ひまわりのひとり言2

京都伏見に転居し4年目になりました。身近な京都を中心にあれこれ紹介したいと思います

4月の京都植物園 (後編) 山野草・他

 4月18日(水) AM9時、我がベランダの気温は15℃、 曇り、
昨夜来の雨は上がり、午後にはお日様は顔を出してくれそうです・・。


(京都府立植物園のミズバショウ)
ミズバショウガラス枠

 4月2日、京都府立植物園のまだまだ初々しい新緑です~。
今回は可憐な山野草にたくさん出会えましたのでそれらを中心に
木々の花も載せました。

風景2


 ミズバショウは葉が少々伸びすぎてますがそれでも美しい花が見られたのは
期待していなっただけに嬉しくラッキーでした。

ミズバショウ連結

愛らしく魅力いっぱいの山野草がたくさん咲いていました。

(5枚のアニメになってますよ)
イカリソウ



(5枚のアニメになってますよ)
山野草1

(5枚のアニメになってますよ)
山野草2

 フタバアオイ(双葉葵)、カモアオイ(賀茂葵)とも言います。
徳川家の家紋になっていることはあまりにも有名ですが
京都の下鴨神社のご神紋にもなっています。
毎年5月中旬に行われる下鴨神社の「葵祭」のシンボルになっています。

フタバアオイ


木々の花たちも美しく素敵ですよ。

風景1

(4枚のアニメになってますよ)
躑躅

(4枚のアニメになってますよ)
樹木の花

 4月はじめの京都府立植物園では桜やチューリップのほかにも
大好きな山野草がたくさん観られました。
遠くまで行かなくてもこうして多くの植物に出会える植物園の存在は
とってもありがたいです~。






  1. 2018/04/18(水) 09:00:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:9

京都府立植物園の4月(桜とチューリップ)

 4月11日(水) AM9時、我がベランダの気温15℃、空一面雲。
ツバメたちの巣作りが始まっていますよ。



(京都府立植物園の桜とチューリップ)
桜・チューリップガラス枠


 4月2日の京都府立植物園では桜が満開でした。
月曜日にもかかわらず大勢の方がお花見を楽しんでおられました。

 宴会を持たれる人々、新しい門出の記念撮影をされる人、はしゃぐ子供たち、
ゆっくりお花を愛でる老夫婦、こんなにも平和な風景を醸し出してくれる桜って
なんて素晴らしいんでしょう。
これこそがこの世の”パラダイス”ですね。

 そよ風に花吹雪が舞えばそれを目の当たりにした人からは歓声があがります。
そして散った花弁が浮かぶ池で憩うカルガモさん・・・。

 昨年の台風の影響でたくさんの古木が倒れ、新しく植えられた若木達が元気よく花を
いっぱい咲かせ新旧交代の始まりです。


(5枚のアニメになっていますよ)
桜




『桜』は品種改良が盛んにおこなわれていることと突然変異や交雑が起こりやすいことから、
園芸品種、野生種合わせると600品種以上(野生種100品種)にもなるそうですよ。


ミドリザクラ
ミドリザクラ(緑桜)
マメザクラ系で御殿場の高沢二郎氏によって
1916年4月発見、花は純白で萼が緑色をしています。
関東地方西南部や伊豆半島の天城山地でも
発見されています。








 北門を入ると真っ先に目に入ったのが満開の『チューリップ』でした。
誰もが小さいころから慣れ親しんでいるチューリップは春の草花の女王ですね。
今やチューリップのない春なんて考えられないくらいです。

 日本に入ってきたのは江戸時代後期、でも普及には至らなかったということです。
1917年(大正8年)富山県砺波郡の庄下村(現砺波市)の水野豊造氏によって栽培されて
いたことから本格的栽培は富山県が日本初となります。

 球根はほとんどオランダからの輸入ですが日本の球根生産は富山県53%、新潟県45%だそうです。
日本で栽培されたもの、オランダ等から輸入したものを合わせると約8000種類(2001年
現在)もあるということです。


(5枚のアニメになってますよ)
チューリップ


チュ-リップといえば『おやゆび姫』どなたもご存じの童話、懐かしいのではと思います。
子供のころ何度も読んだ記憶があります~。
お時間をとらせますが童心に帰ってどうぞご覧下さい。
(画面中央の三角をクリックしてくださいね)





次回、京都府立植物園生態園の野草を中心にUPさせていただきます。



  1. 2018/04/11(水) 09:30:00|
  2. おでかけ
  3. | コメント:8

桜たちの競演(伏見桃山城・宇治川派流・他)

 4月4日(水) AM9時我がベランダ気温18℃ 晴れ少し霞む。
初夏のような晴れ続き、今宵は雨の予報、お湿りが恋しくなりました。




(満開の桜と伏見桃山城)

伏見城ガラス枠

 京都伏見では3月23日、ソメイヨシノは2~3分咲き、30日には早くも花びらが
ちらほら舞うさまも見られましたよ。
連日快晴に恵まれ、青空に映える桜たちは一際美しく華やいでみえましたね。
magamikの散歩コースにもたくさんんの桜があります。
その桜たちの競演を十二分に楽しませてもらいましたよ。
そんな地元の桜を載せてみました。



伏見桃山城
伏見区の桃山丘陵に位置する桃山城は模造天守です・・が伏見の大切なシンボルと
なっています。
桜の木は結構たくさん植えられており、この時期はお花見を楽しむ人々で特に賑わ
います。

(5枚のアニメになってますよ)
桃山城

北堀公園
伏見城当時の北側にあった外堀の遺構を利用し、堀の形状も生かし整備された公園です。

(5枚のアニメになってますよ)
北堀公園

御香宮神社
伏見地区の産土神(うぶすなかみ)になります、
神功皇后の神話による言い伝えから、安産の神としての信仰も集めています。

(4枚のアニメになってますよ)
御香宮神社

宇治川派流と十石舟
宇治川派流は琵琶湖からの疏水を宇治川に流す運河です。
江戸時代には問屋・宿屋・酒蔵などがたてられ米や薪炭、出来た酒などを運ぶ
小舟が往来していました。
現在は観光船の十石舟・三十石舟が往来し、風情ある風景を醸し出しています。

(5枚のアニメになってますよ)
宇治川派流


 桜は本当に不思議な花、日本の文化の中でず~っと生きてきた花でもあります。
又桜の花は自分が生きている喜び、生かされていることへの喜びを感じさせてくれる
花かもしれません・・・。


(葛飾北斎の桜と富士の絵)

sa1.jpg







  1. 2018/04/04(水) 09:30:00|
  2. 伏見の街
  3. | コメント:6

背割堤(せわりてい)の桜(京都府八幡市)

 3月28日(水)我がベランダ気温AM9時 15℃ 晴れ
初夏を思わせるような陽気に戸惑いを感じます~。




(26日午後、五分咲き程度の背割堤桜)
背割れの桜ガラス枠

 26日午後、京阪電車で大阪方面へ向かって三つ目の駅、「八幡市駅」より徒歩10分ほどに
位置する『淀川河川公園背割堤の桜』を観に行ってきました。
全国第3位、京都府内第1位の桜の名所、例年30万人の人が訪れています。






  ここは桂川・宇治川・木津川が合流して淀川となる三川合流地域の堤防の桜並木です。
画像手前の川は木津川になります。


 1978年(昭和53年)、当時の建設省によって約250本のソメイヨシノが1.4キロ
わたって植えられました。

 後ろの山は羽柴(豊臣)秀吉と明智光秀の戦いで有名な『天下分け目の天王山(標高270m)』です。

(2枚のアニメになってますよ)
背割れ桜

 1975年ころまでは松並木だったそうですが虫害のため松は枯れ、
ソメイヨシノに植え替えられたということです。
50年近い年月を経て、見事に成長したソメイヨシノの幹の立派さに魅了されてしまいます。


(3枚のアニメになってますよ)

古木

まだ五分咲き程度、少し早目のお花見を楽しむ人々。


(5枚のアニメになってますよ)

楽しむ人

堤防の下からから眺める桜並木も圧巻です~~。
(4まいのアニメになってますよ)
並木

 2017年3月、地上約25mの『さくらであい館展望塔』がオープンしました。
訪れた26日は桜がまだ満開でないことから展望塔へ上るのは無料(大人300円)
でした。
背割堤桜だけではなく360度の景観をも楽しむことができましたよ。


(3枚のアニメになってますよ)
展望塔より



 淀川河川公園背割堤地区の西端に大きな木が植えられていました。
樹齢100年以上のクスノキは20年前に『ふるさとの木』に指定されていたそうです。
堤防強化工事のため伐採されることになったのを周辺住民の要望でここ背割堤に
移植されたそうです。
 古木の移植は難しいと聞いてます。
何とか根付いて青々と茂ってくれるといいですね。

クスノキ

 東京はこの日満開になったそうですが背割堤の桜は五分咲き程度でした。
満開の時期は人・人・人で写真も思うように撮れませんがほんの少し早かったため、
今年は美しい樹形を充分に楽しむことが出来ました。



  1. 2018/03/26(月) 21:31:41|
  2. おでかけ
  3. | コメント:10

フォト俳句で遊ぶ

 3月21日(水)春分の日 我がベランダの気温AM9時 7℃ 
朝から雨、昨日も雨だった、シトシト春の長雨、菜種梅雨ですね。



(つくし摘み卵とじして夕餉かな)
俳句ガラス枠 

 2015年春ブロ友さんが毎月発行される歌集『あすなろの歌』に厚かましくも
仲間入りをさせていただきました。
俳句の「は」の字も知らない私が、フォト俳句の存在を知り『あれ、面白いな』と興味を
持ったのが始まりです。
 70歳を過ぎてのスロースタート、歳時記や俳句の入門書などを頼りの句づくりです。
季語のもつ意味、力とは、「てにをは」の助詞の持つ効果とは、切れとは・・難しいなぁ~。
それでも何とかなるかも、楽しみながら続けてみよう、頭の体操にはなりそう。
105歳で他界された日野原重明さんは90歳から俳句を始められたそうだから・・・
そんな思いで詠んできたよちよち歩きのフォト俳句を載せてみました。


2018年3月
◎ こつんこと(おつむ)にひとつ落ち椿
◎ 啓蟄やチャンス逃さぬ鳥のをり
◎ 春の空SL号の汽笛鳴り

(3枚のアニメになってますよ)
俳句3月


2018年2月
◎ 水しぶき戯れる子らに春立ちぬ
◎ 立ち雛や迎賓館のおもてなし
   (京都迎賓館に飾られていた奈良一刀彫の人形です)

(2枚のアニメになってますよ)
2月俳句

2018年1月
◎ 独楽まわし小さき手より大き手へ
   (孫と独楽回しをして遊びました)
◎ 女正月三人寄りてかしかまし
   (月に一度友人たちと昼食しながらおしゃべりを楽しんでいます)
(2枚のアニメになってますよ)
俳句1月

2017年12月
◎ 年の瀬や天日乾しする鳥のをり
◎ 花柊慎ましやかに匂わせり
(2枚のアニメになってますよ)
2017,12俳句

2017年11月
◎ 雑炊や二人ならびてはふはふと
    (体の不自由な夫に温かな雑炊をつくりました)
◎ 水浴びる鳥にも冬の日ざしかな
◎ 公家跡のうぶ屋の銀杏色づきぬ
    (京都御苑に残された明治天皇の誕生された御屋敷です)
(3枚のアニメになってますよ)
2017,11俳句

2017年10月
◎ 葭原の燕帰りて音もなし
    (宇治川の広大な葭原、軒下を巣立ったつばめはここで体力をつけ秋になると
   順次旅立ちます。その数は3万羽とも言われています)

◎ ヨイヨイよ町家の路地の秋祭り
     (京都・伏見の秋祭りです)
◎ 初紅葉観光バスの出番かな 
    (京都の秋の観光シーズンのはじまり、駐車場は大型バスで常時いっぱいです)
(2枚のアニメになってますよ)
2017、10俳句



  1. 2018/03/21(水) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:10
次のページ

プロフィール

magamik

Author:magamik
京都市在住 主婦
身近な京都を散策し、
UPしてみたいと思います

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

伏見の街 (76)
未分類 (51)
高槻の街 (26)
水彩画・色鉛筆画 (15)
花 (44)
読書 (5)
おでかけ (127)
歴史 (15)
生き物 (19)

最新記事

クロネコ時計

KireiDa

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のお天気は?


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR