショウブ、オニユリ、キキョウ、イワヒバ、ニラなどがあるそうです。
auto-dJj1Cb.jpg

 どれもがしっかり根を張り、日照りに強く、そして花の咲く植物。
棟に花が咲けば植えられている植物の根が張り、棟がしっかり固められているという印になるというわけです。
auto-3qzARJ.jpg

 野辺から採ってきた芝土にはいろんな種子や球根や根茎などが混入している、風や鳥によって運ばれる種子もあるからやがて色々な植物が混生。
まるで屋根の上のお花畑です!
「芝棟」はかつては日本全国でみられたそうです。
今ではほとんど保存されておらず見られないのは残念です。


img_6.jpg
 ※茅葺き屋根の画像はネットよりお借りしました。

 海外のフランスの茅葺き屋根にも芝棟があるそうで、そこにはイチハツだけが植えられているそうです。
アヤメ科の中で最も好きなイチハツが思わぬところで活躍していた事を知り感動しました。




  1. 2017/05/10(水) 10:00:00|
  2. | コメント:12

ツルボとヒガンバナ 他2種

台風17・18号による関東・東北は川が氾濫し、とてつもない被害が出てしまいました。
一刻も早く復興できますようにと祈るばかりです。

さて、季節は一気に秋へと進んだように思います。
あの猛暑が今では嘘のようです。

9月14日、AM7時過ぎ、我がベランダから見えた空は雲一つなく、
真っ青!、長いことこのような澄み渡った空は見てなかったですね。

早朝ウオーキングも、爽やかで快適になってきました。
汗もあまりかかなくなり、水分補給も少なくて済みます。
草むらではいろんな虫たちが賑やかに合唱しています~。

14日AM7時10分我がベランダより                 15日AM6時04分 宇治川
青空  宇治川


9月13日、綺麗に刈られた宇治川土手に大好きなツルボの花が咲き出していました。
嬉しいな~!、可愛いなぁ~~!
小さなお花ですので土手に座り込んでいっぱい撮りましたよ!!
(画像は6枚ありますよ)

つるぼ


そしてツルボの花が咲くとヒガンバナも咲きだします。
真っ赤なヒガンバナは遠くからでも目に飛び込んできます。
ツルボと同じ土手に咲きますがなんとなくすみ分けてるような気がします~。
京阪電車がひっきりなしに通ります。
京都伏見に住んで2度目の出会いです~。
(画像は6枚ありますよ)

ヒガンバナ

夏草の成長はとてもはやく、magamikの胸あたりまで伸びていました~。
その草が土手道へ倒れこみ歩くことが出来ないほどになってました。
8月末、その生い茂った草も綺麗に刈り取られ、野草好きにはちょっぴりさびしいくらい
すっきりしてましたが、次の花、ツルボとヒガンバナが陽の光をたっぷり浴びて元気よく
咲きだし、喜ばせてくれます。


近鉄電車に乗って一駅の向島も伏見区ですが広大な田園地帯となっております。
ここは我が国初の国営干拓事業による干拓田だそうです。
農道を散策してますとそよ風と美しい緑が心地よくて・・・

田園地帯

田の畔で『チョウジタデ(丁子蓼)』の花に出会いました。
アカバナ科の1年草、在来種ですが準絶滅危惧種に指定されています。
チョウジタデ1

他の畔に、『ヒレタゴボウ(翼田牛蒡)』という似た花も咲いてました。
こちらもアカバナ科の一年草、違うのは北アメリカ原産の外来種だということです。
ヒレタゴボウ1

在来種と外来種上手く共存できるとよいのですが・・・





  1. 2015/09/16(水) 10:00:00|
  2. | コメント:18

夜咲く妖艶なカラスウリ(烏瓜)の花

暦の上では秋になりました~。
しかし猛暑はまだまだ続いています。
早朝ウオーキングで宇治川派流沿いの柿の木にカラスウリ
蔓が巻き付いており咲き終わった花をたくさん見つけました。
よく見ると蕾もたくさん見られたので、夜、懐中電灯持参で出かけてみました。

夜はめったに外出しないmagamik、黄桜酒造と月桂冠大倉記念館前の
ライトアップが新鮮でした。
観光地ですがPM8時頃にはほとんど人通りはなく、静かな町です。
カラスウリはこのすぐ近くの川沿いにあります。


酒蔵


PM8時頃、白い花は半開きでした。
ウリ科の植物は蔓性の多年草、夜間だけ開き翌朝にはしぼんでしまう一日花。
ゆえに、開花を見ることは少ないと思います。

karasuuri.gif

PM8時20分頃、満開になりました。
暗闇に咲く姿は神秘で幻想的な魅力がありますね。
白い花は月の光の下でよく目立ち、花粉を媒介してくれるへの目印となるようです。

カラスウリは雌雄異株であることが分かりました。
撮影してきたものは全て雄花でした。
残念ながら実は雌花につきますので見られません・・・
カラスウリ開花


Trichosanthes_cucumeroides.jpg キイロスズメ
上↑が雌花、ネットよりお借りしました。        媒介役のスズメがの仲間キイロスズメ
                                 ネットよりお借りしました。



秋になると実がなり熟すと美しいオレンジ色になります~。
昨年他の場所で撮影したものです。
沢山のオレンジ色の実を昔ながらの旧家の玄関先に飾られているのを
見かけたことがありますがなかなか風情があり素敵でした!

カラスウリ
  1. 2015/08/12(水) 20:50:00|
  2. | コメント:16

三室戸寺の紫陽花(京都府宇治市)

ユリ 

  早朝ウオーキングをしていたある日、畑の端に
  植えられていたテッポウユリを鋏で切っていた
  花の主さんが通りかかったmagamikにもわざわざ
  切って下さった。
  早速、玄関に飾らせてもらいました。
  ユリの良い香りが一面に漂い、しばらく楽しませて
  いただきました~。






ツツジ      

      4月30日三室戸寺を訪れた折には
     美しいツツジを堪能したのでした。
     大庭園の山沿いに植えられた約二万本の
     ヒラドツツジはバックの緑や濃緑の木々に
     映えてすてきな景観を醸し出していたのでした。






 花の寺としても親しまれている三室戸寺・西国観音霊場十番札所は6月に入ると一万株の紫陽花が
杉木立の下に咲き誇ります。

そこで6月10日、紫陽花を愛でに訪れたのでした~。

 今回は山門までの参道には源氏物語宇治十帖の絵入り行灯が並べられお迎えでした。
宇治は源氏物語宇治十帖にも描かれており、こちらの三室戸寺にも「浮舟古跡」と刻まれた
古碑があります。

三室戸寺1

浮船古跡 浮船観音
浮舟古跡と浮舟観音(画像はネットからお借りしました。)


 約180年前に建立された本殿(修験宗の別格本山)
鉢植えされた蓮の花が1~2輪開花してました。
(画像は2枚あります)
本殿


50種一万株が杉木立の間に咲く様は見事で素晴らしい景観を醸し出しています。

朝日新聞読者アンケートでは三室戸寺の紫陽花は全国第3位に選ばれているそうです。
(画像は5枚あります)
ajisai.gif

詳しくはデジブックにまとめてみましたのでご覧いただければ嬉しいかぎりです。
(フルウインドウで見るをクリックしてご覧くださいね。
尚ページ数が多いですから、本の右端中央へマウスを
持っていきますと▲の矢印が見えますのでクリックしてください、
ページを早く繰ることができます。).

    
  1. 2015/06/24(水) 11:50:00|
  2. | コメント:18

オオカワヂシャ(特定外来生物)

29日、祭日の「昭和の日」25℃を越す夏日となっております。

散歩中に愛らしい花を見つけました。
名前が分からず調べてみましたら、「オオカワヂシャ」ゴマノハグサ科、
ヨーロッパからアジア北部原産の帰化植物でした。
そこまでは良かったのですが、『特定外来生物』に指定されてました。

特定外来生物とはどのようなものをさすかというと、
外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、
農林水産業へ被害を及ぼすもの又は及ぼす恐れのあるものの中から
指定されるということです。
特定外来生物はいきているものに限られ、個体だけではなく、卵、種子
器官なども含まれるそうですよ。

オオカワヂシャは近畿地方で増加し、これに圧迫されて在来種のカワヂシャが
減少している地域では絶滅が危惧されているということです。


(オオカワヂシャ、3枚のアニメになってますよ)
1430228372Vk_CqyUXjHbEMXz1430228370.gif

↓は在来種のカワヂシャ、(ゴマノハグサ科)川岸や田んぼの縁などの湿ったところに
生える二年草、高さは10~50㎝でオオカワジシャより全体に小ぶりです。
(画像はネットよりお借りしました。)
kawajisyaQ1.jpg

特定外来生物に指定されている
オオキンケイギク アレチウリ ミズヒマワリ オオハンゴソウ 
 オオキンケイギク アレチウリ mizuhimawari1t.jpg オオハンゴソウ

※ 外来生物法
  特定外来生物による生態系などに係る被害の防止に関する日本の法律。
  2005年6月1日に施工された。

  特定外来生物は植物に限らず、哺乳類、鳥類、爬虫類、魚類、昆虫類など
  色々あります。  




  1. 2015/04/29(水) 16:00:00|
  2. | コメント:20
次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

伏見の街 (63)
未分類 (49)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (103)
歴史 (15)
生き物 (18)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR