ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

京都御苑の小鳥たち・他

11月15日(水) ベランダの気温 AM9時 13℃
濃霧に包まれた朝、遠くの山々は霧の中・・・



  11月10日、京都御苑(京都市上京区)へ出かけてきました。
御苑とは京都御所を囲む周囲4㎞の国民公園のことです。
明治時代初期まで約200軒の宮家や公家屋敷が建ち並んでいた跡地でもあります。
樹齢百年を超す巨木の見事な森となっています。
ちなみに国民公園は日本には京都御苑・新宿御苑・皇居外苑の3つしかありません。
最初の国民公園が京都御苑になります。


(バードバスで水浴びするエナガ達)
エナガガラス枠
  

 一條邸跡の大イチョウの黄葉が青空に映えていました。
紅葉も日当たりの良いところから始まっていましたよ。

大イチョウ

 明治天皇がお生まれになられた中山邸のイチョウと苑内のイチョウの元でギンナン拾いを楽しむ人。
銀杏連結


 御苑内にはバードバスと言って鳥の水場が設けられています。
ここではいろんな鳥たちが水を飲んだり、水浴びするためにやってきます。
しばらく待っているとエナガ達がやってきました~。

(4枚のアニメになってますよ)
エナガ

メジロもやってきました。
メジロ連結

 冬鳥のアトリの登場です~。
雀より少し大きめの鳥です。
アトリの目の前でエナガが水浴びしてました~。

(3枚のアニメになってますよ)
アトリ

いつも見られるヤマガラ・シジュウガラも御多分に漏れずやってきました。
とても人懐こい鳥ですね、すぐ近くまで来てくれます。

ヤマガラ連結

 小さいバスにウグイスがやってきました。
日本ではほぼ全国に分布する留鳥。
笹の多い林下や藪を好むため、なかなか姿を見ることが出来ない鳥です。

ウグイス2

 今回の目玉はキクイタダキです!
初めての出会いに感動しました~。
全長10㎝、体重5gほど、日本で見られる鳥の中で一番小さな鳥になるそうです。
名前の由来は頭頂部に黄色い冠羽があるためで、開くと菊の花に似てるそうですよ。
冠羽を開くのは繁殖期の初めのころに限られるということです。

(3枚のアニメになってますよ)
キクイタダキ

 この日も野鳥ファン5~6人の方が既に来ておられました。
「野鳥を撮るのは運と忍耐、何が起こるかわからないから」と教えられました。
magamik、午前中の1時間ちょっとの滞在で出会えた鳥さんたちです。
今回は出会えないかなと諦めかけていたとき、突然、次々やってきてくれました。
運と忍耐、おっしゃる通りでした。


 マツカサキノコモドキ
落ち葉の中に埋もれた古い松ぼっくりから生えてるキノコ。
晩秋から初冬にかけて見られる小さなキノコたち、
野鳥ファンの方に教えていただきました。


キノコ


 京都御苑は「森の博物館」、子供たちは先生に引率されて自然観察にやってきます。
この日も数組見かけましたよ。
京都の街中の手入れの行き届いた森は誰もがいつでも楽しめる国民公園です~。


観察





  1. 2017/11/15(水) 09:40:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:16

11月の京都府立植物園

 今日は11月8日(水) 昨日は立冬でした。 
ベランダの気温はAM11時 17℃
朝から鬱陶しい雨が降り続いています。



11月6日、秋晴れの中、京都府立植物園に出かけてみました。



(紅葉が始まりました)
紅葉ガラス枠


 台風21号の影響で植物園の桜の木が倒れた事をニュースで知り、どんな具合だろうと確かめに来ましたらなんと10本もの木が無残な姿になっていました~。何とか起こして復活させることができると良いのですが・・・
桜連結

 他の木もあちらこちらで折れたり倒れたりしており、職員の方々は後片付けに追われていました。
倒木連結





紅葉
 池の周りにはたくさんのモミジが植えられていますが紅葉は始まったばかりでした。
紅葉狩りを楽しめるのも間もなくですね。
池にはマガモの飛来がいつもより多く見られました。
池中をすいすい泳いだり、陸に上がってくつろいだりしていました~。
(4枚のアニメになってますよ)


















フウ
 植物園創設時に植えられたフウの木は樹齢約100年、高さ25mもあります。
園の東より蓮池の袂に植えられており、ひときわ目立っています。
日当たりの良いところから紅葉してきてますから全体が赤く染まるのもまもなくでしょう。
中央の枝先はこのたびの台風21号で折れてしまったようです。





















 

 ハウチワカエデ(ムクロジ科)左、サトウカエデ(ムクロジ科)右のように美しく色づいてる木もありました。
カエデ


なんといっても実りの秋!
いろんな実を探して園内を散策するのも楽しいものですよ。

(5枚のアニメになってますよ)
実1

(5枚のアニメになってますよ)
実2



秋の花たち
ヤナギノギク(キク科)とシクラメンヘデリフォリウム

シクラメン連結

秋バラとコスモス
バラ連結

芝生広場に設けられた菊人形ならぬ菊新幹線?、若いファミリーに人気でした~!
菊列車

 台風の影響でたくさんの木が被害にあってしまい凄く残念でした。
けれども、いろんな木の実を探したり、可憐な秋の花を愛でたり、初紅葉もみられた京都府立植物園、11月も楽しくて面白くてワクワクできました。
  1. 2017/11/07(火) 14:43:40|
  2. おでかけ
  3. | コメント:10

京都 清水寺(世界文化遺産)&大谷廟

 11月1日(水)ベランダの気温はAM9:00 10℃ 
空は雲一つない快晴の朝となっています。
冷気が体をピッとさせてくれます。
AM8時前、子供たちの安全を見守る
黄色い旗振りバーバをしてきました~。


 10月27日、清水寺と大谷本廟をお参り方々散策してきました。
我が家からは京阪電車を利用し、清水五条駅で下車、徒歩10分ほどで東山に位置する大谷本廟に到着します。
さらに緩やかな五条坂を上ったところに清水寺はあります。


(清水寺からの京都市街)
清水寺ガラス加工



 大谷本廟とは
浄土真宗を開いた宗祖親鸞聖人(1173~1263)のお墓のあるところです。
めがね橋(円通橋)を渡り、進んだ先には立派な総門がありました。
その手前の植え込み内に親鸞聖人の銅像が立たてられており訪れる人々を温かく迎えてくれました。


桧皮葺の総門
総門2


 さらに進むと佛殿(本堂)です。
堂内からは読経が流れてきてました。
京都伏見の日野で生誕した親鸞聖人、その地を訪れたことや五木寛之氏の『親鸞上下』を読み、
なんとなく身近に感じられるようになっていた親鸞聖人の大谷本廟をお参りできたことは感慨深いものがありました。


仏殿(本堂)
仏殿2

 茶わん坂(五条坂)
緩やかに続く閑静な坂道は清水寺にお参りする一つのルート。
東山にある京焼・清水焼の発祥の地でもあります。
店先に並ぶ斬新で独創的な作品を横目に見ながら清水寺に向かいました。


茶碗坂2



 世界文化遺産の清水寺
仁王門(重要文化財
(4枚のアニメになってますよ)
清水坂階段を上って清水寺山門の前に出ました。平日にもかかわらず観光客でいっぱいでした。東山の音羽山の中腹に建つ「清水寺は」世界遺産にもなっており、海外からの観光客からも大人気の寺院です。和服姿でお参りしてる方々もほとんどは外国の方です。修学旅行生もたくさん来ており、清水坂はあふれんばかりの人々がショッピングを楽しまれていました。











京都市街が一望 ・ 鐘楼
連結1








三重塔
 三重塔(重要文化財)

847年創建、1987年解体修理、彩色の復元がされました。
仁王門から境内に入り右手に位置しています。
高さは31mあり、三重塔としては日本最大となっています。
古くからこの地にそびえ立ち人々が崇敬の念を込めて見上げることから『東山のシンボル』とも言われており、どこから観ても絵になる美しい塔です。
(4枚のアニメになってますよ)



















  
 清水寺は京都東山の音羽山の中腹に位置する歴史ある寺院です。
778年延鎮上人により開山されました。
北法相宗大本山、西国三十三か所観音霊場第16番札所となっています。
本尊は千手観音となっています。

千手観音






(4枚のアニメになってますよ)

本堂 309年前に再建された清水の舞台であまりにも有名な本堂(国宝)。現在『平成の大改修』の真っ只中、屋根は「素屋根」と呼ばれる覆いで隠れていますが2020年の3月までには「素屋根」は解体の見通しだそうです。足場の数々の柱の間から奥の院のさらに奥にある「子安の塔」(重要文化財)が見えます。












 音羽の滝
清水の舞台と並んで人気なのが音羽の滝です。
流れ落ちる三筋の水は東山山渓からの地下伏流水、時間をかけて自然に濾過された水は不純物が少なくミネラルが豊富な水となってます。
いただく水のご利益は画面に向かって右から『延命長寿』『恋愛成就』『学業成就』だそうですよ。
滝の周りは長い列、先を急ぐmagamikは残念だけれど見るだけにしました

音羽の滝

百体地蔵堂と子安塔(高さ15m)
連結2



 紅葉が始まったばかりの清水寺、紅葉を求めて世界中の方々がどんどん観光に来られることでしょう。
清水寺貫主・森清範氏のお書きになる今年の漢字一文字はどんな字でしょう?
そして著書「こころを活かす」「こころを練る」、また先代の貫主・大西良慶氏の「ゆっくりしいや」はmagamikの疲れた心を癒す時とても役立っています。

清水










  1. 2017/11/01(水) 14:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:12

京都伏見 金札宮(きんさつぐう)他

 10月15日(水) AM9時ベランダの気温は15℃。
昨夜来の雨は上がったものの空は灰色の雲に覆われた冷たい朝となっています。
台風21号、各地に大きな被害を残しました。
大好きな京都府立植物園の大きなソメイヨシノの木が根こそぎ何本も倒れている映像も見ました。
被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 
 magamikは風邪をひいて咳と微熱が続きお散歩はお休みしていました。
熱の下がった昨日、AM9時過ぎ自宅を出て近所の金札宮をお参りし、東高瀬川の堤防を上流に向かって歩きました。


(金札宮)
金札宮ガラス





区役所伏見区総合庁舎
我が家から北の方向、5分ほどの所です。
伏見の人口は2017/9/17現在人口278904人、
男性・133619人、女性・145285人、
世帯数・127715となっています。
magamikは期日前投票をここで済ませました。
この庁舎の北隣に『金札宮』は位置しています。
住宅地のこじんまりとした神社です。








 

 金札宮は750年孝謙天皇が「金札白菊大明神」の宸翰(しんかん)を贈り、里人が社殿を造営したのが起源とも、貞観年間に官人・橘良基が阿波から天太玉命(あめのふとたまのみこと)を勧請したのが起源とも言われている伏見で最も古い神社の一つです。

社殿

 金札宮といえばお参りすれば金運に恵まれそうな気がしてしまいますが・・・
金運とはあまり関係なさそうです・・・
謡曲の作は観阿弥と伝えられています。


謡曲

 さして広くない境内に一本の巨木があります。
樹齢1200年と言われるクロガネモチの木で京都市の天然記念物になっています。
樹高10.6m、胸高周り約2.2mの雌木のクロガネモチです。
ことしも可愛らしい赤い実をいっぱいつけていますよ。


クロガネモチ合成

 クロガネモチの鈴なりの赤い実は縁起がいいなと思えますし、「金札宮」と言う神社名からも金運を授かりたいものとお参りされる方も多いようです。




 草刈も終りさっぱりした東高瀬川堤防、酒造会社の向こうに見える伏見桃山城を見つつ上流へと歩きました。
連結

 川中には6羽のマガモが飛来してきていました。
寒さが増せばいろんな冬鳥がやってきますから楽しみです。

マガモ連結




近鉄
 あちこち見とれて歩き、気がつけば8000歩近くになってました。少し疲れを感じ、ここは無理をしないでと最寄りの近鉄伏見駅から電車に乗り、桃山御陵まで帰りました。2区間わずか5分ほど、あっという間に帰れました。
散歩に出かけるのはmagamikにとって良いことです、元気も出てきました~。












  1. 2017/10/25(水) 11:00:00|
  2. 伏見の街
  3. | コメント:14

京都府立植物園の10月

今日は18日(水)ベランダの気温はAM9時、16℃
昨日来の雨もあがり薄日が差す朝となっています。


(京都府立植物園、オオオニバスの花)
オオオニバスガラス枠




植物園 毎月のように訪れている京都府立植物園。
10月9日はすっかり秋の装いになっていました。
祭日でもあったこの日は大芝生地ではたくさんの
手作り店が出ており、美味しそうなパン、クッキー、
ケーキ、やアクセサリーなど可愛い小物も売られて
おり大賑わいでした。
 今回は鏡池にオオオニバスの花が咲いているのに
出会うことが出来ました。













オオオニバス(スイレン科)の花が初めて見られました。
アマゾン原産のオオオニバスは夕方から咲き始め、初めは白色ですが翌朝にはピンクに変化する。
magamikが訪れた40分くらいの間にもピンク色が濃くなっているのが分かりました。
花の直径は約40㎝あり、開花初日は芳香を放つが翌日には芳香はしなくなるということです。



オオオニバス合成


ムサ ベルティナ(ピンクバナナ)
バショウ科  原産地インド北部
小さなバナナです。
普通のバナナと違い実が上向きになってます。
熟すと先端から皮ががむけ、美味しそうな果肉がのぞきます。
でも、種が多く甘味はなく無味に近いそうで生食向きではないようです。
どちらかといえば観賞用バナナといったところでしょうか。


ピンクバナナ連結





タコの足
タコノアシ(蛸の足)
タコノアシ科の多年草、
原産地 日本・中国
京都府絶滅寸前種
湿地や休耕田などの湿った場所に生育する。
吸盤のついた蛸の足を下から見たのに似ています。









野山で見られるなじみの実も植物園で見ることが出来ますよ。
実物連結

温室内でも実が色づいてきてましたよ。
バナナ連結



秋の花とそこへやってきた蝶たちです。
(6枚のアニメになってます)

蝶



マガモの雄は夏訪れたときはエクリプス(非繁殖期の雄は雌とよく似た羽色になる)でしたが
今回は綺麗な色と模様になり繁殖期を迎えていました。


マガモたち合成

植物園にはいつも新しい発見があります。
身近に四季折々を堪能できる場所があるって嬉しいことです~。






  1. 2017/10/18(水) 11:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:12
次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

伏見の街 (71)
未分類 (50)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (111)
歴史 (15)
生き物 (19)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR